キンカン (薬品)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

キンカンは、株式会社金冠堂が製造販売元の液体外用薬である。第2類医薬品である。

キンカン55ml

概要[編集]

キンカンは、アンモニア水l-メントール等を有効成分とする。2014年現在では「虫さされ、肩こりに、キンカン」のキャッチフレーズで知られ、虫刺されの薬として認知されているが、発売当初は火傷の効能がメインであった。キンカンの発明者である山﨑栄二が自ら腕に熱湯をかけ、そこにすかさずキンカンを塗るという実演販売で日本全国を回り、販売促進に努めた。山崎の身体を張った販促活動の甲斐もあって1930年に発売されてから長年、一般家庭に広く浸透している大衆薬の1つになっている。

キンカンの効能は火傷の他に「肩こり、腰痛神経痛リウマチ打ち身しもやけ水虫虫刺され切り傷」といったように幅広いものがあり、かつては万能外用薬という名前を冠していた。しかし、1976年厚生省の指導による再評価によって多くの効能が削られ、再評価後は「虫さされ、かゆみ止め、肩のこり、腰の痛み、神経痛、うちみ、捻挫」に限定された。時期は不明だが、「神経痛」の項目も削られ、2014年現在では「虫さされ、かゆみ、肩こり、腰痛、打撲、捻挫」だけになっている。

この薬を塗ると清涼感があるのは、アンモニアの吸熱やメントール気化による冷却によるものであり、この2つの物質によって独特の刺激臭も形成されている。また、アンモニアが含まれているため、傷口やかぶれ、粘膜部には使用してはいけない。

2009年6月の薬事法改正により第2類医薬品となったが、テレビCMの親子編(出演:グッチ祐三)の途中から「使用上の注意をよく読んで正しくお使い下さい」の表示テロップがなくなった。しかし、ラジオCMでは「使用上の注意をよく読んでお使い下さい」というナレーションが放送される場合がある。

2013年4月に台湾での発売を開始した。パッケージは日本仕様に準じるが、「キンカン」の上に漢字表記の「金冠」が追加される[1]

製品の種類[編集]

2016年現在、キンカンは下記の製品に分類されている。

  • キンカン(15mL,55mL,120mL) - 金冠堂が旧社名ロゴを用いていた当時は、50mlも存在していた。15mLは2010年3月に「キンカンmini」の発売5周年を記念した「キンカンmini」1本入りとして「キンカン プリスターパック」として発売され、キャップの色は通常の「キンカン」と同じく白である。翌年の2011年3月に「キンカン」のサイズバリエーション品としてリニューアルされ、通年製品化した。
  • ぷちキンカン(15mL) - 2013年2月発売。女性向けにパッケージやラベルデザインを変更した製品で、中身はキンカンそのものであり、キャップの色はピンクである。2015年2月にボトルに装着して使用するピンクのシリコンケースが同梱されリニューアルした。

競合製品[編集]

注釈[編集]

  1. ^ “「キンカン」台湾初上陸!発売開始!” (プレスリリース), 株式会社キンカン, (2013年4月1日), http://www.kinkan.co.jp/news/news2013/taiwan2013/ 2016年4月25日閲覧。 

外部リンク[編集]