コンテンツにスキップ

友野一希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
友野 一希
Kazuki TOMONO
フィギュアスケート選手
2018年世界選手権での友野一希
生誕 (1998-05-15) 1998年5月15日(26歳)
日本大阪府堺市
身長 160センチメートル
出身校 同志社大学
選手情報
代表国 日本の旗 日本
カテゴリー 男子シングル
コーチ
所属クラブ 上野芝スケートクラブ[1][2]
練習拠点 浪速スポーツセンター
開始 2006年
最高ランク 7位(2022–23シーズン)
ISUサイト バイオグラフィ
ISUパーソナルベストスコア
+5/-5 GOEシステム
総合273.412023年世界選手権
SP101.122023年世界選手権
FS180.732023年世界選手権
+3/-3 GOEシステム
総合256.112018年世界選手権
SP82.612018年世界選手権
FS173.502018年世界選手権
大会成績
主要国際大会 1 2 3
四大陸選手権 0 1 0
合計数 0 1 0
国内大会 1 2 3
全日本選手権 0 0 1
全日本ジュニア選手権 1 1 0
獲得メダル
四大陸選手権
2022 タリン 男子シングル

友野 一希(ともの かずき、英語: Kazuki Tomono1998年5月15日 - )は、日本フィギュアスケート選手(男子シングル)。大阪府堺市出身。同志社大学スポーツ健康科学部卒業。上野芝スケートクラブ所属[1]

主な競技成績は、2023年世界選手権6位、2022年世界選手権6位、2018年世界選手権5位、2022年四大陸選手権2位、2022年フランスグランプリ3位、2021年ロステレコム杯3位、2018年ロステレコム杯3位、2022年全日本選手権3位、2016年全日本ジュニア選手権優勝、2016年ジュニアグランプリシリーズリュブリャナ杯3位など。

人物

[編集]

堺市立陵南中学校浪速高等学校卒業。2017年4月同志社大学スポーツ健康科学部に入学。2021年3月、同大学を卒業。大学卒業に伴い、アスリートサポート契約を締結していたセントラルスポーツ所属となったが[3][4]、2022年7月、セントラルスポーツとの所属契約を期間満了で終了すると発表した[5][6]。現在は、新たな所属先を探しつつ、地元・堺市に拠点を置く泉州工機株式会社のサポートを受けている[7]。また、2023年3月には、大阪府堺市に拠点を置く株式会社HDフラワーホールディングスとスポンサー契約を締結したことを発表[8]。2023年10月には、大阪府大阪市に拠点を置く第一住建グループとパートナー契約を締結したことを発表した[9][10]

目標としている選手は、トリノバンクーバーソチと三大会連続オリンピック出場で、バンクーバーオリンピック銅メダル2010年世界選手権金メダル髙橋大輔と、ソチオリンピック代表で2014年世界選手権銀メダル町田樹。特に髙橋を憧れの選手として挙げている[11]。また、一度会ってみたい憧れの選手として、4回の世界王者に輝いたカナダカート・ブラウニングを挙げいる[12]

4歳の時、フィギュアスケートをしていた母の影響もあり、近所にあった上野芝スケートリンクにてスケートを始める。ジュニア時代を、町田樹らとともに大阪府立臨海スポーツセンターで過ごし、厳しい指導で知られる平池大人コーチのもとで練習を積む。 臨海スポーツセンター時代のリンクメイトには、現在女優として活躍している小芝風花がおり、小芝も友野と同じ平池大人コーチに師事していた[13]。小芝が世界国別対抗戦のテレビ放送にゲスト出演した際、10年以上振りの再会となった[14]。現在は、浪速スポーツセンターを拠点として練習をしている[15]

同志社大学在学中は、スポーツに関するトレーニング方法や、心理学栄養学を学んでいた。大阪市内スケートリンクで朝7時半から9時15分まで練習を行った後、電車で1時間半をかけて京都にある大学通学しており、夜は練習場まで再び移動してから、2時間に及ぶ練習を行っていた[16]

2018年12月、浪速スポーツセンターの運営を受託しているセントラルスポーツと、アスリートサポート契約を締結したことを発表した[17][18][19]。その後、大学卒業に伴いセントラルスポーツ所属となったが、現在はフィジカルトレーニング施設提供等のサポートを受けている[5][6]。その後の所属先が決定するまでの期間は、高校入学まで所属していた上野芝スケートクラブを所属とすることを発表。すでにスケートリンクは閉鎖されているが、友野が現役でいる間はクラブを継続することになっており、友野自身も恩返しをしたいと語っている[20]

ジュニア時代はジャンプが苦手であり、3回転-3回転のコンビネーションジャンプや、3回転アクセルを習得するまでに時間を要した。ジュニアグランプリシリーズの選考会でも三回落選をしており、結果が出るまでは苦労をしている[21]

世界を意識するきっかけとなった試合として、ライバルかつ親友である山本草太の故障欠場により、急遽出場となった2016年世界ジュニア選手権を挙げている。世界レベルの選手を目の当たりにしたことで、世界に通用する選手とは何かを理解し、練習に対する意識が変わったと語っている[22]

5位入賞と躍進のきっかけとなった世界選手権後、日本代表のプレッシャーによりマイナスな発言が多かったが、世界選手権5位の成績に見合った演技を自らに課してしまい、本来の演技が出来なかったと語っている。友野を指導する平池大人コーチは、ジュニア時代にもジャンプの習得に時間を要したように「彼はいきなりは変わらない、一歩一歩の子」と評している[23]

世界ジュニア選手権や、グランプリシリーズ初出場となったグランプリシリーズNHK杯世界選手権等、急遽補欠からの繰り上げ出場が多く、本人も「補欠から、突然出場するのは慣れている」とも語っている[24]宇野昌磨の出場辞退でチャンスを得た四大陸選手権についても、「補欠の一番手に選ばれた時点で、出場するつもりでいた」と語っている[25]2022年世界選手権も2018年世界選手権同様に補欠二番手からの繰り上げ出場であり、補欠からの代替出場でも好成績を残し続けることから、SNS上ではファンから”代打の神様”とも呼ばれている[26]。これに対して友野は「最高の褒め言葉ですよ。阪神ファンなので」と答え、かつて”代打の神様”と呼ばれていた阪神タイガース桧山進次郎を連想させるこの愛称を好印象だと明かしている[27]

ラーメン好きを公言しており、自身のインスタグラムでも多数のラーメンを投稿している[28]。5位入賞した2018年世界選手権の帰国の際にも、恋しい日本食としてラーメンを挙げている[29]2023年世界選手権の試合後は反省会と称して、臨海スポーツセンターのリンクメイト時代からの付き合いである山本草太とラーメン二郎に出向いおり、『疲れた体に脂を注入』と語っていた友野に対し、初めてのラーメン二郎であった山本は、『胃もたれでした』と感想を述べている[30][31]

ABCテレビ朝の情報番組おはようコールABC[注 1]にて度々取り上げられており、フィギュアスケート以外でも、友野と同様にラーメン好きなMC横山太一がラーメンを紹介するコーナー『横山太一の麺馬鹿』にもゲスト出演することがあった[34]。番組と横山太一アナウンサーから「おはようコールファミリー」と紹介されていた[35][36]

SNS上でファンからカワウソに似ていると言われており、ファンからプレゼントされたカワウソのぬいぐるみを自身のSNSに投稿するなど、友野本人もカワウソに似ていることを自認している[37]。2022年世界選手権の大会マスコットがカワウソをモチーフとしており、代替出場が決定する前にはカワウソが大会マスコットであることを知ると「もったいない、世界選手権に出たかった」と思っていたことを明かしている[38]

フィギュアスケート界きってのサウナ好きとして知られており、週2回〜3回は通っているという。同じくサウナ仲間の山本草太を筆頭に、ほか後輩の山隈太一朗[39]島田高志郎らと一緒に行くことがある[40]。友野本人のサウナの流儀としては、『いかに水風呂に気持ち良く入るか』であると語っている[41]。 サウナ雑誌のWEB版である「SAUNA BROS.WEB」に「スケートときどきサウナ」というタイトルで連載を持っている[42]

趣味に古着屋巡りや靴磨きを挙げるなど、ファッショニスタでもある。もっぱらSNSより情報収集をしており、ブランドショップアカウントをチェックしていると語っている[43]。ファッション誌での連載も持っており、複数のファッション誌にてインタビューにも応じている[44][45][46]

経歴

[編集]

ノービス時代

[編集]

2008-09シーズン

[編集]

近畿選手権ノービスBクラスで2位になり、第12回全日本フィギュアスケートノービス選手権に出場。全日本フィギュアスケートノービス選手権ではBクラスで6位に入る。

2009-10シーズン

[編集]

近畿選手権ノービスAクラスで3位となり、第13回全日本フィギュアスケートノービス選手権Aクラスで13位。

2010-11シーズン

[編集]

近畿選手権ノービスAクラスで3位、全日本フィギュアスケートノービス選手権Aクラスで3位入賞となり、全日本ジュニア選手権出場を決める。初出場となった全日本ジュニア選手権では15位となる。

ジュニア時代

[編集]

2011-12シーズン

[編集]

2011年アジアフィギュア杯のジュニアクラスで7位となる。

近畿選手権ジュニアクラスで2位に入り、西日本ジュニア選手権大会に進出、7位に入り全日本ジュニア選手権出場を決めた。 全日本ジュニア選手権では9位となる。

2012-13シーズン

[編集]

近畿選手権ジュニアクラスでは、昨年に続き2位。西日本ジュニア選手権では4位に入り、全日本ジュニア選手権で10位となる。

2013-14シーズン

[編集]

近畿選手権ジュニアクラスで初優勝を飾り、西日本ジュニア選手権では5位に入る。 全日本ジュニア選手権で6位に入り、全日本フィギュアスケート選手権の出場を決めた。

初出場となった全日本選手権では、ショートプログラム20位でフリースケーティングに進出、フリースケーティングで17位となり、総合で20位となった。

2014年チャレンジカップのジュニアクラスで2位入賞する。

2014-15シーズン

[編集]

近畿選手権大会ジュニアクラスでは4位、西日本ジュニア選手権では3位となる。 全日本ジュニア選手権で4位。 全日本選手権では、ショートプログラムで20位、フリースケーティングで18位、トータルでも18位に終わる。

2015年プランタン杯のジュニアクラスで2位入賞。

2015-16シーズン

[編集]

ISUジュニアグランプリシリーズの選考会を通過し、日本スケート連盟の強化指定選手に選ばれる。 初参戦となったジュニアグランプリシリーズリガ杯では、ショートプログラムにて3回転アクセルを着氷するものの、コンビネーションジャンプのセカンドジャンプが回転不足となり転倒、3回転フリップが1回転となるなどミスが重なり11位スタートとなる。フリースケーティングでは、演技冒頭で4回転サルコウに挑戦するも、回転不足となり転倒、続く3回転アクセルも両足着氷となるなどジャンプでのミスが目立ち13位、トータルでも13位とほろ苦いジュニアグランプリシリーズデビューとなった。

全日本ジュニア選手権では、ショートプログラムにてコンビネーションジャンプにミスが出るものの3位スタート、フリースケーティングでは4回転サルコウを着氷させるなど3位となり、トータルでは山本草太に次いで2位に入賞する。

全日本選手権では、ショートプログラムで全てのジャンプを着氷させ12位、フリースケーティングではジャンプにミスが重なりスピンでバランスを崩すなど演技をまとめきれず17位、トータル16位となる。

2016年世界ジュニア選手権

世界ジュニア選手権で日本男子シングルは3つの出場枠があったが、エントリーしていた山本草太が出発直前の練習で右足首の骨折により辞退したため、急遽出場することになった。 代役として出場した世界ジュニア選手権では、ショートプログラムにて、冒頭の3回転アクセルを成功。コンビネーションジャンプの3回転ルッツでエッジエラーを取られたものの、その後の3回転フリップを成功[47]。自己ベストを更新して20位でフリースケーティングへ進出。 フリースケーティングでは、冒頭の4回転サルコウが2回転となり、続く3回転アクセルの着氷が乱れるが、3回転アクセル-3回転トウループのコンビネーションジャンプを決めるなど演技をまとめて、フリースケーティングでも自己ベストを更新し12位[48]。トータルでも自己ベストを更新し15位となる[49]

2016年世界ジュニア選手権

2016-17シーズン

[編集]

ジュニアグランプリシリーズ参戦二年目のジュニアグランプリシリーズ横浜では、ショートプログラムでジャンプの着氷が乱れるなど細かいミスはあったものの、自己ベストを更新して6位[50]。フリースケーティングでは、4回転サルコウや3回転アクセルを着氷させる[51]など自己ベストを大きく更新し3位に入り、自身初の200点越えを記録してトータル4位となる[52]。 続くジュニアグランプリシリーズリュブリャナ杯では、ショートプログラムで3回転アクセルを成功させるなど全てのジャンプを着氷、自己ベストを更新して5位スタート。フリースケーティングでは、ジャンプの着氷が乱れるなど細かなミスはあったものの演技をまとめて3位となり、トータルでも3位と国際スケート連盟(ISU)主催の公式大会で初の表彰台に立った。

全日本ジュニア選手権では、ショートプログラムで全てのジャンプを成功させて首位スタート、フリースケーティングでは4回転サルコウの着氷が乱れたものの、その後のジャンプを着氷させて1位。全日本ジュニア選手権初優勝を果たし、二季連続の世界ジュニア選手権への出場を決めた。

全日本選手権では、ショートプログラムで演技後半の3回転アクセルを加点付きで成功させて、6位スタート。最終グループでの演技となったフリースケーティングで4回転サルコウを加点付きで決める[53][54]などし、出場したジュニア選手では最高の5位となった。

ながの銀嶺国体フィギュア少年男子およびインターハイでは優勝を果たす。

世界ジュニア選手権では、ショートプログラムにて3回転フリップ-3回転トウループのコンビネーションジャンプと単独の3回転ループを成功するも、演技後半の3回転アクセルで転倒するなどして14位と出遅れる[55]。 フリースケーティングでは、冒頭の4回転サルコウで手をついてしまい回転不足となり、続く3回転アクセル-3回転トウループのコンビネーションジャンプのセカンドジャンプで着氷が乱れる。その後は、三連続のコンビネーションジャンプを成功させるなどまとめた演技を見せて7位となり[56]、総合では9位となった[57]

シニア移行後

[編集]

2017-18シーズン

[編集]

シニア初戦となるチャレンジャーシリーズUSインターナショナルクラシックでは、フリースケーティング冒頭の4回転サルコウで転倒するも、その後の3回転アクセルなどジャンプをまとめ躍動感のある動きで会場を沸かし、ショートプログラム・フリースケーティングともに自己ベストを更新し総合5位となった[58]

グランプリシリーズ初戦にあたるNHK杯には、出場予定だった村上大介が病気で欠場となり友野が代打出場[59]、ショートプログラムで3回転アクセルを決めるなど自己ベストを更新し6位発進となる[60]。フリースケーティングでは二本目の4回転サルコウで転倒するものの、最後まで集中を切らすことなく演技をまとめた[61]。フリースケーティングでの自己ベスト更新とはならず順位を落としたものの、合計ポイントで自己ベストを更新し7位となった[62]

全日本選手権では、ショートプログラムにて冒頭の4回転サルコウの着氷が乱れ、5位スタートとなる[63]。フリースケーティングでは4回転サルコウ-2回転トウループのコンビネーションジャンプを成功させるも、二本目の4回転サルコウが2回転になる失敗、その後のジャンプを着氷させるも、フリースケーティングでの得点は153.05点に留まり、合計231.21点の4位[64]。自己最高位となるも平昌オリンピックへの出場は叶わなかった。

2018年世界選手権5位

世界選手権は補欠二番手だったが、代表に選出されていた羽生結弦が右足首の怪我のため欠場、補欠一番手の無良崇人も出場辞退(のち引退)を発表し、繰り上げで初の世界選手権出場が決まった[65]。 世界選手権では、ショートプログラムで全てのジャンプを成功させ[66]スピン全てでレベル4を獲得[67]、自己ベストを更新し11位につける [68]。フリースケーティングでは冒頭の4回転サルコウ-2回転トウループで着氷が乱れたものの、続く4回転サルコウと3回転アクセル-3回転トウループをGOE1点以上の加点付きで成功[69]、演技後半の3回転アクセルからの三連続のコンビネーションジャンプを決めるなど演技をまとめ、自己ベストを大きく更新[70]。トータル256.11点獲得で5位入賞と大健闘し、翌年の世界選手権の出場枠「3」獲得に大きく貢献した[65]。また、世界選手権の成績により、グランプリシリーズ二大会の出場資格を獲得したため、特別強化選手に指定された[71][72][73]

2018年世界選手権5位

2018-19シーズン

[編集]

シーズン初戦は、チャレンジャーシリーズロンバルディア杯に出場。ショートプログラムでは、冒頭の4回転サルコウを着氷するも、3回転フリップで転倒。3回転アクセルはGOE2点以上の加点で成功し、スピンとステップでレベル4を揃えたものの、コンビネーションジャンプの失敗が響き、75.47点で5位スタートとなる。 フリースケーティングでは、冒頭の4回転サルコウは回転不足となり転倒、二回目の4回転サルコウも2回転となり、三連続のコンビネーションジャンプでも3回転サルコウが2回転となるなどジャンプでのミスが続き、演技後半のコンビネーションジャンプ二本を着氷させるも得点は伸ばせず141.27点で5位、トータル216.74点で5位となった。

2018年スケートカナダでの友野一希

グランプリシリーズ初戦は、第二戦のスケートカナダに出場。ショートプログラムでは、4回転サルコウを成功、続く3回転フリップ-3回転トウループの連続ジャンプも加点付きで成功させるも、演技後半の3回転アクセルの着氷で手をつくミスがあり、スピン・ステップでも精彩を欠き、81.63点で9位となる[74]。 フリースケーティングでは、4回転サルコウの着氷でバランスを崩し、続く4回転サルコウも回転不足で転倒。3回転アクセルからの三連続ジャンプは着氷するも、演技後半の3回転アクセルで着氷に失敗、3回転フリップに3回転トウループをつけてリカバリーをするも、冒頭2回の4回転ジャンプを決めることが出来ず、フリースケーティングでは139.20点に留まり10位、トータル9位となった[75]

2018年スケートカナダでの友野一希

グランプリシリーズ二戦目のロステレコム杯では、ショートプログラムにて冒頭の4回転サルコウは回転不足を取られるも着氷、続く3回転フリップ-3回転トウループのコンビネーションジャンプと、GOE2点以上の加点付きで3回転アクセルを成功させるなど、ルール改正後の自己ベストとなる82.26点を獲得して4位につける[76]。 フリースケーティングでは、4回転サルコウ-2回転トウループで着氷が乱れたが、続く単独の4回転サルコウを成功、3回転アクセルからの三連続ジャンプへと繋げた。ジャンプでの回転不足はあったものの、スピンは全てでレベル4を獲得、フリースケーティングでもルール改正後の自己ベストを更新して3位、トータルでも238.73点獲得と3位に入り、グランプリシリーズ初の表彰台となった[77][78]

世界選手権の出場を賭けた全日本選手権では、ショートプログラムで冒頭の4回転サルコウの軸が斜めに傾き回転不足となり転倒、3回転フリップ-3回転トウループのコンビネーションジャンプと3回転アクセルを着氷させるも、スピンでのレベルの取りこぼしもあり、73.93点で7位と出遅れる[79]。 巻き返しを期して臨んだフリースケーティングでは、冒頭の4回転サルコウ-2回転トウループをGOE2点以上の加点で成功させるも、続く単独の4回転サルコウが回転不足となり転倒、演技中盤のステップシークエンスで盛り上げるも、演技後半の3回転アクセルでステップアウト、3回転フリップからの連続ジャンプで着氷が詰まり、セカンドジャンプが回転不足になる等のミスが出る。得点は154.37点でフリースケーティング3位と追い上げたが、ショートプログラムの出遅れが響き、トータルスコア227.46点で4位と、二年連続で表彰台に届かなかった[80]

全日本選手権の成績により、四大陸選手権第29回ユニバーシアード冬季競技大会の代表に選出。

初出場となった四大陸選手権では、直前の公式練習で得点源となる4回転サルコウを含むジャンプ全てを着氷[81][82][83]。 自信をもって臨んだショートプログラムでは、冒頭の4回転サルコウは着氷させるも回転不足となり減点、3回転フリップで転倒しコンビネーションジャンプに繋げられず、ステップとスピンではレベル4を獲得するも得点を伸ばせず、 74.16点で12位と出遅れる[84]。 フリースケーティングでは、最初のジャンプである4回転サルコウで転倒、続く4回転サルコウが2回転となる。3回転アクセルからの三連続ジャンプは加点付きで成功させるも、演技後半の3回転アクセルが1回転となり、3回転フリップ-3回転トウループのコンビネーションジャンプのセカンドジャンプで両足着氷、3回転ルッツからのコンビネーションジャンプでもエッジエラーとなるなどジャンプ7本中4本でミスとなる。ステップシークエンスでは会場を盛り上げたが、得点は自己ベストを20点以上下回る132.25点で12位。トータル206.41点で12位と順位を伸ばせなかった[85][86][87]

ユニバーシアードでは、ショートプログラムにて4回転サルコウで着氷が乱れて手をつき、回転不足の判定を受ける。3回転フリップからのコンビネーションジャンプと3回転アクセルを成功させるも 81.16点の7位と出遅れた[88][89]。 フリースケーティングでは、冒頭の4回転サルコウから2回転トウループのコンビネーションに繋げたものの着氷が乱れ、単独の4回転サルコウでも着氷が乱れて手をついてしまう。3回転アクセルからの三連続のコンビネーションジャンプは着氷するが、演技後半の3回転アクセルが1回転となるなどジャンプにミスがあり得点を伸ばせず、151.75点で6位。トータルスコア232.91点獲得で6位となった[90][91][92][93]

2019-20シーズン

[編集]

シーズン初戦は、チャレンジャーシリーズロンバルディア杯に出場。ショートプログラムでは、今シーズンよりプログラムに導入した4回転トウループで転倒、続くコンビネーションジャンプでは4回転サルコウで着氷が乱れ、3回転アクセルでも転倒。スピンとステップではレベル4を揃えるも、ジャンプでの2度の転倒が響き、61.69点で11位となる[94]。 フリースケーティングでは、冒頭の4回転トウループでステップアウト、続く4回転サルコウ-2回転トウループを加点付きで成功させるも、3回転アクセルが1回転半となり、3回転ループの着氷が乱れるなど、前半のジャンプでミスが目立ち、後半の3回転アクセルからのコンビネーションジャンプや三連続のコンビネーションジャンプを着氷させるも、141.39点で6位。トータル203.08点で7位となった[95]

2019年スケートアメリカでの友野一希

グランプリシリーズ初戦は、開幕戦のスケートアメリカに出場。ショートプログラムでは、冒頭の4回転トウループの着氷の際に左足を着いてしまい、コンビネーションジャンプと認定されず減点[96]、続く4回転サルコウは堪えて着氷、3回転アクセルを成功させて、課題であったステップでレベル4を獲得するものの、コンビネーションジャンプの失敗が響き得点を伸ばせず、75.01点で8位スタートとなった[97]。 フリースケーティングでは、演技冒頭の4回転トウループ-3回転トウループの連続ジャンプを成功させるも、続く4回転サルコウで着氷が乱れ転倒、コンビネーションジャンプの予定であった3回転アクセルでも着氷が乱れる。演技後半の3回転アクセルに3回転トウループをつけてリカバリー、三連続ジャンプでは3回転サルコウが2回転になるなどの細かいミスはあったものの、ステップと全てのスピンでレベル4を獲得するなど演技をまとめ、得点はフリー4位の154.71点。トータル229.72点獲得で5位となる[98][99][100][101]。ショートプログラム上位選手の得点が伸びなかったこともあり順位を上げた。

2019年スケートアメリカでの友野一希

グランプリシリーズ二戦目は、ロステレコム杯に出場。ショートプログラムでは、冒頭の4回転トウループで転倒、続く4回転サルコウ-3回転トウループは着氷するも、セカンドジャンプが回転不足の判定を取られる。演技後半の3回転アクセルを加点2点以上で成功、ステップでレベル4を獲得し、今シーズン初めて80点超えの80.98点を獲得するも、7位スタートとなる[102][103]。 フリースケーティングでは、4回転トウループ-2回転トウループを成功させるも、続く4回転サルコウは回転が解けてしまい2回転となる。演技後半での三連続ジャンプで最後のジャンプが2回転となり、3回転フリップが2回転となるなどジャンプでのミスはあったものの、ステップではレベル4を獲得するなど演技をまとめて、156.56点獲得で自己ベストを更新して7位。トータル237.54点獲得で8位となった[104]

世界選手権の出場をかけた全日本選手権では、ショートプログラムにて冒頭の4回転トウループ-3回転トウループのコンビネーションジャンプのセカンドジャンプが両足着氷となり回転不足の判定を受ける。続く4回転サルコウは回転が抜けてしまい2回転となる。演技後半の3回転アクセルは着氷させるも、スピンでのレベルの取りこぼしもあり、73.06点獲得で11位と大きく出遅れる[105][106]。フリースケーティングでは、冒頭の4回転トウループ-3回転トウループのコンビネーションジャンプを成功、続く4回転サルコウも成功させると、3回転アクセル-3回転トウループのコンビネーションジャンプも成功させる。3回転ループと三連続ジャンプの3回転サルコウの2本で2回転となるミスはあったものの、国際スケート連盟非公認ながら自己ベストを上回る、フリー4位となる171.63点を獲得。トータルスコア244.69点獲得で6位と、ショートプログラムから順位を上げた[107]

四大陸選手権は補欠での選出であったが、代表に決まっていた宇野昌磨が海外拠点となったことを受けて出場を辞退したため、繰り上げで二年連続の四大陸選手権出場が決定した[108][109]。 二年連続での出場となった四大陸選手権では、ショートプログラムにて4回転トウループ-3回転トウループのコンビネーションジャンプを成功。続く4回転サルコウも加点付きで成功。後半の3回転アクセルの着氷で若干堪えはしたものの、大きなミスなくまとめ、88.22点を獲得。目標としていた90点台には届かなかったものの、自己ベストを更新して、7位スタートとなる[110]。フリースケーティングでは、冒頭の4回転トウループを成功させて、4回転サルコウ-2回転トウループのコンビネーションジャンプを高い加点付きで成功させる。演技後半の4回転サルコウが2回転になったものの、3回転アクセルからの三連続のコンビネーションジャンプを成功させて、フリー自己ベストとなる162.83点を獲得。トータルでも目標としていた250点を超える251.05点を獲得、自己ベストを更新して7位に入った[111]

シーズン最終戦となるプランタン杯に出場予定であったが、新型コロナウイルスの影響により派遣中止となった[112][113]

2020-21シーズン

[編集]

新型コロナウイルスの影響で、制限付きで開催されることとなったグランプリシリーズでは、第六戦に当たるNHK杯(非公認大会)[注 2]に出場[114]。ショートプログラムでは、冒頭の4回転トウループからのコンビネーションジャンプでは着氷が乱れたが、単独の4回転サルコウと演技後半の3回転アクセルを成功させて83.27点を獲得。鍵山優真に次いで2位につける[115]。フリースケーティングでは、コンビネーションジャンプの予定であった4回転トウループが単独の2回転となる。続く4回転サルコウに2回転トウループをつけてリカバリーをするも、2回目の4回転サルコウで着氷が乱れる。演技後半の三連続のコンビネーションジャンプの3回転アクセルが1回転となるなどジャンプにミスが続き、143.35点獲得と得点を伸ばせず、トータル226.62点にとどまり、2位となった[116][117]

全日本選手権では、ショートプログラムにて4回転トウループ-3回転トウループのコンビネーションジャンプを着氷させるも、4回転サルコウで転倒。演技後半の3回転アクセルをGOE2点以上の出来栄えで成功させるが、ジャンプでの転倒が響き81.72点で7位発進となる[118]。フリースケーティングでは、冒頭の4回転トウループの着氷が乱れ、続く4回転サルコウが2回転となる。4回転サルコウ-2回転トウループは詰まりながらも着氷させるが、演技後半の3回転アクセルで転倒。スピン・ステップでのレベルの取りこぼしもあり得点が伸びず、141.44点で8位。トータル223.16点で6位で終えた[119]

2021-22シーズン

[編集]

グランプリシリーズ初戦は、第三戦のイタリア杯に出場。冒頭の4回転トウループからの連続ジャンプは、着氷後の間隔はやや空いたもののセカンドジャンプの2回転につなげた[120]。 続く4回転サルコウは着氷が乱れたが耐え、最後は3回転アクセルを決め、83.61点で6位スタートとなった[121]。フリースケーティングでは、冒頭三回の4回転ジャンプを立て続けに成功させるも、後半のジャンプが乱れ、フライングシットスピンが0点になるミスがあり、自己ベストに僅かに及ばない161.20点獲得で5位。トータル245.11点獲得で6位となった[122][123]

グランプリシリーズ二戦目は、ロステレコム杯に出場。ショートプログラムでは、冒頭の4回転トウループ-3回転トウループの連続ジャンプを着氷。4回転サルコウ、最後の3回転アクセルも着氷させ、すべてのジャンプで加点を貰うなど得点を伸ばし、自己ベストを7点以上更新する95.81点を獲得して首位発進[124][125]。フリースケーティングでは、冒頭の4回転トウループ-3回転トウループのコンビネーションジャンプを成功。続く4回転サルコウは回転不足となり着氷が乱れたが、その後の4回転トウループを高い加点付きで成功。演技後半、3回転アクセルからの三連続のコンビネーションジャンプで着氷が乱れ、その後の3回転アクセルで転倒するミスはあったものの、スピン・ステップではレベル4を獲得し、フリー自己ベストとなる168.38点を獲得。トータルでも自己ベストを更新する264.19点獲得で3位に入り、ISU公認のグランプリシリーズでは2018年のロステレコム杯以来3年ぶりとなる表彰台に上がった[126][127]

全日本選手権では、ショートプログラムにて4回転トウループ-3回転トウループのセカンドジャンプが2回転になり、続く4回転サルコウの着氷が乱れるも、後半の3回転アクセルはGOE2点以上の評価で成功。ステップ・スピンでは最高評価のレベル4を獲得。87.79点で7位スタートとなる[128]。 フリースケーティングでは、冒頭の4回転トウループからのコンビネーションジャンプを成功させると、続く4回転サルコウと単独の4回転トウループを高い加点で成功。3回転アクセルからの三連続ジャンプにミスはあったものの、スピンすべてでレベル4を獲得。ISU非公認ながらも自己ベストを上回る175.88点で5位となり、トータル263.67点で5位と順位を上げた[129]

全日本選手権の成績により、四大陸選手権の代表に選出。四大陸選手権では、ショートプログラムにて4回転トウループ-3回転トウループのコンビネーションジャンプを成功させて勢いに乗ると、単独の4回転サルコウと演技後半の3回転アクセルをGOE2点以上の出来栄えで成功、すべてのスピンでレベル4を獲得。ロステレコム杯でマークした自己ベストを1.29点更新する演技をみせて2位となる[130] [131] 。フリースケーティングでは、冒頭の4回転トウループのコンビネーションジャンプで、4回転ジャンプの軸が斜めになり着氷が乱れる。4回転サルコウをGOE3点以上の出来栄えで成功させるも、続く単独の4回転トウループで転倒。その後は演技を立て直し、演技後半の3回転アクセルからの三連続ジャンプを成功させて、単独の3回転アクセルも高い加点で成功。演技最後のコレオシークエンスでは、軽快な動きで会場を盛り上げ、ISU公認自己ベストとなる171.89点を獲得。トータルでも268.99点で自己ベストを更新。ISUチャンピオンシップで初の表彰台となる銀メダルを獲得した[132][133][134]

世界選手権は補欠二番手だったが、代表に選出されていた羽生結弦が右足首の捻挫により欠場、補欠一番手の三浦佳生も左大腿四頭筋肉離れのため棄権を発表。前回出場した2018年世界選手権同様に繰り上げによる二回目の世界選手権出場が決まった[135] 。 世界選手権では、ショートプログラムにて冒頭の4回転トウループ-3回転トウループのコンビネーションジャンプを加点3点以上の高い出来栄えで成功。続く4回転サルコウ、演技後半の3回転アクセルも高い加点で成功させて、スピンすべてでレベル4を獲得。自己ベストを4点以上更新して101.12点を獲得。自身初の大台となる100点台に乗せて3位につけた[136][137][138]。 表彰台を目指して臨んだフリースケーティングでは、冒頭の4回転トウループ-3回転トウループのコンビネーションジャンプのセカンドジャンプの着氷が乱れ、続く4回転サルコウで転倒。単独の4回転トウループは成功させるも、演技後半の3回転アクセルからの三連続ジャンプで三本目のジャンプで着氷が乱れ、単独の3回転アクセルでもバランスを崩して手をついてしまうなど、ジャンプでのミスが重なる。ステップとスピンでは最高評価のレベル4を揃えるも、ジャンプでのミスが響きフリーは8位となる168.25点、トータルでは自己ベストを更新する269.37点を獲得するも6位にとどまり、表彰台には届かなかった[139][140] [141]。 しかし、演技最後のコレオシークエンスではGOE満点評価2.5点のところ、5人のジャッジが満点をつける、出場全選手中トップとなる2.29点を獲得[142]するなど観客を魅了。本人も『まだまだ表彰台に届く選手じゃない、今後メダルを取るためにもっと練習を積まないとならない』と語っており、今後の飛躍を誓った[143]

世界選手権の成績により、グランプリシリーズのシード選手となったため、特別強化選手に指定された[144][145]

2022-23シーズン

[編集]

シード選手として臨むグランプリシリーズは、第三戦にあたるフランスグランプリと、第五戦にあたるNHK杯に出場予定であることが発表された[146][147]

国内試合出場を経て、国際試合初戦はネーベルホルン杯に出場。ショートプログラムでは、冒頭の4回転トウループで転倒してコンビネーションジャンプに繋げられず、続く4回転サルコウも転倒。演技後半の3回転アクセルでも着氷が乱れる。演技構成点では全体の3位をマークするものの、3本すべてのジャンプの失敗が響き、64.97点で11位と出遅れる[148][149][150]。 巻き返しをかけて臨んだフリースケーティングでは、冒頭の4回転トウループからのコンビネーションジャンプのセカンドジャンプの着氷が乱れ、続く4回転サルコウは回転不足で転倒、単独の4回転トウループも転倒、3回転アクセルでも着氷が乱れる。演技後半に2つのコンビネーションジャンプを決めて、フリースケーティング3位となる145.80点を獲得。トータルでは4位とショートプログラムから順位を上げるものの、自己ベストには50点以上及ばず、今後に課題が残る演技となった[151][152]

グランプリシリーズ初戦は、フランスグランプリに出場。ショートプログラムでは、コンビネーションジャンプを予定していた4回転トウループで着氷が乱れるが、4回転サルコウに2回転トウループをつけてリカバリー、スピン・ステップすべてでレベル4を獲得し、89.46点獲得で2位に着ける[153]。 フリースケーティングでは、冒頭の4回転トウループからのコンビネーションジャンプのセカンドジャンプが2回転となるが着氷。しかし、続く4回転サルコウの着氷で手を着いてしまい、単独の4回転トウループでも着氷が乱れる。演技後半の3回転アクセルからの三連続コンビネーションジャンプで、最後の3回転サルコウが4分の1回転不足との判定を受け、3回転フリップからのコンビネーションジャンプでも着氷が乱れる。最後のジャンプである3回転アクセルでも回転が抜けてしまい、ジャンプ7本中6本が減点となる。スピンとステップでは最高難度のレベル4を獲得するも、フリースケーティング4位となる159.31点獲得に留まる。トータルでは248.77点獲得で3位と表彰台に上がったが思うように得点を伸ばせず、友野本人も『メダルが懸かった中でのフリーはまだまだ難しさがあり、結果にも悔しさがある』と語った[154][155]

グランプリシリーズ二戦目は、グランプリファイナル進出を賭けて、NHK杯に出場。ショートプログラムでは、冒頭の4回転トウループ-3回転トウループのコンビネーションジャンプを成功させる。続く4回転サルコウは転倒となるが、演技後半の3回転アクセルを決めて85.07点獲得で4位に着ける[156]。フリースケーティングでは、4回転トウループ-3回転トウループのコンビネーションジャンプを成功させるが、続く4回転サルコウが2回転となり、4回転トウループで転倒。演技後半の3回転アクセルからの三連続ジャンプや単独の3回転アクセルを成功させて、スピン・ステップでレベル4を獲得するも、166.76点獲得に留まる。『こうもり』の軽快な曲に合わせた演技を見せてシーズンベストは更新するものの、前半のジャンプのミスが響き、表彰台にあと一歩届かずに4位となった[157][158]。グランプリファイナル進出とはならなかったが、NHK杯後のインタビューにて『足りないのは自信であり、自分の弱さではなく強さと向き合っていきたい』と語っており、年末の全日本選手権へ向けて、前向きな思考で臨んでいくことを誓った[159]

全日本選手権では、ショートプログラムにて、コンビネーションジャンプを予定していた4回転トウループで転倒するものの、続く4回転サルコウに2回転トウループをつけてリカバリーに成功。演技後半の3回転アクセルも2点以上の高い加点で成功させる。スピンでレベルの取りこぼしはあったものの、集中した演技を見せて85.43点獲得で4位に着ける[160][161]。 フリースケーティングでは、冒頭の4回転トウループ-3回転トウループのコンビネーションジャンプを成功させるが、続く単独の4回転トウループの回転が抜けてしまい2回転となり、4回転サルコウでも着氷が乱れる。その後は演技を立て直し、演技後半の2つのコンビネーションジャンプ含むすべてのジャンプを成功させて、スピンすべてでレベル4を獲得。演技終盤のコレオシークエンスでは会場を沸かし、フリースケーティング4位となる165.41点を獲得。トータル250.84点獲得で3位となり、出場10回目で初めて表彰台に上がった[162][163]

全日本選手権の成績により、2023年世界選手権の代表に選出された[164]。強い気持ちで『脱・代打』を掲げて臨んだ全日本選手権で表彰台に上がり、世界選手権自身初の正代表での選出となった[165]

国内大会出場での調整を経て、世界選手権に出場。ショートプログラムでは、冒頭の4回転トウループ-3回転トウループのコンビネーションジャンプを加点3点以上の出来栄えで成功。続く4回転サルコウで転倒するも、演技後半の3回転アクセルを成功させる。スピンでのレベルの取りこぼしはあったものの、レベル4を獲得したステップシークエンスでは、9人中7人のジャッジが満点をつける全選手中1位のGOEを獲得[166]するなど観客を沸かし、92.68点を獲得。目標としていた100点の大台には届かなかったが、シーズンベストを更新して7位に着ける[167]。フリースケーティングでは、冒頭の4回転トウループ-2回転トウループを着氷。続く4回転トウループで転倒するものの、前半残り2つのジャンプである、4回転サルコウと3回転ループを成功させる。演技後半の3回転アクセルからの三連続ジャンプでは、3回転サルコウで4分の1回転不足との判定を受けるが、続く3回転フリップ-2回転アクセルのジャンプシークエンス、単独の3回転アクセルを成功。友野の代名詞であるコレオシークエンスでは会場の観客を魅了、スタンディングオベーションに包まれる演技を披露し、フリースケーティング自己ベスト更新となる180.73点を獲得。トータルでも自己ベストを更新する273.41点を獲得して6位に入った[168][169]。優勝した宇野昌磨とともに、翌年の世界選手権の出場枠最大「3」の維持に貢献した[170]

世界選手権終了後、シーズン最終戦となる世界国別対抗戦のメンバーに選出されたことが発表された[171]。初出場となる友野は、優勝したWBC日本代表の活躍でスポーツの素晴らしさを感じたといい、WBC日本代表同様に「日本中を盛り上げられる試合が出来たら」と語り、国際試合で初めてとなる団体戦での活躍を誓った[170]

国別対抗戦では、ショートプログラムにて冒頭の4回転トウループ-3回転トウループのコンビネーションジャンプをGOE3.12点を引き出す出来栄えで成功させるも、続く4回転サルコウが回転不足となり転倒。演技後半の3回転アクセルでも若干着氷が詰まりGOE1.03点の加点に留まる。スピンすべてでレベル4を獲得するも得点を伸ばせず89.36点獲得で7位となる[172]。 フリースケーティングでは、冒頭の4回転トウループ-2回転トウループのコンビネーションジャンプと単独の4回転トウループを成功。続く4回転サルコウは両足着氷となり回転不足の判定を受ける。演技後半の3回転アクセルからの三連続ジャンプを成功させるも、3回転フリップで着氷が乱れて2回転アクセルに繋げられず、単独の3回転アクセルは回転が抜けて1回転となる。スピン・ステップではレベル4を揃え、コレオシークエンスでは会場を沸かすも、演技後半でのジャンプのミスが響き、世界選手権で更新した自己ベストには大きく及ばず、164.55点獲得で9位となった[173]。 世界選手権後にアイスショーに出演するなど調整が難しかったが、その中でも安定した力を発揮することが必要であることを認識、手応えと課題の両方を得たシーズンだったと語り、来シーズンに向けて自身の基礎力の向上を誓った[174][175]

世界選手権の成績により、グランプリシリーズのシードを獲得。令和5年度の特別強化選手に指定された[176][177][178]

2023-24シーズン

[編集]

グランプリシリーズは、第二戦のスケートカナダと、第四戦の中国杯に出場することが発表された。友野本人としては、第三戦のフランスグランプリと、地元大阪で開催されるNHK杯を希望していたが、二戦とも山本草太と同じ大会に出場することが決まった[179]

国際試合初戦は、チャレンジャーシリーズネーベルホルン杯に出場。ショートプログラムでは、冒頭の4回転トウループ-2回転トウループのコンビネーションジャンプを成功させる。続く4回転サルコウも成功させて、演技後半の3回転アクセルも高い加点で成功させる。スピンすべてでレベル4を獲得し、昨季のシーズンベストを超える93.55点獲得で2位に着ける[180][181]。 フリースケーティングでは、冒頭の4回転トウループ-2回転トウループのコンビネーションジャンプ、単独の4回転トウループを成功させる。続く4回転サルコウの回転が抜けて2回転となるが、演技後半の3回転アクセルからの三連続ジャンプ、3回転フリップ-2回転アクセルのジャンプシークエンス、単独の3回転アクセルを成功させる。スピンとステップではすべてレベル4を獲得。演技構成点では全体の1位となる得点を獲得し、フリースケーティング2位となる172.23点を獲得。トータル265.78点獲得で2位と表彰台に上がった[182][183]

国際試合二試合目は、フリースケーティングのみで実施される団体戦、ジャパンオープンに出場。5番滑走で登場した友野は、コンビネーションジャンプを予定していた冒頭の4回転トウループにて着氷が乱れるが、続く4回転トウループに2回戦トウループをつけてリカバリーに成功。演技後半の3回転アクセルからの三連続ジャンプと、3回転フリップ-2回転アクセルのジャンプシークエンスを成功させる。ジャンプでのミスやスピンでのレベルの取りこぼしはあったものの演技をまとめて、ISU非公認ながらシーズン初戦のネーベルホルン杯を上回る、個人成績で2位となる177.72点を獲得[184]。日本チームの優勝に貢献した[185]

グランプリシリーズ初戦は、スケートカナダに出場。ショートプログラムでは、コンビネーションジャンプを予定していた4回転トウループの着氷が乱れて単独となったが、4回転サルコウに2回転トウループをつけてリカバリーするも、4回転サルコウが4分の1回転不足との判定を受ける。演技後半の3回転アクセルを加点2点以上で成功させるが、ステップシークエンスでの転倒もあり、得点を伸ばせず81.63点獲得で3位となる[186][187]。 フリースケーティングでは、冒頭の4回転トウループ-2回転トウループのコンビネーションジャンプと、単独の4回転トウループで着氷が乱れる。続く4回転サルコウが4分の1回転不足との判定を受け、演技後半の3回転アクセルからの三連続ジャンプでも、3回転アクセルが回転不足との判定を受ける。その後は演技をまとめて、スピンはすべてでレベル4を獲得。しかし、転倒こそないものの、ジャンプ7本中4本で減点を受けるミスが響き、フリー4位となる163.49点獲得に留まる。トータルでは245.12点獲得で4位と、3位と0.89点差で表彰台を逃した[188]

グランプリシリーズ二戦目は、中国杯に出場。ショートプログラムでは、4回転トウループ-2回転トウループのコンビネーションジャンプ成功するも、続く4回転サルコウで着氷が乱れて転倒となる。演技後半の3回転アクセルでも着氷が乱れ、スピンでのレベルの取りこぼしもあり得点を伸ばせず、80.50点獲得で6位と出遅れる[189]。 フリースケーティングでは、冒頭の4回転トウループ-2回転トウループのコンビネーションジャンプを成功。続く単独の4回転トウループも加点2.71の出来栄えで成功させる。続く4回転サルコウが2回転となり、演技後半の3回転アクセルからの三連続ジャンプの3回転サルコウで着氷が乱れるものの、大崩れせずに演技をまとめて、フリースケーティング4位となる171.45点を獲得。トータル251.95点獲得で4位となった[190]。表彰台は逃したものの、友野本人の調子は上がってきており、シーズン後半に向けて全力を注ぎこむ決意であることを語った[191]

2024年1月29日・30日、北海道苫小牧市・nepiaアイスアリーナで行われた第78回国民スポーツ大会冬季大会に出場。ショートプログラムは68.49点の6位だった[192]が、フリーでは全日本でできなかった冒頭の4回転-3回転の連続トウループをしっかり成功させ出来栄え3.48点を引き出すと、続く単発の4回転トウループも成功[193]。4回転サルコーは着氷が乱れたが、その後は大きなミスなくまとめ、トップの184.14点をマークし、合計252.63点で逆転優勝を飾った[194]

技術・演技

[編集]

6種類の3回転ジャンプと、トウループ・サルコウの2種類の4回転ジャンプを跳ぶことが出来る。なお練習では4回転ループも成功している。

グランプリファイナル進出と世界選手権での表彰台を目指し[195]、サルコウ以外の複数の4回転ジャンプの習得を目指していたが[196][197]、2019-20年シーズンより本格的にプログラム構成に組み込んだ4回転トウループは、国内大会のげんさんサマーカップにて試合で初めて成功させた[198]北京オリンピックに向けて4回転ループにも取り組み、プログラム構成の難度を上げることにも言及していた[23]。練習では4回転ループ習得に向けて取り組んでおり[199]、2020年四大陸選手権の公式練習で着氷させている[200]。試合で勝つためには4回転の種類を増やすことが必須になり、自身も次の段階に進まなければならないため、覚悟を持ってスケートと向き合っていくと語っている[201]。2023年世界選手権後には、改めてループを含む新たな複数の4回転ジャンプ習得を目指す考えであることを示した[202]

豊富な練習量により、フリースケーティング後半になってもスピードを落とさずに安定した演技を保つことが出来る[15]。スピンでのレベルの取りこぼしが少ない選手であり、2018年世界選手権ではショートプログラム・フリースケーティングともに全てのスピンでレベル4を獲得している[67][69]

課題であったステップも、2019年スケートアメリカではショートプログラム・フリースケーティングともに、レベル4を獲得している[203][204]。 2023年世界選手権のショートプログラムでは、9人中7人のジャッジが満点をつける、出場全選手中1位の評価を受けている[166]

出来栄え点のみで評価をされるコレオシークエンスでは、世界トップクラスの評価を受けており[205][206][207]、2022年世界選手権では出場全選手中1位の得点を獲得している[142]

観客を引き込む表現力に定評があり、”浪速のエンターテイナー””氷上のエンターテイナー”との異名がある[208]。踊れるスケーターとしてエキシビションアイスショーでは、ユーモアあるパフォーマンスで会場を盛り上げている[37]。 憧れの髙橋大輔からは、「演技が観客を置いてけぼりにしない」と評されている[209]

代替出場での成績

[編集]

主な戦績

[編集]
  • マークが付いている大会はISU公認の国際大会

シニア以降

[編集]
国際大会(シニア)
大会/年 2017-18 2018-19 2019-20 2020-21 2021-22 2022-23 2023-24
世界選手権 5 6 6
四大陸選手権 12 7 2
GPスケートアメリカ 5
GPスケートカナダ 9 4
GPフランス杯 3
GP中国杯 4
GP NHK杯 7 2[注 2] 4
GPロステレコム杯 3 8 3
GPイタリア杯 6
CS USクラシック 5
CSロンバルディア杯 5 7
CSネーベルホルン杯 4 2
チャレンジカップ 3
ユニバーシアード 6
プランタン杯 2 中止 1
国内大会
全日本選手権 4 4 6 6 5 3 6
団体戦
世界国別対抗戦 3
ジャパンオープン 1

ジュニア以前

[編集]
大会/年 2008-09 2009-10 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14 2014-15 2015-16 2016-17
国際大会(ジュニア)
世界Jr.選手権 15 9
JGPリュブリャナ杯 3
JGP横浜 4
JGPリガ杯 13
チャレンジカップ 2 J
アジアフィギュア杯 7 J
プランタン杯 2 J
国内大会
全日本選手権 20 18 16 5
全日本Jr.選手権 15 9 10 6 4 2 1
全日本ノービス選手権 6 B 13 A 3 A
  • J - ジュニアクラス
  • A - Aクラス
  • B - Bクラス

詳細

[編集]
  • パーソナルベストは太字で表示
2023-2024 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2024年2月22日 - 25日 チャレンジカップ 2024ティルブルフ 3
84.74
3
166.87
3
251.61
2024年1月28日 - 2月3日 第78回国民体育大会冬季大会スケート競技会フィギュアスケート苫小牧 6
68.49
1
184.14
1
252.63
2023年12月20日 - 24日 第92回全日本フィギュアスケート選手権長野 6
86.88
5
184.64
6
271.52
2023年11月10日 - 12日 ISUグランプリシリーズ 中国杯重慶 6
80.50
4
171.45
4
251.95
2023年10月27日 - 29日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダバンクーバー 3
81.63
4
163.49
4
245.12
2023年10月7日 2023年ジャパンオープンさいたま 2
177.72
1
団体
2023年9月20日 - 23日 ISUチャレンジャーシリーズ ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 2
93.55
2
172.23
2
265.78
2022-2023 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2023年4月13日 - 16日 2023年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 7
89.36
9
164.55
3
団体
(253.91)
2023年3月20日 - 26日 2023年世界フィギュアスケート選手権さいたま 7
92.68
6
180.73
6
273.41
2022年12月21日 - 25日 第91回全日本フィギュアスケート選手権門真 4
85.43
4
165.41
3
250.84
2022年11月18日 - 20日 ISUグランプリシリーズ NHK杯札幌 4
85.07
3
166.76
4
251.83
2022年11月4日 - 6日 ISUグランプリシリーズ フランスグランプリアンジェ 2
89.46
4
159.31
3
248.77
2022年9月21日 - 24日 ISUチャレンジャーシリーズ ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 11
64.97
3
145.80
4
210.77
2021-2022 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2022年3月21日 - 27日 2022年世界フィギュアスケート選手権モンペリエ 3
101.12
8
168.25
6
269.37
2022年3月18日 - 20日 2022年プランタン杯ルクセンブルク 1
77.76
1
150.24
1
228.00
2022年1月18日 - 23日 2022年四大陸フィギュアスケート選手権タリン 2
97.10
2
171.89
2
268.99
2021年12月22日 - 26日 第90回全日本フィギュアスケート選手権さいたま 7
87.79
5
175.88
5
263.67
2021年11月26日 - 28日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯ソチ 1
95.81
5
168.38
3
264.19
2021年11月4日 - 7日 ISUグランプリシリーズイタリア杯トリノ 5
83.91
6
161.20
6
245.11
2020-2021 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2020年12月24日 - 27日 第89回全日本フィギュアスケート選手権長野 7
81.72
8
141.44
6
223.16
2020年11月27日 - 29日 ISUグランプリシリーズNHK杯大阪 2
83.27
3
143.35
2[注 2]
226.62
2019-2020 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2020年3月13日 - 15日 2020年プランタン杯ルクセンブルク  
 
 
 
中止
2020年2月4日 - 9日 2020年四大陸フィギュアスケート選手権ソウル 7
88.22
7
162.83
7
251.05
2019年12月19日 - 22日 第88回全日本フィギュアスケート選手権東京 11
73.06
4
171.63
6
244.69
2019年11月15日 - 17日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 7
80.98
7
156.56
8
237.54
2019年10月18日 - 20日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカラスベガス 8
75.01
4
154.71
5
229.72
2019年9月13日 - 15日 ISUチャレンジャーシリーズ ロンバルディア杯ベルガモ 11
61.69
6
141.39
7
203.08
2018-2019 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2019年3月6日 - 9日 第29回ユニバーシアード冬季競技大会クラスノヤルスク 7
81.16
6
151.75
6
232.91
2019年2月4日 - 10日 2019年四大陸フィギュアスケート選手権アナハイム 12
74.16
12
132.25
12
206.41
2018年12月20日 - 24日 第87回全日本フィギュアスケート選手権門真 7
73.09
3
154.37
4
227.46
2018年11月16日 - 18日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 4
82.26
3
156.47
3
238.73
2018年10月26日 - 28日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダラヴァル 8
81.63
10
139.20
9
220.83
2018年9月12日 - 16日 ISUチャレンジャーシリーズ ロンバルディアトロフィーベルガモ 5
75.47
5
141.27
5
216.74
2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2018年3月19日 - 25日 2018年世界フィギュアスケート選手権ミラノ 11
82.61
3
173.50
5
256.11
2018年3月16日 - 18日 2018年プランタン杯ルクセンブルク 3
74.11
1
153.73
2
227.84
2017年12月20日 - 24日 第86回全日本フィギュアスケート選手権調布 5
78.16
5
153.05
4
231.21
2017年11月10日 - 12日 ISUグランプリシリーズNHK杯大阪 6
79.88
7
152.05
7
231.93
2017年9月13日 - 17日 ISUチャレンジャーシリーズUSインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 8
69.88
5
155.42
5
225.30
2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年3月13日 - 19日 2017年世界ジュニアフィギュアスケート選手権台北 14
68.12
7
143.16
9
211.28
2016年12月22日 - 25日 第85回全日本フィギュアスケート選手権門真 6
67.63
5
148.92
5
216.55
2016年11月18日 - 20日 第85回全日本フィギュアスケートジュニア選手権札幌 1
71.77
1
136.08
1
207.85
2016年9月21日 - 24日 ISUジュニアグランプリ リュブリャナ杯リュブリャナ 5
68.96
3
133.61
3
202.57
2016年9月9日 - 11日 ISUジュニアグランプリ 横浜横浜 6
66.47
3
145.57
4
212.04
2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年3月14日 - 20日 2016年世界ジュニアフィギュアスケート選手権デブレツェン 20
58.33
12
121.28
15
179.61
2015年12月24日 - 27日 第84回全日本フィギュアスケート選手権札幌 12
62.51
17
111.21
16
173.72
2015年11月21日 - 23日 第84回全日本フィギュアスケートジュニア選手権ひたちなか 3
63.53
3
119.66
2
183.19
2015年8月26日 - 30日 ISUジュニアグランプリ リガ杯リガ 11
51.78
13
96.15
13
147.93
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年3月13日 - 15日 2015年プランタン杯 ジュニアクラス(ルクセンブルク市 2
48.46
1
108.69
2
157.15
2014年12月25日 - 28日 第83回全日本フィギュアスケート選手権長野 20
51.38
18
99.97
18
151.35
2014年11月22日 - 24日 第83回全日本フィギュアスケートジュニア選手権新潟 4
58.38
4
118.85
4
177.23
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年3月6日 - 9日 2014年チャレンジカップ ジュニアクラス(ハーグ 5
51.72
2
107.28
2
159.00
2013年12月20日 - 23日 第82回全日本フィギュアスケート選手権さいたま 20
47.98
17
107.32
20
155.30
2012年11月22日 - 24日 第82回全日本フィギュアスケートジュニア選手権名古屋 7
53.88
5
111.87
6
165.75
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年11月17日 - 18日 第81回全日本フィギュアスケートジュニア選手権西東京 20
40.91
7
103.99
10
144.90
2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年11月25日 - 27日 第80回全日本フィギュアスケートジュニア選手権八戸 11
43.47
9
97.63
9
141.10
2011年8月22日 - 26日 2011年アジアフィギュア杯 ジュニアクラス(東莞 6
36.49
7
79.03
7
115.52
2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年11月26日 - 28日 第79回全日本フィギュアスケートジュニア選手権ひたちなか 12
45.44
15
82.11
15
127.55
2010年10月29日 - 31日 第14回全日本フィギュアスケートノービス選手権 Aクラス(千葉  
 
3
76.48
3
76.48
2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年10月23日 - 25日 第13回全日本フィギュアスケートノービス選手権 Aクラス(八戸  
 
13
51.19
13
51.19
2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年11月8日 - 9日 第12回全日本フィギュアスケートノービス選手権 Bクラス(八戸  
 
6
47.73
6
47.73

プログラム使用曲

[編集]
シーズン SP FS EX
2023-2024
[211]
Underground
作曲:コーディ・フライ
振付:ジェフリー・バトル
Halston
作曲:ステファン・モッキオ
振付:ミーシャ・ジー
Jazz Machine
曲:Black Machine
振付:キャシー・リード
2022-2023
[212][213]
『Happy Jazz』
Real Gone
演奏:サム・テイラー
Happy
曲:C2C
振付:ミーシャ・ジー
オペレッタこうもり』より
序曲
作曲:ヨハン・シュトラウス2世
振付:ミーシャ・ジー
What’s My Name? - Day 2 Mix
曲:MIYAVI
振付:佐藤操
2021-2022 映画『ニュー・シネマ・パラダイス』より
作曲:エンニオ・モリコーネ
演奏:川井郁子
振付:ミーシャ・ジー
映画『ラ・ラ・ランド』より
Epilogue
Summer Montage/Madeline
City of Stars
Another Day of Sun
作曲:ジャスティン・ハーウィッツ
振付:ミーシャ・ジー
ビルズ
曲:ランチマネー・ルイス
振付:友野一希、杉田由香子
2020-2021
[214]
クローマ
- The Hardest Button to Button -
作曲:ジョビー・タルボット、ジャック・ホワイトⅢ
振付:フィリップ・ミルズ
映画『ムーラン・ルージュ』より
アセンション/ネイチャー・ボーイ
作曲:エデン・アーベ
ロクサーヌのタンゴ
作曲:ポリス
振付:ミーシャ・ジー
Freaks
作曲:ティモシー・ジュード・スミス他
演奏:Timmy Trumpet & Savage
振付:佐藤操
2019-2020
[215]
2018-2019
[216][217]
映画『ニュー・シネマ・パラダイス』より
作曲:エンニオ・モリコーネ
演奏:川井郁子
振付:ミーシャ・ジー
リバーダンス』より
Reel Around The Sun
Caoineadh Chú Chulainn
Riverdance
作曲:ビル・ウィーラン
振付:佐藤操
ダフト・パンクメドレー
ボーカル:ペンタトニックス
振付:佐藤操
2017-2018 ツィゴイネルワイゼン
作曲:パブロ・デ・サラサーテ
演奏:葉加瀬太郎
振付:佐藤操
映画『ウエスト・サイド物語』より
作曲:レナード・バーンスタイン
振付:佐藤操
交響詩パリのアメリカ人
作曲:ジョージ・ガーシュウィン
振付:佐藤操
2016-2017 交響曲第5番
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
The Fifth
演奏:デイヴィッド・ギャレット
振付:佐藤操
交響詩パリのアメリカ人
作曲:ジョージ・ガーシュウィン
振付:佐藤操
犬のおまわりさんの運命
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン大中恩
編曲:杉浦哲郎
演奏:スギテツ
We Are the Champions
クイーン
作詞・作曲:フレディ・マーキュリー
映画『燃えよドラゴン』より
作曲:ラロ・シフリン
2015-2016 JAPANESE DOLL
作曲:大沢みずほ
津軽三味線とオーケストラのための“絃魂”
作曲:和田薫
振付:高橋忠之、佐藤操
映画『デーヴダース』より
ボーカル:アリア・ショウカット
映画『ムトゥ 踊るマハラジャ』より
作曲:A・R・ラフマーン
振付:佐藤操
映画『燃えよドラゴン』より
作曲:ラロ・シフリン
2014-2015 Diablo Rojo
作曲:ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ
天国への階段
作曲:ジミー・ペイジロバート・プラント
演奏:ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ

振付:平池大人、杉田由香子
2013-2014 Spybreak!
作曲:アレックス・ギフォード
演奏:プロペラヘッズ
ピンク・パンサー
2012-2013 映画『Mr.インクレディブル』より
作曲:マイケル・ジアッチーノ
2011-2012 交響曲第5BURN『炎のベートーベン』
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
演奏:クライズラー&カンパニー
2010-2011 交響曲第5BURN『炎のベートーベン』
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
演奏:クライズラー&カンパニー

関連活動

[編集]

アイスショー出演

[編集]
  • プリンスアイスワールド
    • 『A NEW PROGRESS〜BROADWAY CLASSICS〜』
    • 『「Brand New StoryⅢ」〜Our Compass〜』
    • 『「Brand New Story Ⅱ」〜Moving On!〜』
      • 東京公演(2022年2月25日 - 27日、ダイドードリンコアイスアリーナ)[227]
      • 横浜公演(2021年5月1日 - 5日、KOSÉ新横浜スケートセンター)
    • 「Brand New Story」
      • 東京公演(2019年7月19日 - 22日、ダイドードリンコアイスアリーナ)[注 5]
      • 横浜公演(2019年4月27日 - 5月5日、KOSÉ新横浜スケートセンター)[注 6]
  • ドリーム・オン・アイス
    • 『Dreams on Ice 2023』
      • 横浜公演(2023年6月30日 - 7月2日、KOSÉ新横浜スケートセンター)[230]
    • 『Dreams on Ice 2022』
      • 横浜公演(2022年7月1日 - 3日、KOSÉ新横浜スケートセンター)
    • 『Dreams on Ice 2021』
      • 横浜公演(2021年7月9日 - 11日、KOSÉ新横浜スケートセンター)
  • カーニバル・オン・アイス
  • 名古屋フィギュアスケートフェスティバル
    • 『2023年名古屋フィギュアスケートフェスティバル』(2023年1月4日、日本ガイシアリーナ[232]
    • 『2022年名古屋フィギュアスケートフェスティバル』(2022年1月4日、日本ガイシアリーナ)[233]
    • 『2021年名古屋フィギュアスケートフェスティバル』(2021年1月4日、日本ガイシアリーナ)[233]
    • 『2020年名古屋フィギュアスケートフェスティバル』(2020年1月4日、日本ガイシアリーナ)[233]
  • アイスエクスプロージョン
    • 『ICE EXPLOSION 2023 in福岡』(2023年5月12日 - 14日、オーヴィジョンアイスアリーナ福岡)
    • 『ICE EXPLOSION 2023』(2023年1月6日 - 9日、KOSÉ新横浜スケートセンター)[234]
  • ワンピース・オン・アイス
    • 『〜エピソード・オブ・アラバスタ〜』 - コーザ役[235][236][237]
      • 名古屋公演(2023年9月2日 - 3日、ドルフィンズアリーナ
      • 横浜公演(2023年8月11日 - 13日、KOSÉ新横浜スケートセンター)

雑誌連載

[編集]

新聞連載

[編集]

スポンサーシップ・アドバイザリー・サポート契約

[編集]

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ 2020年10月2日を以って、放送終了している。[32][33]
  2. ^ a b c 2020/2021 ISUグランプリシリーズは非公認大会。新型コロナウイルスの影響で変則開催の為、ISUの公認記録に反映されない。また世界ランキングのポイントも付与されない 各大会の出場者を地元選手や開催国に拠点を置く選手らに制限しており、公平性を保つため。国際スケート連盟(ISU)2020年10月26日[210]
  3. ^ 2022年3月16日に震度6強を観測した地震により列車が脱線した東北新幹線の全線復旧再開の見通し状況を鑑み、交通事情を考慮し、開催中止となった。[218]
  4. ^ 友野の出演は、5月3日から5月5日。[224]
  5. ^ 友野の出演は、7月21日・7月22日。[228]
  6. ^ 友野の出演は、5月3日から5月5日。[229]

出典

[編集]
  1. ^ a b 強化選手 友野 一希”. 公益財団法人 日本スケート連盟 - Japan Skating Federation. 2022年3月17日閲覧。
  2. ^ Kazuki Tomono (24)🍜”. Twitter. 2022年7月2日閲覧。
  3. ^ フィギュア友野一希「一層努力」セントラルスポーツ所属に”. 日刊スポーツ (2021年6月8日). 2021年6月8日閲覧。
  4. ^ 【ニュースリリース】フィギュアスケート友野一希選手の当社所属について”. セントラルスポーツ. 2022年3月17日閲覧。
  5. ^ a b “【フィギュア】友野一希が所属のセントラルスポーツと契約満了「言葉で表せないほど感謝」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2022年7月1日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202207010000355.html 2022年7月2日閲覧。 
  6. ^ a b <フィギュアスケート>友野一希選手についてのお知らせ”. セントラルスポーツ. 2022年7月1日閲覧。
  7. ^ a b “友野一希「泉州工機」後押しを力に逆転V 所属先スポンサー探しは継続中”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2022年10月10日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/10/10/kiji/20221010s00079000472000c.html 2022年11月24日閲覧。 
  8. ^ a b HDフラワーホールディングスグループはフィギュアスケター友野一希選手を応援します”. 株式会社 HD フラワーホールディングス (2023年3月29日). 2023年3月30日閲覧。
  9. ^ a b 第一住建グループ フィギュアスケーター 友野一希選手とパートナー契約を締結”. 第一住建グループ. 2023年10月27日閲覧。
  10. ^ a b INOVEシリーズの第一住建グループ フィギュアスケーター 友野一希選手とパートナー契約を締結”. 時事通信社. 2023年10月27日閲覧。
  11. ^ My Purpose ~挑戦する人~友野 一希さん【スポーツ健康科学部 2年次生】”. 同志社大学. 2022年4月3日閲覧。
  12. ^ 友野一希選手 華麗なるスタースケーターの肖像”. 25ans Online. ハースト婦人画報社 (2023年11月3日). 2023年11月14日閲覧。
  13. ^ “小芝風花、フィギュアスケーターとして辛かった手術とたくさんの楽しい思い出”. web Sportiva (集英社). (2021年3月19日). https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/figure/2021/03/19/post_23/ 2022年3月27日閲覧。 
  14. ^ “小芝風花 フィギュアスケート仲間の友野一希と「10年以上ぶり」再会「大人になったなぁと感慨深い」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2023年4月18日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/04/18/kiji/20230418s00041000130000c.html 2023年4月18日閲覧。 
  15. ^ a b “可愛い新ヒーロー!なぜ19歳友野一希は世界フィギュア枠死守に貢献できた?”. THE PAGE(ザ・ページ) (Wordleaf Corporation). (2018年3月25日). https://news.yahoo.co.jp/articles/76f582e1e4f73096022bd7dfc412fc900fc37636 2018年5月12日閲覧。 
  16. ^ “白衣を着用した友野一希の“萌え袖”にファン歓喜!普段は同志社大学に通う大学生”. SPREAD (イード). (2019年2月12日). https://spread-sports.jp/archives/20248 2020年1月3日閲覧。 
  17. ^ 【ニュースリリース】友野一希選手とのアスリートサポート契約締結のお知らせ”. セントラルスポーツ. 2019年3月17日閲覧。
  18. ^ “フィギュア友野一希 セントラルスポーツとアスリートサポート契約”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年12月26日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/12/26/kiji/20181226s00079000095000c.html 2019年3月17日閲覧。 
  19. ^ “友野一希、セントラルスポーツと契約締結/フィギュア”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2018年12月27日). https://www.sanspo.com/article/20181227-HZHZUEHFJRJCRBWWOWGQLMR3K4/ 2019年3月17日閲覧。 
  20. ^ “【フィギュア】友野一希「トップの選手と言ってもらえるように」新プログラムで壁ぶち破る”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2022年7月9日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202207090001487.html 2022年7月10日閲覧。 
  21. ^ “【フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋】友野一希選手<エピソード3>”. J SPORTSコラム&ニュース (J SPORTS). (2017年10月31日). https://news.jsports.co.jp/skate/article/20171031121819/ 2019年10月14日閲覧。 
  22. ^ 友野 一希選手インタビュー覚醒のシーズン、世界選手権はショート3位「世界の表彰台は見えた、でもまだ甘かった」”. キヤノン・ワールドフィギュアスケートウェブ - Canon Global. 2021年4月23日閲覧。
  23. ^ a b “同志社大・友野一希 「一歩一歩の子」が、前だけ見て狙う北京オリンピック”. 4years. (朝日新聞社). (2019年12月26日). https://4years.asahi.com/article/12993245 2020年1月3日閲覧。 
  24. ^ 選手紹介 友野一希”. キヤノン・ワールドフィギュアスケートウェブ - Canon Global. 2019年10月14日閲覧。
  25. ^ “四大陸選手権に急きょ出場の友野一希「表彰台を狙う気持ちで」過去には羽生の“代打”で世界5位…インカレはV”. 中日スポーツ (中日新聞). (2020年1月7日). https://web.archive.org/web/20200107144806/https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/figure/news/CK2020010702100026.html 2020年1月8日閲覧。 
  26. ^ “友野一希、代替出場も自信「追い詰められた人間の強さ」SNS上で“代打の神様””. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2022年3月23日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/03/23/kiji/20220323s00079000187000c.html 2022年3月24日閲覧。 
  27. ^ 友野一希 “代打の神様”の愛称に「最高の褒め言葉」 自身は阪神ファンで「やっぱり桧山選手」”. スポーツ報知 (2022年3月27日). 2022年3月27日閲覧。
  28. ^ “ラーメン大好き友野一希、ラーメン柄のネクタイで全日本選手権の開会式に登場”. SPREAD (イード). (2018年12月21日). https://spread-sports.jp/archives/17085 2019年10月14日閲覧。 
  29. ^ “世界選手権5位の友野一希 求むラーメン!「好きな物を好きなだけ食べたい」”. デイリースポーツオンライン (デイリースポーツ). (2018年3月27日). https://www.daily.co.jp/general/2018/03/27/0011107192.shtml 2019年10月14日閲覧。 
  30. ^ “友野一希「ラーメン二郎」で山本草太と今季反省会 「来年負けへんでー」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2023年3月26日). https://hochi.news/articles/20230326-OHT1T51144.html?page=1 2023年4月8日閲覧。 
  31. ^ “友野一希&山本草太で“ラーメン二郎反省会”「お互い頑張ったな」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2023年3月26日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2023/03/26/kiji/20230326s00079000436000c.html 2023年4月8日閲覧。 
  32. ^ “25年の歴史に幕「おはようコールABC」最終週で特別企画 横山アナが最後に食べたいラーメンとは”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年9月25日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/09/25/kiji/20200925s00041000378000c.html 2022年5月15日閲覧。 
  33. ^ 10/2 (金)「おはようコールABC」最終回✨ おはようコール@call_ABC”. Twitter. 2022年5月15日閲覧。
  34. ^ 9/27(金) OA予定 おはようコール@call_ABC”. Twitter. 2019年10月17日閲覧。
  35. ^ 本日、5月15日はおはようコールファミリー友野一希選手の誕生日🎂🎉 おはようコール@call_ABC”. Twitter. 2019年11月15日閲覧。
  36. ^ 1/15(火) OA予定◾︎フィギュアスケート 友野一希選手⛸️ おはようコール@call_ABC”. Twitter. 2022年3月30日閲覧。
  37. ^ a b “友野一希★ つぶらな瞳が魅力。踊れる浪速のエンターテイナー!【フィギュアスケート男子】”. non-no Web (集英社). (2021年11月1日). https://nonno.hpplus.jp/article/43192/06/ 2022年4月3日閲覧。 
  38. ^ “【フィギュア】友野一希、縁を実感 カワウソモチーフの大会マスコット「ルルー」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2022年3月23日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202203230000061.html 2022年5月8日閲覧。 
  39. ^ 友野一希連載【 #トモノのモノ語り。】vol.6「サウナトーク<延長戦>とげんさんサマーカップ」<フィギュアスケート男子>”. nonno web. 2022年8月22日閲覧。
  40. ^ 友野一希連載【 #トモノのモノ語り。】vol.17「山本草太さん、島田高志郎さんと語る、全日本選手権」<フィギュアスケート男子>”. nonno web. 2023年5月9日閲覧。
  41. ^ “【フィギュア】山本草太と友野一希、サウナ愛を語り合う 流儀は「激アツ、キンキン」「水風呂」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2022年11月20日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202211200001045.html 2022年11月30日閲覧。 
  42. ^ a b “浪速のエンターテイナー”の異名をもつフィギュアスケーター・友野一希選手がSAUNA BROS.WEBに初登場!! 連載「友野一希『スケートときどきサウナ』」がスタート!”. 時事通信社. 2022年11月30日閲覧。
  43. ^ 【友野一希選手インタビュー】最近のファッション事情から、ハマっていること、 私服コーデも公開!【フィギュアスケート男子】”. non-no Web. 集英社 (2022年4月26日). 2022年12月21日閲覧。
  44. ^ a b フィギュアスケーター友野一希連載【 #トモノのモノ語り。】<フィギュアスケート男子>”. 集英社. 2022年7月5日閲覧。
  45. ^ フィギュアスケーター・友野一希選手がファッション愛とサウナ道を語ります”. SPUR.JP. 集英社 (2022年8月18日). 2022年12月21日閲覧。
  46. ^ 友野一希選手が初登場! 誌面インタビューこぼれ話”. 25ans Online. ハースト婦人画報社 (2020年5月25日). 2022年12月21日閲覧。
  47. ^ ISU World Junior Figure Skating Championships 2016 JUNIOR MEN SHORT PROGRAM JUDGES DETAILS PER SKATER”. ISU - International Skating Union. 2022年4月30日閲覧。
  48. ^ ISU World Junior Figure Skating Championships 2016 JUNIOR MEN FREE SKATING JUDGES DETAILS PER SKATER”. ISU - International Skating Union. 2022年4月30日閲覧。
  49. ^ ISU World Junior Figure Skating Championships 2016 Junior Men Result”. ISU - International Skating Union. 2022年4月30日閲覧。
  50. ^ ISU JGP Yokohama 2016 JUNIOR MEN SHORT PROGRAM JUDGES DETAILS PER SKATER”. ISU - International Skating Union. 2018年5月15日閲覧。
  51. ^ ISU JGP Yokohama 2016 JUNIOR MEN FREE SKATING JUDGES DETAILS PER SKATER”. ISU - International Skating Union. 2018年5月15日閲覧。
  52. ^ ISU JGP Yokohama 2016”. ISU - International Skating Union. 2017年4月29日閲覧。
  53. ^ 第85回全日本選手権大会”. 公益財団法人日本スケート連盟. 2017年4月29日閲覧。
  54. ^ 第85回全日本選手権大会 Judge's Detail per Skater - Free Skating / 男子”. 公益財団法人日本スケート連盟. 2018年5月15日閲覧。
  55. ^ ISU World Junior Figure Skating Championships 2017 JUNIOR MEN SHORT PROGRAM JUDGES DETAILS PER SKATER”. ISU - International Skating Union. 2022年4月30日閲覧。
  56. ^ ISU World Junior Figure Skating Championships 2017 JUNIOR MEN FREE SKATING JUDGES DETAILS PER SKATER”. ISU - International Skating Union. 2022年4月30日閲覧。
  57. ^ ISU World Junior Figure Skating Championships 2017 Junior Men Result”. ISU - International Skating Union. 2022年4月30日閲覧。
  58. ^ “友野一希が健闘5位「平昌五輪の可能性が少しは…」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2017年9月16日). https://www.nikkansports.com/sports/news/201709160000417.html 2018年5月2日閲覧。 
  59. ^ “フィギュア村上大介、NHK杯欠場 友野一希が出場へ”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2017年11月6日). https://www.asahi.com/articles/ASKC6469KKC6UTQP01M.html 2018年5月2日閲覧。 
  60. ^ “友野一希SP6位発進「楽しく滑ることができた」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2017年11月10日). https://www.nikkansports.com/sports/news/201711100000808.html 2018年5月2日閲覧。 
  61. ^ “友野一希7位、佐藤洸彬11位/NHK杯フリー詳細”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2017年11月11日). https://www.nikkansports.com/sports/news/201711100000864.html 2018年5月2日閲覧。 
  62. ^ “日本勢最高は友野一希の7位 フィギュアNHK杯男子”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2017年11月11日). https://www.asahi.com/articles/ASKCC7368KCCUTQP043.html 2018年5月2日閲覧。 
  63. ^ “友野一希、納得の5位発進 男子フィギュア全日本選手権”. 京都新聞 (京都新聞社). (2017年12月22日). https://web.archive.org/web/20180101034405/https://www.kyoto-np.co.jp/sports/article/20171222000193 2018年5月2日閲覧。 
  64. ^ “友野一希は4位 4回転サルコーに失敗「あと1本、あと1本、悔しいな」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年12月24日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/12/24/kiji/20171224s00079000377000c.html 2018年4月22日閲覧。 
  65. ^ a b “代役友野一希、窮地の日本救う”. 産経ニュース (産経新聞社). (2018年3月24日). https://web.archive.org/web/20181005132705/http://www.sankei.com/sports/news/180324/spo1803240069-n1.html 2018年3月26日閲覧。 
  66. ^ “友野一希「自分に負けたくなかった」自己ベストに涙”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2018年3月23日). https://www.nikkansports.com/sports/news/201803230000157.html 2018年5月2日閲覧。 
  67. ^ a b ISU World Figure Skating Championships 2018 MEN SHORT PROGRAM JUDGES DETAILS PER SKATER”. ISU - International Skating Union. 2018年5月14日閲覧。
  68. ^ “友野 涙の自己ベストでフリー進出!羽生の代役で出場も会心演技”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年3月22日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/03/22/kiji/20180322s00079000204000c.html 2018年3月26日閲覧。 
  69. ^ a b ISU World Figure Skating Championships 2018 MEN FREE SKATING JUDGES DETAILS PER SKATER”. ISU - International Skating Union. 2018年5月14日閲覧。
  70. ^ “友野一希 自己ベストを約18点更新「何も失うものはない 思い切ってやるだけでした」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年3月24日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/03/24/kiji/20180324s00079000487000c.html 2018年5月2日閲覧。 
  71. ^ 平成30年度強化選手 フィギュア”. 公益財団法人日本スケート連盟. 2018年4月29日閲覧。
  72. ^ “羽生、宇野、宮原ら10人 特別強化選手”. 産経ニュース (産経新聞社). (2018年4月26日). https://web.archive.org/web/20180427115926/https://www.sankei.com/sports/news/180426/spo1804260030-n1.html 2018年4月26日閲覧。 
  73. ^ 【2018年-2019年度】フィギュアスケート強化選手一覧、男子も女子も”. スケオタるーぷ. 2018年4月26日閲覧。
  74. ^ “友野、冒頭4回転サルコー決めるも後半失速「課題が残るSP」/フィギュア”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2018年10月27日). https://web.archive.org/web/20181107025647/https://www.sanspo.com/sports/news/20181027/fgr18102708330002-n1.html 2019年3月14日閲覧。 
  75. ^ “宇野昌磨逆転V、友野一希9位/スケートカナダ詳細”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2018年10月28日). https://www.nikkansports.com/sports/news/201810270000465.html 2019年3月14日閲覧。 
  76. ^ “友野一希SP4位発進、フリーへ「切り替えたい」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2018年11月16日). https://www.nikkansports.com/sports/news/201811160000912.html 2019年3月14日閲覧。 
  77. ^ “友野一希、初のGP表彰台「素直にうれしい」/フィギュア”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2018年11月17日). https://web.archive.org/web/20181119005343/https://www.sanspo.com/sports/news/20181117/fgr18111722280016-n1.html 2019年3月14日閲覧。 
  78. ^ “友野一希が初表彰台 自分に負けず「やりきった」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2018年11月18日). https://www.nikkansports.com/sports/news/201811180000183.html 2019年3月14日閲覧。 
  79. ^ “友野、冒頭の転倒響く「無駄に意識してしまった」/フィギュア”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2018年12月22日). https://www.sanspo.com/sports/news/20181222/fgr18122221480022-n1.html 2019年3月15日閲覧。 
  80. ^ “友野一希、転倒響いて悔しい4位「来年はもう一歩前に」”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2018年12月24日). https://www.asahi.com/articles/ASLDS5GQNLDSPTQP004.html 2019年3月15日閲覧。 
  81. ^ “友野一希、得点源の4回転サルコー成功 SP前の公式練習でミスなし/フィギュア”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2019年2月8日). https://www.sanspo.com/article/20190208-AKWFYJPW25IJLHNIZSH6JWKQSY/ 2019年3月18日閲覧。 
  82. ^ “友野一希「ニューシネマパラダイス」で4回転サルコーを含む全ジャンプ着氷”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年2月8日). https://hochi.news/articles/20190208-OHT1T50062.html 2019年3月18日閲覧。 
  83. ^ “友野 4回転サルコーに自信あり「後は試合だけ」、刑事は自然体”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年2月8日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/02/08/kiji/20190208s00079000002000c.html 2019年3月18日閲覧。 
  84. ^ “友野、12位と出遅れに「もったいない失敗」/フィギュア”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2019年2月8日). https://www.sanspo.com/sports/news/20190208/fgr19020818050020-n1.html 2019年3月18日閲覧。 
  85. ^ “友野一希、ミス続きフリー132・25点、合計206・41点”. デイリースポーツonline (デイリースポーツ). (2019年2月10日). https://www.daily.co.jp/general/2019/02/10/0012054142.shtml 2019年3月18日閲覧。 
  86. ^ “友野一希、ミス重ねて涙 4回転サルコー不発など「みっともない演技だった」/フィギュア”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2019年2月10日). https://www.sanspo.com/sports/news/20190210/fgr19021019070017-n1.html 2019年3月18日閲覧。 
  87. ^ “友野一希12位 ジャンプミス続き順位上げられず涙「みっともない演技を…」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年2月10日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/02/10/kiji/20190210s00079000240000c.html 2019年3月18日閲覧。 
  88. ^ “友野一希は出遅れ「最初の4回転で少し前のめりに」 冬季ユニバ”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2019年3月6日). https://www.sanspo.com/sports/news/20190306/spo19030622530014-n1.html 2019年3月18日閲覧。 
  89. ^ “Sトラック女子リレーで銀 小池佑奈「タッチの流れがすごく良かった」 冬季ユニバ”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2019年3月6日). https://www.sanspo.com/sports/news/20190306/spo19030623360015-n1.html 2019年3月18日閲覧。 
  90. ^ “フィギュア友野は6位「あと20点は欲しい」 佐藤は7位 冬季ユニバ”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2019年3月8日). https://www.sanspo.com/sports/news/20190308/spo19030801370004-n1.html 2019年3月18日閲覧。 
  91. ^ “フィギュア男子の友野6位 アルペン女子大回転で石島19位/冬季ユニバ”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2019年3月8日). https://www.sanspo.com/sports/news/20190308/spo19030808180008-n1.html 2019年3月18日閲覧。 
  92. ^ “フィギュア友野は6位 冬季ユニバ第6日”. デジタル毎日 (毎日新聞社). (2019年3月8日). https://mainichi.jp/articles/20190308/k00/00m/050/006000c 2019年3月18日閲覧。 
  93. ^ “フィギュア男子の友野一希6位 冬季ユニバ第6日”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2019年3月8日). https://web.archive.org/web/20190308082025/https://www.nikkansports.com/sports/news/201903080000070.html 2019年3月18日閲覧。 
  94. ^ “樋口新葉SP9位、友野一希は11位 ロンバルディア杯/フィギュア”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2019年9月14日). https://web.archive.org/web/20191013182804/https://www.sanspo.com/sports/news/20190914/fgr19091412030010-n1.html 2019年10月14日閲覧。 
  95. ^ “友野一希は合計203・08点で7位、金博洋が優勝”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2019年9月16日). https://web.archive.org/web/20190921202226/https://www.nikkansports.com/sports/news/201909160000146.html 2019年10月14日閲覧。 
  96. ^ “友野一希、ミスを悔やむ「コンビネーションにならない」/フィギュア”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2019年10月19日). https://web.archive.org/web/20191020010409/https://www.sanspo.com/sports/news/20191019/fgr19101911350002-n1.html 2019年10月19日閲覧。 
  97. ^ “友野一希は8位、島田高志郎11位発進 フィギュア”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2019年10月19日). https://www.nikkansports.com/sports/news/201910190000060.html 2019年10月19日閲覧。 
  98. ^ “友野一希5位、島田10位/スケートアメリカ詳細”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2019年10月20日). https://www.nikkansports.com/sports/news/201910190000197.html 2019年10月20日閲覧。 
  99. ^ “チェンが大会3連覇、44点差で圧勝 友野一希5位、島田高志郎は10位”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年10月20日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/10/20/kiji/20191020s00079000170000c.html 2019年10月20日閲覧。 
  100. ^ “友野一希は5位、島田高志郎10位 チェンが優勝”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2019年10月20日). https://www.nikkansports.com/sports/news/201910200000078.html 2019年10月20日閲覧。 
  101. ^ “フィギュアGP開幕戦、友野一希5位…ネーサン・チェンV”. 読売新聞オンライン (読売新聞社). (2019年10月20日). https://web.archive.org/web/20191020010407/https://www.yomiuri.co.jp/sports/winter/20191020-OYT1T50091/ 2019年10月20日閲覧。 
  102. ^ “友野一希がSP7位「自信を捨てないようにしたい」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2019年11月15日). https://www.nikkansports.com/sports/news/201911150001055.html 2019年11月16日閲覧。 
  103. ^ “友野一希、冒頭で転倒も大崩れは防ぐ「自信を捨てないように演技したい」/フィギュア”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2019年11月15日). https://www.sanspo.com/article/20191115-LEYZKI63IROJDP4OSMYFQ2KCZM/ 2019年11月16日閲覧。 
  104. ^ “友野一希8位悔し「ちょっと詰めが甘いところ出た」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2019年11月16日). https://www.nikkansports.com/sports/news/201911160000972.html 2019年11月16日閲覧。 
  105. ^ “友野一希SP11位「また自分に負けてしまった」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2019年12月20日). https://www.nikkansports.com/sports/news/201912200001086.html 2019年12月22日閲覧。 
  106. ^ “友野「自分に負けた」11位発進 フリーでは「思い切っていくだけ」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年12月21日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/12/21/kiji/20191221s00079000023000c.html 2019年12月22日閲覧。 
  107. ^ “友野一希「未来が見えてきた」SPから切り替え6位”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2019年12月22日). https://www.nikkansports.com/sports/news/201912220000927.html 2019年12月22日閲覧。 
  108. ^ “宇野昌磨 四大陸選手権出場を辞退、練習拠点海外移行で 友野一希が出場”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年1月6日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/01/06/kiji/20200106s00079000286000c.html 2020年1月6日閲覧。 
  109. ^ “宇野昌磨、四大陸選手権を辞退…友野一希が出場へ”. 読売新聞オンライン (読売新聞社). (2020年1月6日). https://web.archive.org/web/20200107100104/https://www.yomiuri.co.jp/sports/winter/20200106-OYT1T50220/ 2020年1月6日閲覧。 
  110. ^ “友野一希、4回転2本着氷でSP自己ベストの88・22点”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年2月7日). https://hochi.news/articles/20200207-OHT1T50212.html 2020年9月27日閲覧。 
  111. ^ “友野一希は自己ベスト251・05点で7位「可能性が見えた試合」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年2月9日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/02/09/kiji/20200209s00079000296000c.html 2020年9月27日閲覧。 
  112. ^ “フィギュア坂本花織ら国際大会派遣中止 コロナ影響”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2020年3月2日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202003020000646.html 2020年9月27日閲覧。 
  113. ^ ““新型コロナ“対策でフィギュア坂本花織、友野一希ら派遣取りやめ ルクセンブルク開催のプランタン杯”. 東京中日スポーツ (中日新聞社). (2020年3月2日). https://www.chunichi.co.jp/article/12988 2020年9月27日閲覧。 
  114. ^ “宇野昌磨と紀平梨花はフランス杯 三原舞依がNHK杯でGP復帰 フィギュアGPシリーズ”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年10月1日). https://hochi.news/articles/20201001-OHT1T50371.html 2020年10月3日閲覧。 
  115. ^ “友野一希は曲と一体の滑りで2位「優勝するつもりで」逆転でのGP初V狙う”. nikkansports.com (デイリースポーツオンライン). (2020年11月27日). https://www.daily.co.jp/general/2020/11/27/0013897462.shtml 2022年3月17日閲覧。 
  116. ^ “友野一希はジャンプ崩れて2位「丁寧にいき過ぎた」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2020年11月28日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202011280001102.html 2022年3月17日閲覧。 
  117. ^ “友野一希は226・62点、ジャンプでミスも2位死守「優真くんを見て、まだまだ甘かったなと」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年11月28日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/11/28/kiji/20201128s00079000461000c.html 2022年3月17日閲覧。 
  118. ^ “友野一希4回転サルコーで転倒「悔しい」SP7位”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2020年12月25日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202012250000865.html 2022年3月17日閲覧。 
  119. ^ “友野一希は223・16点「心の奥底の芯の弱さが出た」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年12月26日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/12/26/kiji/20201226s00079000395000c.html 2022年3月17日閲覧。 
  120. ^ “友野一希SP6位「吐きそうになるぐらい緊張」レベル落としたスピンを反省”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2021年11月6日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202111060000036.html 2022年3月20日閲覧。 
  121. ^ 友野一希「吐くくらい緊張した」SPはこらえながらも4回転サルコー着氷…GPイタリア杯男子SP終え、一問一答”. スポーツ報知 (2021年11月8日). 2022年2月13日閲覧。
  122. ^ 友野一希は6位「普段しないミスに動揺してしまった」”. スポーツ報知 (2021年11月7日). 2022年2月13日閲覧。
  123. ^ 友野一希、スピンに苦しめられ6位「普段しないアクセルのミスで動揺した」 - フィギュア : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2022年2月13日閲覧。
  124. ^ 友野一希が首位発進!SP自己ベスト95・81点「100点近い点数も」今季世界7位/デイリースポーツ online”. デイリースポーツ online. 2022年2月13日閲覧。
  125. ^ 友野一希が自己ベスト95・81点「100点近い点数も望める」 ロシア杯SP”. スポーツ報知 (2021年11月26日). 2022年2月13日閲覧。
  126. ^ 「成長を実感」ロシア杯・SP首位の友野一希は3位 合計で自己ベストを更新【フィギュアGP】”. MSN. 2022年2月13日閲覧。
  127. ^ 友野一希 手応えと悔しさにじむ「2・14点差のラ・ラ・ランド」…GPロシア杯男子フリーを終え、一問一答”. スポーツ報知 (2021年11月29日). 2022年2月13日閲覧。
  128. ^ “友野一希「ニュー・シネマ・パラダイス」に乗って87・79点をマーク【フィギュア全日本選手権】”. 東京中日スポーツ (中日新聞社). (2021年12月24日). https://www.chunichi.co.jp/article/390163 2022年3月17日閲覧。 
  129. ^ “友野一希、4回転3発「ラ・ラ・ランド」熱演5位「自分らしい、史上最高の演技」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2021年12月26日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/12/26/kiji/20211226s00079000557000c.html 2022年3月17日閲覧。 
  130. ^ “友野一希が自己新97・10点でSP2位「優勝を目指したい」四大陸選手権”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2022年1月21日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/01/21/kiji/20220121s00079000598000c.html 2022年3月18日閲覧。 
  131. ^ “友野一希、SP97・10点の自己ベストで2位「史上最高の自分を出せるように」…四大陸選手権”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2022年1月21日). https://hochi.news/articles/20220121-OHT1T51240.html?page=1 2022年3月18日閲覧。 
  132. ^ “友野一希が合計268・99点で四大陸選手権初の銀メダル「僕の演技を出し切った」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2022年1月23日). https://hochi.news/articles/20220123-OHT1T51192.html?page=1 2022年3月18日閲覧。 
  133. ^ “友野一希が準優勝、三浦佳生3位、三宅星南4位 四大陸選手権で全員自己ベスト更新”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2022年1月23日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/01/23/kiji/20220123s00079000576000c.html 2022年3月17日閲覧。 
  134. ^ “友野一希 日本勢最高の2位「今回は完敗、今までで感じたことない悔しさ」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2022年1月23日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202201230001097.html 2022年3月21日閲覧。 
  135. ^ “三浦佳生、世界選手権欠場「残念ながら肉離れのため棄権することに」代替選手は友野一希”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2022年3月17日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202203170000619.html 2022年3月17日閲覧。 
  136. ^ ““代打の神様”友野一希、5度目の代替出場で101・12点 世界歴代6位の自己ベストにガッツポーズ”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2022年3月24日). https://hochi.news/articles/20220324-OHT1T51278.html?page=1 2022年3月27日閲覧。 
  137. ^ “【フィギュア】“代打の神様”友野一希「追い詰められた人間の強さ」大台101・12点SP3位”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2022年3月25日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202203250000037.html 2022年3月27日閲覧。 
  138. ^ “友野一希が101・12点をマーク 代替出場も会心のノーミス演技で自己ベスト更新”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2022年3月24日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/03/24/kiji/20220324s00079000743000c.html 2022年3月27日閲覧。 
  139. ^ “友野一希は269・37点で6位「練習不足。まだ表彰台に乗れるような選手ではない」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2022年3月26日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/03/26/kiji/20220326s00079000866000c.html 2022年3月27日閲覧。 
  140. ^ “友野一希は6位 フリー168・25点、合計269・37点 ジャンプでミスも全力演技”. デイリースポーツオンライン (デイリースポーツ). (2022年3月26日). https://www.daily.co.jp/general/2022/03/26/0015167812.shtml 2022年3月27日閲覧。 
  141. ^ “友野一希 代打出場の世界選手権は269・37点 ジャンプのミス続き、表彰台はならず”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2022年3月26日). https://hochi.news/articles/20220326-OHT1T51307.html?page=1 2022年3月27日閲覧。 
  142. ^ a b World Figure Skating Championships 2022 JUDGES DETAILS PER SKATER MEN FREE SKATING”. ISU - International Skating Union. 2022年4月9日閲覧。
  143. ^ “世界フィギュア6位の友野一希「自分自身に『見返してやろうぜ』」”. デジタル毎日 (毎日新聞社). (2022年3月26日). https://mainichi.jp/articles/20220326/k00/00m/050/298000c 2022年3月27日閲覧。 
  144. ^ “【フィギュア】22年度強化選手発表 特別指定は羽生結弦、宇野昌磨、坂本花織ら12名/一覧”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2022年4月21日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202204210000330.html 2022年5月5日閲覧。 
  145. ^ 令和4年度強化選手 フィギュアスケート”. 公益財団法人日本スケート連盟. 2022年5月5日閲覧。
  146. ^ “22年GPシリーズアサイン発表 日本選手エントリー一覧”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2022年7月23日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/07/22/kiji/20220723s00079000004000c.html 2022年7月23日閲覧。 
  147. ^ ISU Grand Prix of Figure Skating 2022/23 Entries Men 2022/23”. ISU - International Skating Union. 2022年7月22日閲覧。
  148. ^ “【フィギュア】 友野一希、全ジャンプ失敗響きSP11位 表現面では高評価/ネーベルホルン杯”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2022年9月23日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202209230000002.html 2022年9月24日閲覧。 
  149. ^ “友野一希はSP11位 フィギュアのネーベルホルン杯”. 日経電子版 (日本経済新聞社). (2022年9月23日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOKC230DT0T20C22A9000000/ 2022年9月24日閲覧。 
  150. ^ “友野一希、SP11位 ネーベルホルン杯/フィギュア”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2022年9月23日). https://www.sanspo.com/article/20220923-AVXVZL5ONFK6LLUBKT6RCXL6AM/ 2022年9月24日閲覧。 
  151. ^ “【フィギュア】友野一希が今季国際大会初戦で4位、キーガン・メッシングV ネーベルホルン杯”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2022年9月24日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202209240000044.html 2022年9月24日閲覧。 
  152. ^ “友野一希は巻き返し4位 フィギュアスケート・ネーベルホルン杯”. デジタル毎日 (毎日新聞社). (2022年9月24日). https://mainichi.jp/articles/20220924/k00/00m/050/032000c 2022年9月24日閲覧。 
  153. ^ “【フィギュア】友野一希SP2位発進「積んできた練習だけを信じてやれました」大歓声も”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2022年11月5日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202211050000018.html 2022年11月17日閲覧。 
  154. ^ “友野一希はフランス杯3位 「これが今の実力。ちょっと悔しさも」【フィギュア】”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ (中日新聞社). (2022年11月6日). https://www.chunichi.co.jp/article/576918 2022年11月17日閲覧。 
  155. ^ “山本草太は2位 友野一希は3位、シャオ・イム・ファがV GPフランス大会”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2022年11月6日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/11/05/kiji/20221106s00079000201000c.html 2022年11月17日閲覧。 
  156. ^ “【フィギュア】友野一希がSP85・07点、序盤4回転サルコーで転倒も攻めの演技 NHK杯”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2022年11月18日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202211180001487.html 2022年11月23日閲覧。 
  157. ^ “【フィギュア】宇野昌磨が逆転V、山本草太2位、友野一希4位/NHK杯男子フリー詳細”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2022年11月19日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202211180001536.html 2022年11月23日閲覧。 
  158. ^ “友野一希は前半のジャンプ失敗が響き4位【フィギュアNHK杯】”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ (中日新聞社). (2022年11月19日). https://www.chunichi.co.jp/article/585499 2022年11月23日閲覧。 
  159. ^ “友野一希 4位も前向く「今まで自分の弱さと向き合ってきたけど」強気を宣言”. デイリースポーツオンライン (デイリースポーツ). (2022年11月19日). https://www.daily.co.jp/general/2022/11/19/0015823418.shtml 2022年11月24日閲覧。 
  160. ^ “【フィギュア】友野一希SP85.43で4位発進 冒頭4回転転倒「脱・代打の神様」へ悔しさ”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2022年12月23日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202212230001264.html 2022年12月25日閲覧。 
  161. ^ “友野一希「殻をしっかり破れるように」 4位発進、世界選手権自力切符で「脱代打」だ”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2022年12月23日). https://hochi.news/articles/20221223-OHT1T51190.html?page=1 2022年12月25日閲覧。 
  162. ^ “【フィギュア】脱・代打の神様!友野一希初の3位で表彰台 指揮者を演じ切り250.84”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2022年12月25日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202212250001351.html 2022年12月25日閲覧。 
  163. ^ “友野一希“10度目の正直”で初表彰台…フィギュアスケートは「究極の自己満足」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2022年12月25日). https://hochi.news/articles/20221225-OHT1T51208.html?page=1 2022年12月25日閲覧。 
  164. ^ “【フィギュア】世界選手権代表発表 男子宇野、山本、友野 女子坂本、三原、渡辺 かなだいも”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2022年12月25日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202212250001474.html 2022年12月25日閲覧。 
  165. ^ “友野一希「このチャンスをいかしたい」 脱代打! 初の自力世界選手権切符”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2022年12月25日). https://hochi.news/articles/20221225-OHT1T51242.html?page=1 2022年12月25日閲覧。 
  166. ^ a b MEN SHORT PROGRAM JUDGES DETAILS PER SKATER”. ISU - International Skating Union. 2023年3月26日閲覧。
  167. ^ “友野一希は92.68点「楽しさ半分悔しさ半分、100点いけた」山本草太はミス続き得点伸びず”. デイリースポーツオンライン (デイリースポーツ). (2023年3月23日). https://www.daily.co.jp/general/2023/03/23/0016172670.shtml 2023年3月26日閲覧。 
  168. ^ “【フィギュア】友野一希フリー自己ベスト更新!合計273.41点 キスクラではやり切った表情”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2023年3月26日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202303250001637.html 2023年3月26日閲覧。 
  169. ^ “SP7位友野一希フリーにスタンディングオベーション…自己ベスト273・41点 小さくガッツポーズ【フィギュア世界選手権】”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ (中日新聞社). (2023年3月25日). https://www.chunichi.co.jp/article/660346 2023年3月26日閲覧。 
  170. ^ a b “【フィギュア】友野一希WBCに刺激「僕たちも日本中を盛り上げられたら」世界国別対抗戦初出場”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2023年3月27日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202303270000705.html 2023年3月28日閲覧。 
  171. ^ “フィギュア世界国別対抗戦に宇野、坂本、りくりゅう、かなだいら出場決定”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2023年3月27日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2023/03/27/kiji/20230327s00079000406000c.html 2023年3月28日閲覧。 
  172. ^ “友野一希、89・36点で7位「フリーのサルコーはしっかり決めたい」…国別対抗戦男子SP”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2023年4月13日). https://hochi.news/articles/20230413-OHT1T51240.html?page=1 2023年4月18日閲覧。 
  173. ^ “友野一希は男子フリー164.45点で9位【フィギュアスケート世界国別対抗戦】”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ (中日新聞社). (2023年4月15日). https://www.chunichi.co.jp/article/673178 2023年4月18日閲覧。 
  174. ^ “友野一希は猛省9位「自分の力をもっともっと上げていかないと」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2023年4月15日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2023/04/15/kiji/20230415s00079000467000c.html 2023年4月18日閲覧。 
  175. ^ “友野一希「来季はガンガン、メダルを取っていきたい」 エキシビションで3回転半ジャンプ2本成功”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2023年4月16日). https://hochi.news/articles/20230416-OHT1T51191.html?page=1 2023年4月18日閲覧。 
  176. ^ 令和5年度強化選手 フィギュアスケート”. 公益財団法人日本スケート連盟. 2023年4月30日閲覧。
  177. ^ “フィギュア特別強化選手に宇野昌磨、坂本花織、ペア“りくりゅう”ら”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2023年4月26日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2023/04/26/kiji/20230426s00079000257000c.html 2023年4月30日閲覧。 
  178. ^ 日本スケート連盟 #フィギュアスケート の令和5年度強化指定選手に #友野一希 選手が選ばれました😆🙌✨ 堺市スポーツ部@sakai_sports”. Twitter. 2023年4月30日閲覧。
  179. ^ 友野一希連載【 #トモノのモノ語り。】vol.23「2023-24シーズン開幕インタビュー」<フィギュアスケート男子>”. 集英社. 2023年7月9日閲覧。
  180. ^ “【フィギュア】友野一希が今季初戦SPで昨季のベスト超え、島田高志郎は3位 ネーベルホルン杯”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2023年9月22日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202309220000241.html 2023年9月23日閲覧。 
  181. ^ “友野一希はSP2位、島田高志郎3位 フィギュアのネーベルホルン杯”. 産経ニュース (産経新聞社). (2023年9月22日). https://www.sankei.com/article/20230922-P2JTYMZFFNPIBDLNKHXEWL6LUA/ 2023年9月23日閲覧。 
  182. ^ “【フィギュア】友野一希フリー4回転2本決めて今季初戦2位 島田高志郎3位/ネーベルホルン杯”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2023年9月22日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202309220001709.html 2023年9月23日閲覧。 
  183. ^ “友野一希2位、島田高志郎は3位/フィギュア”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2023年9月22日). https://www.sanspo.com/article/20230922-7WVT7IKYBRJMNOZ2T5N2BVAFZM/ 2023年9月23日閲覧。 
  184. ^ “友野一希、フリー4回転3本構成で177・72点「みんなの演技に支えられた」…フィギュア・ジャパンオープン”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2023年10月7日). https://hochi.news/articles/20231007-OHT1T51179.html?page=1 2023年10月24日閲覧。 
  185. ^ “友野一希&島田高志郎もV貢献「みんなの演技に支えられた」「何とか耐えることができた」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2023年10月7日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2023/10/07/kiji/20231007s00079000359000c.html 2023年10月24日閲覧。 
  186. ^ “友野一希「状態はマックスではなかったが、ミスを最小限に」 7・93点差3位”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2023年10月28日). https://hochi.news/articles/20231028-OHT1T51136.html?page=1 2023年10月29日閲覧。 
  187. ^ “【フィギュア】友野一希SP3位「状態がMAXではなかったけど…」首位山本草太と7・93点差”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2023年10月28日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202310280000463.html 2023年10月29日閲覧。 
  188. ^ “【フィギュア】友野一希4位「まとめたがそれ以上が見えない」表彰台まで0.89点届かず”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2023年10月29日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202310290000734.html 2023年10月29日閲覧。 
  189. ^ “【フィギュア】友野一希は2回目の中国での試合でSP80.50点 ジャンプにミス続く”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2023年11月10日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202311100001663.html 2023年11月14日閲覧。 
  190. ^ “【フィギュア】友野一希251.95点「決めれるところはしっかり決めたかったな」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2023年11月11日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202311110001524.html 2023年11月14日閲覧。 
  191. ^ “友野一希&山本草太は決意の再出発「今できることに全力を」「もう少し安定した強い自分に」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2023年11月12日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2023/11/12/kiji/20231112s00079000451000c.html 2023年11月14日閲覧。 
  192. ^ 織田信成はSP3位発進【フィギュア・国民スポーツ大会】”. gooニュース. 2024年1月30日閲覧。
  193. ^ 友野一希「このまま終わりたくなかった」 SP6位から大逆転V”. スポーツ報知 (2024年1月30日). 2024年1月30日閲覧。
  194. ^ 友野一希がSP6位から逆転V 織田信成は3位表彰台 国スポ成年男子 - スポニチ Sponichi Annex スポーツ”. スポニチ Sponichi Annex. 2024年1月30日閲覧。
  195. ^ “友野、世界の表彰台目標 試合重ねるごとに成長”. 京都新聞 (京都新聞社). (2018年4月14日). https://web.archive.org/web/20190321211818/https://www.kyoto-np.co.jp/sports/article/20180414000086 
  196. ^ “5位躍進の友野 4回転の種類増やす「上を目指せる」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年3月26日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/03/26/kiji/20180326s00079000074000c.html 2018年5月3日閲覧。 
  197. ^ “友野一希 結果には一定の満足もトップレベルとの差実感「今の自分の限界を分かってしまった」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年3月27日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/03/27/kiji/20180327s00079000241000c.html 2018年5月3日閲覧。 
  198. ^ “友野一希V「試合で初めて跳べた」4回転トーループ”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2019年8月12日). https://www.nikkansports.com/sports/news/201908120000527.html 2020年1月5日閲覧。 
  199. ^ “友野一希は失敗しても失敗しても4回転ループに挑戦”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年7月21日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/07/21/kiji/20200721s00079000283000c.html 2020年9月27日閲覧。 
  200. ^ “友野一希4回転ループ着氷 練習終盤で精度高める”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2020年2月4日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202002040000407.html 2020年9月27日閲覧。 
  201. ^ “【友野一希選手独占インタビュー】「僕は諦めたことがない」努力と覚悟の先に切り拓いた新しいステージ。輝きを放ったシーズンを振り返る【フィギュアスケート男子】”. non-no Web (集英社). (2022年4月23日). https://nonno.hpplus.jp/article/85443 2022年5月4日閲覧。 
  202. ^ “友野一希、前向きに総括「大きな成長」/フィギュア”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2023年3月26日). https://www.sanspo.com/article/20230326-NDGLGYKF3FMIHI5ED2O4266KAM/ 2023年4月30日閲覧。 
  203. ^ ISU GP 2019 SkateAmerica MEN SHORT PROGRAM JUDGES DETAILS PER SKATER”. ISU - International Skating Union. 2019年10月24日閲覧。
  204. ^ ISU GP 2019 SkateAmerica MEN FREE SKATING JUDGES DETAILS PER SKATER”. ISU - International Skating Union. 2019年10月24日閲覧。
  205. ^ “友野一希、備わった落ち着き 「自分を見ながら試合」 NHK杯”. デジタル毎日 (毎日新聞社). (2022年11月19日). https://mainichi.jp/articles/20221118/k00/00m/050/308000c 2022年12月1日閲覧。 
  206. ^ 友野一希/浪速のエンターテイナーのプロフィールやプログラムまとめ【フィギュアスケート男子】”. non-no Web. 集英社 (2022年12月1日). 2022年9月16日閲覧。
  207. ^ “友野一希がGPロシア大会で「悔しい」3位 観客惹き込む「浪花のエンターテイナー」の魅力”. AERA dot. (朝日新聞出版). (2021年11月28日). https://dot.asahi.com/articles/-/62914?page=1 2022年12月1日閲覧。 
  208. ^ 歌子の部屋番外編 友野一希選手インタビュー”. フジテレビ. 2022年4月10日閲覧。
  209. ^ “友野一希は“観客を置いてけぼりにしない演技”で最後まで諦めない。「大逆転があるかないか」北京五輪代表へ”. FNNプライムオンライン (フジニュースネットワーク). (2021年12月21日). https://www.fnn.jp/articles/-/287546 2022年4月3日閲覧。 
  210. ^ “フィギュア、今季GPは得点非公認 変則開催で”. 日本経済新聞. (2020年10月27日). https://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK20048_X21C20A0000000/ 2021年9月7日閲覧。 
  211. ^ 友野一希連載【 #トモノのモノ語り。】vol.21「初めて尽くしの休日&新プログラムの振付」<フィギュアスケート男子>”. non-no Web. 集英社 (2023年5月24日). 2023年5月23日閲覧。
  212. ^ Kazuki Tomono - SP Misha Ge”. Instagram. 2022年5月23日閲覧。
  213. ^ Kazuki Tomono - FS Misha Ge”. Instagram. 2022年5月29日閲覧。
  214. ^ “友野一希「さらに進化を」SPとフリーは昨季継続”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2020年7月21日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202007210000378.html 2020年9月27日閲覧。 
  215. ^ “友野一希は来季フリー「ムーラン・ルージュ」を披露”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年6月28日). https://hochi.news/articles/20190628-OHT1T50219.html 2019年7月1日閲覧。 
  216. ^ “友野一希 今季のSP「ニューシネマパラダイス」初披露「愛をテーマに演じたい」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年7月6日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/07/06/kiji/20180706s00079000351000c.html 2018年7月7日閲覧。 
  217. ^ “「中途半端な人間にはなりたくない」友野一希を変えたスケート人生の転機”. スポーツナビ (Yahoo Japan). (2018年5月16日). https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201805150003-spnavi?p=2 2018年5月21日閲覧。 
  218. ^ 「木下グループpresents STARS ON ICE JAPAN TOUR 2022」八戸公演中止のご案内”. 木下グループ presents STARS ON ICE JAPAN TOUR 2022. 2022年7月3日閲覧。
  219. ^ a b c スターズ・オン・アイス2022 出演スケーター”. 木下グループ presents STARS ON ICE JAPAN TOUR 2022. 2022年6月26日閲覧。
  220. ^ “友野一希、「ニューシネマパラダイス」披露 4回転サルコーなど着氷…スターズ・オン・アイス”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2022年4月2日). https://hochi.news/articles/20220402-OHT1T51070.html?page=1 2022年6月26日閲覧。 
  221. ^ a b スターズ・オン・アイス2021 出演スケーター”. STARS ON ICE JAPAN TOUR 2021 - スターズ・オン・アイス. 2022年6月26日閲覧。
  222. ^ スターズ・オン・アイス2017 出演者”. 木下グループpresents スターズ・オン・アイス2017. 2022年6月26日閲覧。
  223. ^ “友野一希、引退表明の本郷理華さんとのコラボ演技を披露”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2021年8月1日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202108010000034.html 2022年6月5日閲覧。 
  224. ^ プリンスアイスワールド2023-2024 横浜公演『A NEW PROGRESS (新たなる前進)~BROADWAY CLASSICS~』ブロードウェイミュージックの名曲で綴った氷上のエンターテインメント“ミュージカル・オン・アイス”ヘ”. PR TIMES. 2023年3月5日閲覧。
  225. ^ “「プリンスアイスワールド2022-2023東京公演」ゲストに日本を代表するトップスケーター総勢14名が決定!”. プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES (PR TIMES). (2022年6月1日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000099545.html 2022年6月26日閲覧。 
  226. ^ “友野一希の「ニューシネマパラダイス」にスタンディングオベーション”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2022年4月29日). https://hochi.news/articles/20220429-OHT1T51083.html?page=1 2022年6月26日閲覧。 
  227. ^ “エキシビションが海外でも評判の友野一希 ヤングサラリーマンを表現、この日の“東京勤務”もノリノリ【プリンスアイスワールド】”. 東京中日スポーツ (中日新聞社). (2022年2月25日). https://www.chunichi.co.jp/article/424620 2022年6月26日閲覧。 
  228. ^ プリンスアイスワールド2019-2020 Brand New Story 東京公演”. ローソンチケット. 2022年6月25日閲覧。
  229. ^ 「プリンスアイスワールド2019-2020〜Brand New Story〜」横浜公演に本田真凜・望結・紗来3姉妹のゲスト出演が決定”. music.jpニュース. 2022年6月25日閲覧。
  230. ^ ドリーム・オン・アイス2023 出演予定選手”. ドリーム・オン・アイス2023実行委員会. 2023年4月18日閲覧。
  231. ^ “友野一希“リーマン姿”でアイスショー 黒スーツに革かばん 働く男の悲哀表現”. デイリースポーツオンライン (デイリースポーツ). (2021年10月2日). https://www.daily.co.jp/general/2021/10/02/0014728551.shtml 2022年6月26日閲覧。 
  232. ^ 2023年名古屋フィギュアスケートフェスティバル 出演予定選手”. 名古屋フィギュアスケートフェスティバル - 中日新聞Web. 2022年12月28日閲覧。
  233. ^ a b c 名古屋フィギュアスケートフェスティバル 過去の大会”. 名古屋フィギュアスケートフェスティバル - 中日新聞Web. 2022年6月26日閲覧。
  234. ^ アイスエクスプロージョン2023 出演者(予定)”. ICE EXPLOSION 2023 アイスエクスプロージョン2023. 2023年1月9日閲覧。
  235. ^ CAST”. 『ワンピース・オン・アイス』公式サイト. 2023年4月30日閲覧。
  236. ^ “【フィギュア】ワンピース・オン・アイス チョッパーは渡辺倫果、ビビ本田真凜、ルフィ宇野昌磨”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2023年4月29日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202304290000337.html 2023年4月30日閲覧。 
  237. ^ “【ワンピース・オン・アイス】ウソップ役は織田信成、チョッパー役は渡辺倫果、ビビ役は本田真凜、コーザ役は友野一希。出演者第3弾が発表”. ファミ通.com (KADOKAWA Game Linkage). (2023年4月29日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202304290000337.html 2023年4月30日閲覧。 
  238. ^ ファンタジー・オン・アイス2023 Skaters 宮城出演”. ファンタジー・オン・アイス 公式サイト. 2023年5月11日閲覧。
  239. ^ ファンタジー・オン・アイス2023 Skaters 幕張出演”. ファンタジー・オン・アイス 公式サイト. 2023年5月11日閲覧。
  240. ^ フィギュアスケーター友野一希連載【 #トモノのモノ語り。】vol.1<フィギュアスケート男子>”. non-no Web. 集英社 (2022年6月15日). 2022年6月15日閲覧。
  241. ^ “<新連載>フィギュアスケーター・友野一希さんの新連載スタート! 友野一希「スケートときどきサウナ」ー第1回 ー”. SAUNA BROS.WEB (東京ニュース通信社). (2022年9月15日). https://saunabrosweb.jp/regular_tomonokazuki_tokidokisauna_1_/2022/09/15/ 2022年12月28日閲覧。 
  242. ^ “<連載> 友野一希「スケートときどきサウナ」ー第2回ー「魔法のアイテム」と「最高の場所」”. SAUNA BROS.WEB (東京ニュース通信社). (2022年10月15日). https://saunabrosweb.jp/regular_tomonokazuki_tokidokisauna2_/2022/10/15/ 2022年12月28日閲覧。 
  243. ^ “<連載> 友野一希「スケートときどきサウナ」-第3回/サウナと季節と…オノマトペ(!?)-”. SAUNA BROS.WEB (東京ニュース通信社). (2022年11月15日). https://saunabrosweb.jp/tomonokazuki_tokidokisauna_3_/2022/11/15/ 2022年12月28日閲覧。 
  244. ^ “<連載>友野一希「スケートときどきサウナ」-第4回/「2022年の一文字」は……サウナも大きく関係してました!”. SAUNA BROS.WEB (東京ニュース通信社). (2022年12月15日). https://saunabrosweb.jp/regular_tomonokazuki_4_tokidokisauna_/2022/12/15/ 2022年12月28日閲覧。 
  245. ^ “毎日新聞 Fun!フィギュア 友野一希「素直に 笑顔に 幸せに」”. 毎日新聞社. https://mainichi.jp/figureskate/fun/tomonokazuki-column/ 2023年5月15日閲覧。 
  246. ^ “ご縁がありスポーツコンディショニングメーカーのSEVさんからサポートをしていただくことになりました。”. k0515ki kazuki tomono (Instagram). (2019年4月19日). https://www.instagram.com/p/BwcOOLxH6rm/ 2023年4月23日閲覧。 
  247. ^ “【 SEVスポーツインフォメーション】「フィギュアスケーター:友野一希選手」”. SEV SPORTS (Facebook). (2019年7月1日). https://www.facebook.com/SEVSPORTS/photos/a.206897912714546/3004672552937054/?type=3 2023年4月23日閲覧。 
  248. ^ (株)コラントッテが友野一希選手(フィギュアスケート)とアドバイザリー契約を締結”. 株式会社コラントッテ (2023年2月2日). 2023年2月2日閲覧。

外部リンク

[編集]