藤森美恵子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Pix.gif 藤森 美恵子
Mieko FUJIMORI
Figure skating pictogram.svg
基本情報
代表国: 日本の旗 日本
没年月日: 2017年2月14日(満77歳)
出生地: 東京都

藤森 美恵子(ふじもり みえこ、旧姓:大岩、1939年もしくは1940年 - 2017年2月14日[1])は、日本の元フィギュアスケート選手(ペアスケーティングアイスダンス)。審判。夫は元日本スケート連盟会長代行の藤森光三。

全日本フィギュアスケート選手権ペア優勝。世界フィギュアスケート選手権ペア日本代表。

経歴[編集]

1960年、小野長久とアイスダンスのカップルを組み全日本選手権で3位となる。1961年道家豊とカップルを組み直し、出場した全日本選手権でも3位となった。

1962年から1963年は道家豊と組んでペアに出場し全日本選手権で優勝。1962年の世界フィギュアスケート選手権には、日本人としては初めてペアに出場し、13位となった。

近年はJ SPORTSで解説を務めていた[2]

主な戦績[編集]

  • 1959年-1960年までは小野長久とアイスダンス。
  • 1960年-1961年は道家豊とアイスダンス。
  • 1961年-1962年以降は道家豊とペアスケーティング。
大会/年 1959-60 1960-61 1961-62 1962-63
世界選手権 13
全日本選手権 3 3 1 1

脚注[編集]

  1. ^ “元世界選手権ペア代表・藤森美恵子さんが死去”. サンケイスポーツ. (2017年2月15日). http://www.sanspo.com/sports/news/20170215/fgr17021505000001-n1.html 2017年2月15日閲覧。 
  2. ^ J SPORTS|素晴らしきスケーターの系譜 解説者プロフィール

関連項目[編集]