リオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
リオン株式会社
RION CO., LTD.
Rion logo png.png
Rion Head Office jpg.jpg
リオン本社
種類 株式会社
市場情報
略称 リオン / RION
本社所在地 日本の旗 日本
185-8533
東京都国分寺市東元町三丁目20番41号
設立 1944年6月21日
業種 電気機器
法人番号 1012401002696
事業内容 補聴器、医用検査機器、音響・振動計測器、微粒子計測器の製造販売
代表者 清水 健一(代表取締役社長)
資本金 20億1,461万円
(2018年3月31日現在)
売上高 203億5,034万円
(2018年3月期/連結)
総資産 277億9,950万円
(2018年3月31日現在/連結)
従業員数 831人
(2017年3月31日現在/連結)
決算期 毎年3月31日
主要株主 一般社団法人小林理学研究所 25.46%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 5.19%
リオン取引先持株会 4.51%
SKANDINABISDKA ENSUKILDA BANKEN AB 3.20%
(2017年3月31日現在)
主要子会社 リオン金属工業 100%
九州リオン 100%
東日本リオン 100%
リオンサービスセンター 100%
リオンテクノ 100%
東海リオン 90%
上海理音科技有限公司 100%
外部リンク http://www.rion.co.jp/
テンプレートを表示

リオン株式会社: RION Co., Ltd.)は、東京都国分寺市に本社を置く、日本の電気機器メーカー。国内補聴器業界最大手。

概要[編集]

物理学・音響学の研究を目的とする小林理学研究所の研究成果を製品化するため、1944年に株式会社小林理研製作所として設立。1960年に社名を現在のリオン株式会社に改める。社名のリオンとは、理学の「理」と音響の「音」を組み合わせた造語で、理学に基づいた音響とそれに関連した分野への開拓を目指す意味が込められている。

設立当初はマイクロホンレコードピックアップに用いられる圧電素子ロッシェル塩」の生産を行っていたが、1948年に日本初の量産型補聴器を発売。その後、医療用や産業用の計測器を中心に事業を拡大し、現在は医療機器と環境機器の2つの事業を展開する。

医療機器事業では、主力製品であるリオネット補聴器のほか、聴力検査に用いられるオージオメータ(聴力検査器)や聴力検査室など、耳鼻咽喉科領域を中心に各種医療機器を生産。環境機器事業では、環境騒音等を測定する騒音計、設備診断等に用いられる振動計のほか、電子デバイス工場等の清浄度管理に使用するパーティクルカウンタ(微粒子計)などの製品を生産している。 主要な製品(補聴器、耳鼻科領域の医用検査機器、騒音計、振動計、微粒子計)は、それぞれニッチな市場ではあるが、すべて国内トップシェア。

企業理念は「リオンは すべての行動を通して 人へ社会へ世界へ貢献する」。

トップメッセージ

沿革[編集]

  • 1944年 - 株式会社小林理研製作所(現・リオン)を設立。
  • 1946年 - ロッシェル塩の圧電振動子を使用したマイクロホン及びピックアップを発売。
  • 1948年 - 日本初の量産型補聴器を発売。
  • 1952年 - オージオメータ(聴力検査器)を発売。
  • 1955年 - 騒音計を発売。
  • 1960年 - リオン株式会社に社名変更。
  • 1964年 - 耳かけ型補聴器を発売。
  • 1965年 - 振動計を発売。
  • 1970年 - 世界初のデジタル騒音計を発売。
  • 1977年 - 気中微粒子計を発売。
  • 1980年 - 地震計を発売。
  • 1984年 - オーダーメイド補聴器を発売。
  • 1984年 - 日本初の液中微粒子計を発売。
  • 1986年 - 世界初の防水耳かけ型補聴器を発売。
  • 1991年 - 世界初のデジタル補聴器を発売。
  • 1996年 - 株式を店頭公開。
  • 2000年 - 東証二部に上場。
  • 2005年 - 世界初の防水型オーダーメイド補聴器を発売。
  • 2006年 - 補聴器の累計出荷台数600万台を達成。
  • 2011年 - 東証一部銘柄に指定。
  • 2012年 - 上海理音商貿公司(非連結子会社)を中国に設立。
  • 2015年 - 上海理音科技有限公司(元上海理音商貿有限公司)を中国に設立。
  • 2017年 - 世界初 軟骨伝導補聴器を発売
  • 2018年 - 東日本リオン株式会社(連結子会社)を設立。(関東リオンと東京リオネット販売を合併)

主要製品[編集]

  • リオネット補聴器・関連機器
    • オーダーメイド補聴器
    • 既製耳あな型補聴器
    • 耳かけ型補聴器
    • ポケット型補聴器
    • 軟骨伝導補聴器
    • 難聴者訓練用機器
    • 難聴者生活用関連機器
    • 補聴器試験測定装置
  • 医用検査機器
    • オージオメータ
    • インピーダンスオージオメータ
    • 耳管機能検査装置
    • 眼振計
    • 聴力検査室
    • 耳音響放射装置
    • 誘発反応検査装置
  • 音響・振動計測器
  • 微粒子計測器
    • 気中パーティクルカウンタ
    • 液中パーティクルカウンタ
    • 生物粒子計数器


提供テレビ番組(リオネット補聴器名義)[編集]

外部リンク[編集]