ロス・マイナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロス・マイナー
Ross MINER
Figure skating pictogram.svg
Lake Placid 2009 Ross MINER P.jpg
2009年 JGP レークプラシッドにて
基本情報
代表国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1991-01-24) 1991年1月24日(28歳)
出生地 バーモント州バーリントン[1]
身長 175 cm
選手情報
コーチ ペーター・ヨハンソン
マーク・ミッチェル
元コーチ エドモンド・ネスティ
振付師 ジェイミー・アイズレー
元振付師 ローリー・ニコル
マーク・ミッチェル
カタリナ・リンデン
トム・ディクソン
所属クラブ ボストン SC
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア 248.92 2015 GPロステレコム杯
ショート 85.36 2015 GPロステレコム杯
フリー 163.56 2015 GPロステレコム杯
 
獲得メダル
フィギュアスケート
四大陸選手権
2012 コロラドスプリングス 男子シングル
ジュニアグランプリファイナル
2009 東京 男子シングル
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

ロス・マイナー(英語: Ross Miner, 1991年1月24日 - )は、アメリカ合衆国出身の男性フィギュアスケート選手(男子シングル)。

2012年四大陸選手権3位、2013年、2018年全米選手権2位、2009年JGPファイナル3位。

経歴[編集]

3歳でスケートを始め、9歳から地区競技会に参加している。

国内では各クラスでトップクラスの成績を残したが、国際大会デビューは17歳の2008年ガルデナスプリング杯と早くはない。

翌2009年には世界ジュニア選手権に出場。2009年JGPレークプラシッドISUジュニアグランプリ初出場初優勝を飾った。2戦目のクロアチア杯で2位となり、JGPファイナルへの進出を決め、3位となった。

2010-2011シーズンからシニアに移行、初参戦のグランプリシリーズでは、NHK杯9位、中国杯7位であったが、全米選手権で3位となり、初参戦となった世界選手権では、パーソナルベストを20点余り更新し、11位と健闘した。

2011-2012シーズン、NHK杯では3位。グランプリシリーズでの初めてのメダルを獲得した。エキシビションに出られると思っていなかったために、開催地の北海道で購入したTシャツを着て登場し、観客を大いに沸かせた。全米選手権では2年連続の3位、四大陸選手権は初出場で3位に入った。

2012-2013シーズン、USインターナショナルクラシックで3位。NHK杯ではFSで初めて4回転サルコウを成功させパーソナルベストを更新し、2年連続で3位。全米選手権では2位に入り、2年ぶりに世界選手権に出場した。

2013-2014シーズン、ボストンマラソン爆弾テロ事件を受け、自らも居住しているボストンに捧げるFSのプログラムを作った[2]スケートカナダでは9位。エリック・ボンパール杯は右足首の捻挫により欠場[3]。全米選手権は初めて表彰台を逃し7位に終わった。

2017-2018シーズン、平昌オリンピック出場をかけた全米選手権ではFSで4回転サルコワが成功し結果2位となるも、平昌オリンピックは落選。四大陸世界選手権[4]共に辞退。

主な戦績[編集]

大会/年 2007-08 2008-09 2009-10 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14 2014-15 2015-16 2016-17 2017-18
世界選手権 11 14
四大陸選手権 3 9 14
全米選手権 2 N 1 J 3 3 2 7 6 5 5 2
GP中国杯 7 9
GPスケートカナダ  6 5 9 12
GPロステレコム杯 3
GPスケートアメリカ 7 6
GP NHK杯 9 3 3 7
CSフィンランディア杯 5
CS USクラシック 3 2 3 6
CSオータムクラシック 1 6
ガルデナスプリング杯 2
ネペラ杯 4
世界Jr.選手権 10
JGPファイナル 3
JGPクロアチア杯 2
JGPレークプラシッド 1
ガルデナスプリング杯 2 N
  • N ノービスクラス
  • J ジュニアクラス

詳細[編集]

2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年12月28日-2018年1月7日 全米フィギュアスケート選手権サンノゼ 6
88.91
2
185.60
2
274.51
2017年11月24日-26日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカレークプラシッド 8
71.59
5
148.03
6
219.62
2017年10月6日-8日 ISUチャレンジャーシリーズフィンランディア杯エスポー 7
71.64
4
162.08
5
233.72
2017年9月20日-23日 ISUチャレンジャーシリーズオータムクラシックピエールフォン 8
69.84
6
150.12
6
219.96
2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年1月14日-22日 全米フィギュアスケート選手権カンザスシティ 2
88.67
8
151.67
5
240.34
2016年11月18日-20日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 6
76.73
8
136.61
9
213.34
2016年10月27日-30日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダミシサガ 11
63.92
12
132.61
12
196.53
2016年9月14日-17日 ISUチャレンジャーシリーズ USインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 8
71.37
6
143.11
6
214.48
2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年2月16日-21日 2016年四大陸フィギュアスケート選手権台北 17
58.27
12
132.85
14
191.12
2016年1月15日-24日 全米フィギュアスケート選手権セントポール 2
90.90
6
157.11
5
248.01
2015年11月20日-22日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 3
85.36
4
163.56
3
248.92
2015年10月23日-25日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカミルウォーキー 7
78.96
8
136.15
7
215.11
2015年9月16日-20日 ISUチャレンジャーシリーズ USインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 1
74.66
5
135.27
3
209.93
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年1月17日-25日 全米フィギュアスケート選手権グリーンズボロ 6
82.25
6
167.03
6
249.28
2014年11月28日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯門真 8
65.81
8
137.46
8
203.27
2014年10月14日-17日 ISUチャレンジャーシリーズ スケートカナダオータムクラシックバリー 1
80.24
2
147.02
1
227.26
2014年9月10日-14日 ISUチャレンジャーシリーズ USインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 3
67.06
2
142.72
2
209.78
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年3月28日-30日 2014年ガルデナスプリング杯ガルデナ 2
71.14
2
138.94
2
210.08
2014年1月5日-12日 全米フィギュアスケート選手権ボストン 8
71.94
6
152.87
7
224.81
2013年10月25日-27日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダセントジョン 10
66.71
8
130.18
9
196.89
2013年10月3日-5日 2013年オンドレイネペラトロフィーブラチスラヴァ 3
74.28
4
136.59
4
210.87
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年3月10日-17日 2013年世界フィギュアスケート選手権ロンドン 14
70.24
13
141.66
14
211.90
2013年2月6日-11日 2013年四大陸フィギュアスケート選手権大阪 9
74.01
7
140.35
9
214.36
2013年1月20日-27日 全米フィギュアスケート選手権オマハ 2
80.99
2
170.30
2
251.29
2012年11月23日-25日 ISUグランプリシリーズ NHK杯利府 4
73.41
3
161.96
3
235.37
2012年10月26日-28日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダウィンザー 8
69.41
4
144.19
5
213.60
2012年9月12日-16日 2012年USインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 2
69.09
3
144.35
3
213.44
2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年2月7日-12日 2012年四大陸フィギュアスケート選手権コロラドスプリングス 6
76.89
4
146.34
3
223.23
2012年1月22日-29日 全米フィギュアスケート選手権サンノゼ 4
78.90
3
151.42
3
230.32
2011年11月11日-13日 ISUグランプリシリーズ NHK杯札幌 6
71.12
4
141.24
3
212.36
2011年10月27日-30日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダミシサガ 9
60.83
5
147.53
6
202.36
2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年4月24日-5月1日 2011年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 13
70.40
11
147.53
11
217.93
2011年1月23日-30日 全米フィギュアスケート選手権グリーンズボロ 6
67.99
2
156.36
3
224.35
2010年11月5日-7日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 6
67.10
8
130.03
7
197.13
2010年10月22日-24日 ISUグランプリシリーズ NHK杯名古屋 7
64.85
10
121.77
9
186.62
2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年12月3日-4日 2009/2010 ISUジュニアグランプリファイナル東京 2
70.85
4
125.24
3
196.09
2009年10月8日-9日 ISUジュニアグランプリ クロアチア杯ザグレブ 2
66.86
2
129.22
2
196.08
2009年9月3日-4日 ISUジュニアグランプリ レークプラシッドレークプラシッド 1
63.82
1
116.13
1
179.95
2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年2月25日-26日 2009年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 9
59.15
9
105.65
10
164.80
2009年1月18日-25日 全米フィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(クリーブランド 1
66.62
2
117.18
1
183.80
2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年3月29日-30日 2008年ガルデナスプリング杯 ジュニアクラス(セルヴァ・ガルデーナ 2
50.6
3
92.57
2
143.17
2008年1月20日-27日 全米フィギュアスケート選手権 ノービスクラス(セントポール 4
44.85
3
90.96
1
135.81

プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FP EX
2016-2017 New York State of Mind
曲:ビリー・ジョエル
振付:ジェイミー・アイズレー
愛にすべてを
ラヴ・オブ・マイ・ライフ
愛という名の欲望
曲:クイーン
振付:ジェイミー・アイズレー
2015-2016[5] リヴ・フォーエヴァー
トゥー・マッチ・ラヴ・ウィル・キル・ユー
曲:クイーン
振付:ローリー・ニコル
(Another Song) All Over Again
曲:ジャスティン・ティンバーレイク
振付:マッシモ・スカリ
2014-2015[6][7] 追憶
作曲:マーヴィン・ハムリッシュ
振付:ジェイミー・アイズレー
Romanza
ボーカル:アンドレア・ボチェッリ
振付:ローリー・ニコル
2013-2014[2] テーマ:ボストン・ストロング
アルバム『Glory』より
作曲:マイケル・W・スミス
振付:マーク・ミッチェル
2012-2013[8] パガニーニの主題による狂詩曲
作曲:セルゲイ・ラフマニノフ
振付:カタリナ・リンデン
映画『海賊ブラッド』より
作曲:エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト
振付:トム・ディクソン
Luck be a Lady
ボーカル:フランク・シナトラ
2011-2012 Para Ti
曲:ジョージ・サンチェス
映画『アンタッチャブル』より
作曲:エンニオ・モリコーネ
Born to Run
ボーカル:ブルース・スプリングスティーン
僕の歌は君の歌
作曲:エルトン・ジョン
2010-2011 Salsa Mix (Para Ti)
曲:ジョージ・ゴメス
アズ・タイム・ゴーズ・バイ
作曲:マックス・スタイナー
振付:ジェイミー・アイズレー
Born to Run
ボーカル:ブルース・スプリングスティーン
2009-2010 トランペットと管弦楽のためのカルメン幻想曲
作曲:ジョルジュ・ビゼー
編曲:フランク・プロート

カルメン
作曲:ジョルジュ・ビゼー
アディオス・ノニーノ
リベルタンゴ
作曲:アストル・ピアソラ
-
2008-2009 ボナンザ
作曲:デヴィッド・ローズ
コットンアイジョー
演奏:レッドネックス
アイ・ガット・リズム
サムワン・トゥ・ウォッチ・オーバー・ミー
ナイス・ワーク・イフ・ユー・キャン・ゲット・イット
作曲:ジョージ・ガーシュウィン
-
2007-2008 ハワイ5-0
作曲:ザ・ベンチャーズ
ワイプ・アウト
作曲:ザ・サファリズ
-

脚注[編集]

  1. ^ 国際スケート連盟でのバイオグラフィーによる。全米スケート協会によるバイオグラフィーではウィリストンとなっている。バーリントンとウィリストンは15kmほど離れている。
  2. ^ a b Miner pays tribute to Boston with 'Glory'-ous free
  3. ^ U.S. skater Ross Miner to miss Trophee Bompard
  4. ^ アダム・リッポンの棄権を受けて、第一リザーブのジェイソン・ブラウンが辞退、第二リザーブのマイナーも辞退。第三リザーブのマックス・アーロンが出場した。
  5. ^ The Inside Edge: Gao chooses books over blades
  6. ^ The Inside Edge: Programs with vocals on the way
  7. ^ The Inside Edge: Gold sasses it up at 'Ice Chips'
  8. ^ New program to star Ross Miner as Errol Flynn

参考文献[編集]