マーク・ミッチェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Pix.gif マーク・ミッチェル
Mark Mitchell
Figure skating pictogram.svg
基本情報
代表国: アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日: (1968-05-02) 1968年5月2日(48歳)
元コーチ: カルロ・ファッシ
Christa Fassi
Peter Burrows
Ronna Gladstone
元振付師: Sandra Bezic
Slavka Kohout
Jamie Isley
所属クラブ: SC of Hartford
引退: 1994年

マーク・ミッチェル(Mark Mitchell 1968年5月2日-)は、アメリカ合衆国の元フィギュアスケート選手で、現在はコーチ兼、コリオグラファー(振付師)。ボストンにてペーター・ヨハンソンと共に指導している。

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

ミッチェルは1986年の全米ジュニアチャンピオンである。また1990年に全米選手権で3位になったが、世界選手権に派遣されなかった。ミッチェルの代わりに派遣されたのは、背中の痛みで負傷していた、クリストファー・ボウマンが不戦勝の形で派遣された。翌年91年は全米選手権4位で、これも世界選手権に派遣されなかった。

1992年にも全米選手権で3位になるが、1992年アルベールビルオリンピックに派遣されなかった。トッド・エルドリッジが不戦勝の形でオリンピックに派遣された。しかし1992年世界選手権に派遣されて5位となり、エルドリッジより上の成績だった。

1993年全米選手権2位で、世界選手権に派遣されてショートプログラムで満点の6.0をもらう。ショートプログラムはカート・ブラウニングに次いで2位だったが、フリーで逆転され最終的に4位に終わる。そのため、1994年リレハンメルオリンピックのアメリカ男子枠は2となる。これは当時のルールで、オリンピック前年の世界選手権で3位以内に入らないと3枠は取れないルールによる。現在はこのルールは解消されている。
1993年以降は、ミッチェルはイタリアに渡り、カルロ・ファッシの指導をうける。その後、プロ化宣言をしたが、1994年全米選手権で5位となりリレハンメルオリンピックには派遣されなかった。1994年以降はプロになり、チャンピンズオンアイスでツアーを回っている。

指導歴[編集]

彼は現在ボストンのスケートクラブで、前スウェーデンナショナルチャンピオンのペーター・ヨハンソンともにコーチをしている。教え子には2007年世界ジュニア優勝者のスティーブン・キャリエール、2008年東部セクション優勝者のカトリーナ・ハッカー、2007年全米ジュニア4位のカレン・オイ、2007年東部セクション優勝のKylie Gleason、二度のジュニアグランプリ優勝のJuliana Cannarozzo,2008年全米ジュニア3位のBrittney Rizo,2007年カナダジュニア優勝者のDana Zhalko-Tytarenko、2009年全米ジュニア優勝者のロス・マイナー
以前コーチしたのは2003年全米4位のスコット・スミス、2007年全米2位のエミリー・ヒューズ、2004年全米ジュニア2位のJason Wong,2003年全米ノービス3位のJessica Houston,2003年全米ジュニア優勝のErica Archambault.がいる
ミッチェルとヨハンソンは2003 、2006、2007年のUSFSA/PSA 優秀コーチに、2006年USOC 最優秀コーチに選ばれている。

戦歴[編集]

Event 82-83 83-84 84-85 85-86 86-87 87-88 88-89 89-90 90-91 91-92 92-93 93-94
世界選手権 5 4
全米選手権 3 N 1 J 8 3 4 3 2 5
スケートアメリカ 4 3
スケートカナダ 3 2
エリック・ボンパール杯 1
ボフロスト杯 1
ノヴァラート杯 3 1
  • J - ジュニアクラス

参考文献[編集]