本田真凜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Pix.gif 本田 真凜
Marin HONDA
Figure skating pictogram.svg
Photos – Junior World Championships 2017 – Ladies Marin HONDA JPN – Silver Medal (21).jpg
2017 世界Jr.選手権
基本情報
代表国: 日本の旗 日本
生年月日: (2001-08-21) 2001年8月21日(16歳)
出生地: 京都府京都市伏見区
身長: 162cm[1]
コーチ: ラファエル・アルトゥニアン
元コーチ: 濱田美栄
田村岳斗
振付師: マリナ・ズエワ
デヴィッド・ウィルソン
ジェフリー・バトル
元振付師: トム・ディクソン
キャシー・リード
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 201.61 2017 世界Jr.選手権
ショートプログラム: 68.35 2017 世界Jr.選手権
フリースケーティング: 133.26 2017 世界Jr.選手権
 
獲得メダル
フィギュアスケート
世界ジュニア選手権
2016 デブレツェン 女子シングル
2017 台北 女子シングル
ジュニアグランプリファイナル
2015 バルセロナ 女子シングル

本田 真凜(ほんだ まりん、英語: Marin Honda, 2001年8月21日 - )は、日本フィギュアスケート選手(女子シングル)。2016年世界ジュニアフィギュアスケート選手権優勝。2015年ジュニアグランプリファイナル3位。

人物[編集]

京都府京都市伏見区出身。血液型はA型[2]

2歳でスケートを始め、他にアイスホッケー水泳体操テニスピアノ、絵画教室を掛け持ちしていた[3]

七田チャイルドアカデミー[4]及び公文式卒業生。このうち前者は妹の望結と紗来の出身アカデミーでもある。

関西大学初等部および同中等部卒業。関西大学高等部1年次修了後に、練習拠点をアメリカへ移すとともに青森山田高等学校普通科スポーツコース2年次へ編入学[5][6]

1番好きな選手や憧れ、尊敬している選手は荒川静香[7][8]トリノオリンピックの荒川静香の演技を観て、オリンピックを目指す様になった。

5人兄弟の次女(3番目)で、一般人の姉と兄の太一、そして望結紗来の2人の妹がいる[9]。兄の太一、三女の望結、四女の紗来もフィギュアスケーターであり、妹の望結、紗来は子役としても活動している。また、望結、紗来と共にオスカープロモーションに所属している。2017年、妹の望結(読売中高生新聞担当)、紗来(読売KODOMO新聞担当)とともに、読売新聞PR活動を担う「読売新聞アンバサダー」の読売新聞担当に就任した[10]

卓球選手の伊藤美誠と仲が良く、休みの日には良く二人で遊びに出かけている[11]将棋棋士藤井聡太のファンで、過去に受けたフジテレビの取材で「(藤井と)友達になりたい」と述べた[11]

経歴[編集]

ノービス時代[編集]

2011年、全日本ノービス選手権(ノービスB) に初出場し2位となる。これによりノービス強化選手に指定され、翌2012年3月、初の海外公式戦であるチャレンジカップデブスクラス(ノービス未満)に出場し優勝。

2012年、全日本ノービス選手権(ノービスB)では歴代最高得点をマークして優勝。2013年トリグラフ杯ノービスクラスに出場し優勝する。2013年世界国別対抗戦には開催国の招待選手としてエキシビションに参加した。

2013-14シーズンより日本スケート連盟のフィギュアスケート強化選手に初めて選ばれる。2013年アジアフィギュア杯2014年プランタン杯のノービスクラスではそれぞれ2位に入賞。同シーズンの全日本ノービス選手権(ノービスA)では3位となり、全日本ジュニア選手権ではショート13位からフリーで2位と大逆転し、総合5位に入る[12]

2014-15シーズン、2014年アジアフィギュア杯のノービスクラスで3位入賞、2015年ババリアンオープンのノービスクラスでは優勝する。2014年NHK杯のエキシビションに開催国の招待選手として参加。同年の全日本ノービス選手権(ノービスA)では青木祐奈に次いで2位となり、全日本ジュニア選手権ではショート7位からフリー2位につけ総合4位に入る[12]。2014年12月18日、ステファン・ランビエールがプロディースして開催された日本・スイス国交樹立150周年記念アイスショー「アイス・レジェンド」に、未来を担うスケーターとして島田高志郎と共に参加[13]

ジュニア時代[編集]

2015-2016シーズン[編集]

2015-16シーズン、初戦の2015年アジアフィギュア杯ではジュニアクラスに出場し、青木祐奈に次いで2位に入る。ISUジュニアグランプリシリーズに初参戦し、JGPコロラドスプリングスではショートで首位に立ち、フリーではミスが出て4位だったものの総合では白岩優奈に次いで2位に入った。JGPクロアチア杯ではショート3位からフリーでは1位となり逆転優勝し、ジュニアグランプリファイナル進出を決めた。全日本ジュニア選手権では6位となる。ジュニアグランプリファイナルでは銅メダルを獲得した。初出場となった全日本選手権では総合9位となり、この結果、2016年世界ジュニア選手権の代表に初選出された。

2016年世界ジュニア選手権ではショート、フリーともに自己ベストを大きく更新し、初出場ながら優勝を達成した。日本が女子シングルで世界ジュニア選手権を制したのは2010年の村上佳菜子以来6年ぶりであり[14]、ジュニア1年目で世界ジュニア選手権優勝は2013年のエレーナ・ラジオノワ以来3年ぶりであった。

2016-2017シーズン[編集]

2016-17シーズン、初戦の2016年アジアフィギュア杯のジュニアクラスで優勝。JGP横浜JGPリュブリャナ杯でともに2位となり、2年連続のJGPファイナル進出を決める。* 4度目の出場となった全日本ジュニア選手権ではショートで2位に付けたものの、フリーでは精彩を欠き6位となったが、自身初の表彰台となる3位となった。

2016年11月21日、日本航空とスポンサー契約を締結した事が発表される[15]

2016年12月9日、2度目の出場となったジュニアグランプリファイナルでは優勝候補であったが[16]、開催地への移動中に体調を崩し、会場での初日公式練習には参加したものの、ショートプログラム当日にインフルエンザの感染が判明した為棄権となった[16]。2度目の出場となった全日本選手権では総合4位[17]全国中学校スケート大会で初優勝[18]

2017年3月、台北市で開催された世界ジュニア選手権では、ショートとフリー共にパーソナルベストを更新し、ジュニア選手として史上2人目の200点超となる201.61点をマークしたものの、2位となり連覇を逃した。

シニア時代[編集]

2017-2018シーズン[編集]

2017年7月2日、プログラム曲を発表した。ショートは「ジェラシー」と「ラ・クンパルシータ」、フリーは「トゥーランドット[19]。シーズン突入直前の8月末に「自分の中で衝撃なぐらい素敵な曲に出会った」として、ショートの曲の変更を表明[20]、初戦となったUSインターナショナルクラシックは、ショートを前年の曲に差し替えて演技し優勝した。初参戦となったISUグランプリシリーズスケートカナダでは、ショートで新プログラム「The Giving」を披露。準備期間が短かった事もあり、転倒等のミスが相次ぎ10位と大きく出遅れたが、フリーでは大きなミスなくまとめ3位、トータルでは5位となった。連戦となった中国杯も5位と表彰台には届かず、ファイナル進出を逃した。

平昌オリンピックの代表選考がかかった全日本選手権では、ショートではジャンプにミスが出て6位、フリーでも後半のジャンプにミスが出て9位。トータルでは7位と不本意な成績に終わり、夢のオリンピック選出とはならなかった[21]

2018年4月、コーチをラファエル・アルトゥニアンに変更し、幼少期から師事した濱田美栄コーチのもとを離れ兄の太一と共にアメリカへ拠点を移した[22]

技術・演技[編集]

アクセルを除く5種類の3回転ジャンプを11歳でマスターした[23]。コンビネーションでは、3回転ルッツフリップループサルコウトゥーループ・2回転半アクセルの後に3回転トゥーループをつける事が出来る。表現力に定評があり、中学1年の時点で高橋大輔から「ちょっとした体の動かし方が色っぽさがある」「雰囲気とか、魅力的な目を引くものを持っている」と評されている[24]

記録[編集]

主な戦績[編集]

国際大会
大会/年 2011-12 2012-13 2013-14 2014-15 2015-16 2016-17 2017-18
GP 中国杯 5
GP スケートカナダ 5
CS USクラシック 1
世界Jr.選手権 1 2
JGP ファイナル 3 棄権
JGP リュブリャナ杯 2
JGP 横浜 2
JGP クロアチア杯 1
JGP コロラドスプリングス 2
アジアフィギュア杯 2 N 3 N 2 J 1 J
ババリアンオープン 1 N
プランタン杯 2 N
トリグラフトロフィー 1 N
チャレンジカップ 1 D 3
国内大会
全日本選手権 9 4 7
全日本Jr.選手権 5 4 6 3
全日本ノービス選手権 2 B 1 B 3 A 2 A
団体戦
ジャパンオープン 2
  • A - Aクラス
  • B - Bクラス
  • D - デブスクラス
  • N - ノービスクラス
  • J - ジュニアクラス

詳細[編集]

2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2018年2月22日-25日 2018年チャレンジカップハーグ 11
48.21
2
111.98
3
160.19
2017年12月20日-24日 第86回全日本フィギュアスケート選手権調布 6
66.65
9
126.72
7
193.37
2017年11月3日-5日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 6
66.90
5
131.42
5
198.32
2017年10月27日-29日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダレジャイナ 10
52.60
3
125.64
5
178.24
2017年10月7日-日 2017年ジャパンオープンさいたま  
 
5
133.41
2
団体
2017年9月13日-17日 ISUチャレンジャーシリーズ USインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 1
66.90
1
131.52
1
198.42
2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年3月13日-19日 2017年世界ジュニアフィギュアスケート選手権台北 2
68.35
2
133.26
2
201.61
2017年2月4日-7日 第37回全国中学校スケート大会長野 1
64.86
1
124.07
1
188.93
2016年12月22日-25日 第85回全日本フィギュアスケート選手権門真 4
67.52
5
128.59
4
196.11
2016年12月8日-11日 2016/2017 ISUジュニアグランプリファイナルマルセイユ  
 
 
 
棄権
2016年11月18日-20日 第84回全日本フィギュアスケートジュニア選手権札幌 2
64.86
6
111.37
3
176.23
2016年9月21日-24日 ISUジュニアグランプリ リュブリャナ杯リュブリャナ 4
57.79
2
120.96
2
178.75
2016年9月9日-11日 ISUジュニアグランプリ 横浜横浜 5
55.47
1
128.64
2
184.11
2016年8月4日-7日 2016年アジアフィギュア杯 ジュニアクラス(マニラ 3
57.26
1
116.41
1
173.67
2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年3月14日-20日 2016年世界ジュニアフィギュアスケート選手権デブレツェン 2
66.11
1
126.87
1
192.98
2015年12月24日-27日 第84回全日本フィギュアスケート選手権札幌 11
58.23
9
113.39
9
171.62
2015年12月9日-13日 2015/2016 ISUジュニアグランプリファイナルバルセロナ 3
63.69
3
114.95
3
178.64
2015年11月21日-23日 第84回全日本フィギュアスケートジュニア選手権ひたちなか 7
54.65
5
114.23
6
168.88
2015年10月7日-10日 ISUジュニアグランプリ クロアチア杯ザグレブ 3
57.92
1
123.30
1
181.22
2015年9月2日-6日 ISUジュニアグランプリ コロラドスプリングスコロラドスプリングス 1
61.05
4
95.39
2
156.44
2015年8月5日-8日 2015年アジアフィギュア杯 ジュニアクラス(バンコク 1
48.47
3
84.21
2
132.68
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年2月11日-15日 2015年ババリアンオープン ノービスクラス(オーベルストドルフ 1
40.49
1
81.23
1
121.72
2014年11月22日-24日 第83回全日本フィギュアスケートジュニア選手権新潟 7
53.09
2
114.83
4
167.92
2014年10月24日-26日 第18回全日本フィギュアスケートノービス選手権 Aクラス(高槻市  
 
2
95.44
2
95.44
2014年8月6日-10日 2014年アジアフィギュア杯 ノービスクラス(台北 4
38.96
2
87.18
3
126.14
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年3月14日-16日 2014年プランタン杯 ノービスクラス(ルクセンブルク市 2
34.34
1
71.37
2
105.71
2013年11月22日-24日 第82回全日本フィギュアスケートジュニア選手権名古屋 13
45.81
2
104.24
5
150.05
2013年10月25日-27日 第17回全日本フィギュアスケートノービス選手権 Aクラス(ひたちなか市  
 
3
84.57
3
84.57
2013年8月8日-11日 2013年アジアフィギュア杯 ノービスクラス(バンコク 1
36.92
2
62.61
2
99.53
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年3月27日-31日 2013年トリグラフトロフィー ノービスクラス(ブレッド 1
42.73
1
82.03
1
124.76
2012年10月26日-28日 第16回全日本フィギュアスケートノービス選手権 Bクラス(京都市  
 
1
90.41
1
90.41
2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年3月8日-11日 2012年チャレンジカップ デブスクラス(ハーグ 1
32.77
1
64.76
1
97.53
2011年10月28日-30日 第15回全日本フィギュアスケートノービス選手権 Bクラス(西東京市  
 
2
71.26
2
71.26

プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2017-2018 The Giving
作曲:マイケル・W・スミス
振付:マリナ・ズエワ
[25]
スマイル
ボーカル:ナナ・ムスクーリ
振付:マリナ・ズエワ
トゥーランドット
作曲:ジャコモ・プッチーニ
振付:デヴィッド・ウィルソン
タンゴ・ジェラシーとラ・クンパルシータ
作曲:ヤコブ・ゲーゼ / ヘラルド・ロドリゲス
振付:ジェフリー・バトル

CRIME TALE
作曲:ディミー・キャット
振付:カタリナ・リンデン
2016-2017 スマイル
ボーカル:ナナ・ムスクーリ
振付:マリナ・ズエワ
映画『ロミオとジュリエット』より
作曲:ニーノ・ロータ
振付:ジェフリー・バトル
フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング
ボーカル:アイリーン・キャラ
振付:キャシー・リード

スプリングソナタ
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
振付:マリナ・ズエワ
2015-2016 スプリングソナタ
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
振付:マリナ・ズエワ
映画『ビートルジュース』より
作曲:ダニー・エルフマン
振付:トム・ディクソン
ディーズ・ブーツ・アー・メイド・フォー・ウォーキン
演奏:オリヴィア・ホルト
2014-2015 ミュージカル『ビリオンダラー・ベイビー』より
作曲:モートン・グールド
振付:トム・ディクソン
オペラ『蝶々夫人』より
作曲:ジャコモ・プッチーニ
振付:トム・ディクソン
2013-2014 Manbo エリーゼのために
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
映画『フォー・ルームス』より
作曲:コンバスティブル・エディソン
2012-2013 映画『ピノッキオ』より
作曲:ニコラ・ピオヴァーニ
2011-2012 映画『ピノッキオ』より
作曲:ニコラ・ピオヴァーニ

表彰歴[編集]

  • 2016年4月4日 - 京都市スポーツ栄誉賞[26]
  • 2016年4月7日 - 京都府スポーツ賞[27]
  • 2017年1月16日 - 関西スポーツ賞[28]
  • 2017年4月11日 - 京都府スポーツ賞[29]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • あたしたちの金メダル ~天才少女と家族の選択~ (2014年9月13日、関西テレビ)
  • あたしたちの金メダル'15 挑戦 女優・本田望結と真凜 天才フィギュア姉妹に密着528日 (2015年12月26日、関西テレビ)
  • わたしたちの金メダル16 決意 (2016年12月29日、関西テレビ)
  • アスリートの魂 「16歳“真のアスリート”へ フィギュアスケート・本田真凜」(2017年12月16日、NHK)
  • 本田真凜 涙の奥に~夢追う軌跡に密着1265日~ (2017年12月31日、関西テレビ)[21]

CM[編集]

Web CM[編集]

スポンサー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国際スケート連盟による本田真凜のバイオグラフィー
  2. ^ 日本スケート連盟による強化紹介 - 本田 真凜
  3. ^ フィギュアスケート本田真凜選手のパパに直撃。才能伸ばす「超参加型」子育て
  4. ^ 京都伏見教室/六地蔵教室卒業生 本田真凜ちゃん(11歳)。なお、真凜および望結の入学当初は六地蔵教室は未開校。
  5. ^ 真凜、大阪・関大高から青森山田高に転校/フィギュアサンケイスポーツ2018年4月4日閲覧。
  6. ^ 本田真凜、練習拠点を米国に移した理由語った「悔しさを晴らせるシーズンにする」.スポーツ報知2018年4月1日
  7. ^ フィギュア界に現れた13歳の新星。本田真凜は真っ直ぐ平昌を目指す。”. Number Web (2014年10月12日). 2016年3月22日閲覧。
  8. ^ 2015/2016 ISUジュニアグランプリシリーズ クロアチア杯でのインタビュー
  9. ^ “家政婦のミタ:“次女”が見たミタさんの素顔 衝撃の結末は……”. まんたんウェブ. (2011年12月21日). オリジナル2013年6月25日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130625031557/http://mantan-web.jp/2011/12/21/20111221dog00m200014000c.html 
  10. ^ a b “本社CMキャラクターに本田3姉妹を起用 真凜さん・望結さん・紗来さんが揃って初の"アンバサダー"に”. 読売新聞東京本社. https://info.yomiuri.co.jp/news/3279.html 2018年1月8日閲覧。 
  11. ^ a b 本田真凜にセーラームーンのコスプレを期待する声 藤井四段を「好き」と発言し話題に Archived 2017年7月17日, at the Wayback Machine. - @niftyニュース・2017年7月17日
  12. ^ a b 全日本ジュニア選手権6位以内の選手は、ジュニア推薦枠として全日本選手権への出場が許可されるが、本田真凜は当時ノービスA選手であったため推薦は見送られた。
  13. ^ 日本・スイス国交樹立150周年記念のアイスショー
  14. ^ “本田真凜初V「一番のフリー」フィギュア世界Jr.”. 日刊スポーツ. (2016年3月20日). http://www.nikkansports.com/sports/news/1619088.html 2016年3月20日閲覧。 
  15. ^ “本田真凜 JALと契約!真央級サポート、“真凜ジェット”も?”. スポニチアネックス. (2016年11月22日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/11/22/kiji/K20161122013767280.html 2016年11月22日閲覧。 
  16. ^ a b “本田真凜がインフル棄権 開始直前無念の決断”. 日刊スポーツ. (2016年12月9日). http://www.nikkansports.com/sports/news/1749392.html 2016年12月9日閲覧。 
  17. ^ “本田真凜「今の時点では満足」ジュニア勢最高の4位”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年12月25日). http://www.nikkansports.com/sports/news/1756667.html 2016年12月26日閲覧。 
  18. ^ “真凛全中初V 日本勢初の世界Jr連覇へ「自信」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年2月8日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/02/08/kiji/20170208s00079000025000c.html 2017年2月8日閲覧。 
  19. ^ 本田真凜は荒川静香金の曲「自分らしく演技したい」
  20. ^ 本田真凜、シーズン開幕直前にSP変更を決断「すごい曲。出会ってしまった」 : スポーツ報知
  21. ^ a b “本田真凜、激動の3年半に密着 涙の奥に秘めた五輪への想い”. ORICON NEWS. (2017年12月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2103128/full/ 2018年1月8日閲覧。 
  22. ^ 本田真凜が米国拠点、4年後へ浅田真央元コーチ師事日刊スポーツ3/30(金)
  23. ^ 『わたしたちの金メダル'16芽生え』関テレ2016年3月26日
  24. ^ チャンネルΣ・フィギュアスケート本田4兄妹「わたしたちのレベル4」|2015/03/14(土)放送”. フジテレビ. 2015年3月14日閲覧。
  25. ^ 当初はSPに「タンゴ・ジェラシーとラ・クンパルシータ」を予定していたが8月末に変更を発表した。10月7日カーニバル・オン・アイスにて初披露。
  26. ^ 本田選手に京都市がスポーツ栄誉賞.産経WEST2016年4月5日
  27. ^ 京都府スポーツ賞未来くん賞ならびに京都府スポーツ特別奨励賞表彰式 世界ジュニアフィギュアスケート選手権大会金メダル 本田真凜選手.京都府生涯学習スポーツ情報2016年4月15日
  28. ^ 本田真凜「すごくうれしい」関西スポーツ賞.日刊スポーツ2017年1月16日
  29. ^ フィギュアの本田真凛に京都府スポーツ賞 「目標のオリンピック目指して頑張る」.産経WEST2017年4月11日
  30. ^ “松井愛莉&本田真凜選手、華麗にフィニッシュポーズ”. 時事ドットコム. (2016年9月8日). http://www.jiji.com/jc/article?k=g160626&g=ent 2016年9月9日閲覧。 
  31. ^ 本田真凜出演。「真っ赤って、ときめき。本田真凜スケート」篇
  32. ^ 妹の望結、紗来と共演。
  33. ^ フィギュアスケーターの本田真凛さんが、パイレーツ・オブ・カリビアンのエキシビジョンを公開!
  34. ^ 『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』海賊(パイレーツ)姿で華麗に舞う本田真凜さんの夏限定エキシビション映像解禁!
  35. ^ 本田真凜 with すみれ Dancing Make Up
  36. ^ コーセー、いま最注目のフィギュアスケート選手 本田真凜選手と契約 (PDF)
  37. ^ Aqua Bank - フィギュアスケート本田真凜選手とスポンサー契約いたしました。
  38. ^ JAL、本田真凜選手とスポンサー契約締結
  39. ^ 【プリンスホテル】フィギュアスケート樋口新葉選手、本田真凜選手とスポンサー契約締結

外部リンク[編集]