下平澄子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

下平 澄子(しもだいら すみこ)は、日本フィギュアスケート選手(ペアスケーティング)。パートナーは小林正水。1956年、1957年全日本フィギュアスケート選手権2連覇。

経歴[編集]

1956年小林正水とカップルを組み出場した全日本選手権で優勝し、史上2組目のチャンピオンとなる。1957年、全日本選手権でペア競技史上初の2連覇を果たす[1]

1958年、全日本選手権で大岩洋子/垣田一彦組に続いて2位となる。

主な戦績[編集]

大会/年 1956-57 1957-58 1958-59
全日本選手権 1 1 2

脚注[編集]

  1. ^ 日本スケート連盟 フィギュア記録 ペア