本田真凜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Pix.gif 本田 真凜
Marin HONDA
Figure skating pictogram.svg
Photos – Junior World Championships 2016 – Ladies (Marin HONDA JPN – Gold Medal) 03.jpg
2016 世界Jr.選手権
基本情報
代表国: 日本の旗 日本
生年月日: (2001-08-21) 2001年8月21日(16歳)
出生地: 京都府京都市伏見区
身長: 162cm[1]
コーチ: 濱田美栄
田村岳斗
振付師: ジェフリー・バトル
デヴィッド・ウィルソン
元振付師: トム・ディクソン
マリナ・ズエワ
キャシー・リード
所属クラブ: 関西大学中・高スケート部
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 201.61 2017 世界Jr.選手権
ショートプログラム: 68.35 2017 世界Jr.選手権
フリースケーティング: 133.26 2017 世界Jr.選手権
 
獲得メダル
フィギュアスケート
世界ジュニア選手権
2016 デブレツェン 女子シングル
2017 台北 女子シングル
ジュニアグランプリファイナル
2015 バルセロナ 女子シングル

本田 真凜(ほんだ まりん、英語: Marin Honda, 2001年8月21日 - )は、日本フィギュアスケート選手(女子シングル)。2016年世界ジュニアフィギュアスケート選手権優勝。2015年ジュニアグランプリファイナル3位。

人物[編集]

経歴[編集]

ノービス時代[編集]

ジュニア時代[編集]

2015-2016シーズン[編集]

2016-2017シーズン[編集]

シニア時代[編集]

2017-2018シーズン[編集]

  • 2017年7月2日、プログラム曲を発表した。ショートは「ジェラシー」と「ラ・クンパルシータ」、フリーは「トゥーランドット[16]
  • シーズン突入直前の8月末に「自分の中で衝撃なぐらいすてきな曲に出会った」として、ショートの曲の変更を表明[17]、初戦となったUSインターナショナルクラシックは、ショートを前年の曲に差し替えて演技し優勝した。
  • 初参戦となったISUグランプリシリーズスケートカナダでは、ショートで新プログラム「The Giving」を披露。準備期間が短かったこともあり、転倒などのミスが相次ぎ10位と大きく出遅れたが、フリーでは大きなミスなくまとめ3位、トータルでは5位となった。
  • 連戦となった中国杯も5位と表彰台には届かず、ファイナル進出を逃した。

技術・演技[編集]

  • アクセルを除く5種類の3回転ジャンプを11歳でマスターした[18]
  • コンビネーションでは、3回転ルッツフリップループサルコウトゥーループ・2回転半アクセルの後に3回転トゥーループをつけることができる。
  • 表現力に定評があり、中学1年の時点で高橋大輔から「ちょっとした体の動かし方が色っぽさがある」「雰囲気とか、魅力的な目を引くものを持っている」と評されている[19]
  • 現在、平昌オリンピック出場を目指して3回転ルッツ-3回転ループ、4回転ループを練習している[20]

記録[編集]

主な戦績[編集]

国際大会
大会/年 2011-12 2012-13 2013-14 2014-15 2015-16 2016-17 2017-18
GP 中国杯 5
GP スケートカナダ 5
CS USクラシック 1
世界Jr.選手権 1 2
JGP ファイナル 3 棄権
JGP リュブリャナ杯 2
JGP 横浜 2
JGP クロアチア杯 1
JGP コロラドスプリングス 2
アジアフィギュア杯 2 N 3 N 2 J 1 J
ババリアンオープン 1 N
プランタン杯 2 N
トリグラフトロフィー 1 N
チャレンジカップ 1 D
国内大会
全日本選手権 9 4 TBD
全日本Jr.選手権 5 4 6 3
全日本ノービス選手権 2 B 1 B 3 A 2 A
団体戦
ジャパンオープン 2
  • A - Aクラス
  • B - Bクラス
  • D - デブスクラス
  • N - ノービスクラス
  • J - ジュニアクラス

詳細[編集]

2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年12月20日-24日 第86回全日本フィギュアスケート選手権調布  
 
 
 
 
 
2017年11月3日-5日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 6
66.90
5
131.42
5
198.32
2017年10月27日-29日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダレジャイナ 10
52.60
3
125.64
5
178.24
2017年10月7日-日 2017年ジャパンオープンさいたま  
 
5
133.41
2
団体
2017年9月13日-17日 ISUチャレンジャーシリーズ USインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 1
66.90
1
131.52
1
198.42


2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年3月13日-19日 2017年世界ジュニアフィギュアスケート選手権台北 2
68.35
2
133.26
2
201.61
2017年2月4日-7日 第37回全国中学校スケート大会長野 1
64.86
1
124.07
1
188.93
2016年12月22日-25日 第85回全日本フィギュアスケート選手権門真 4
67.52
5
128.59
4
196.11
2016年12月8日-11日 2016/2017 ISUジュニアグランプリファイナルマルセイユ  
 
 
 
棄権
2016年11月18日-20日 第84回全日本フィギュアスケートジュニア選手権札幌 2
64.86
6
111.37
3
176.23
2016年9月21日-24日 ISUジュニアグランプリ リュブリャナ杯リュブリャナ 4
57.79
2
120.96
2
178.75
2016年9月9日-11日 ISUジュニアグランプリ 横浜横浜 5
55.47
1
128.64
2
184.11
2016年8月4日-7日 2016年アジアフィギュア杯 ジュニアクラス(マニラ 3
57.26
1
116.41
1
173.67


2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年3月14日-20日 2016年世界ジュニアフィギュアスケート選手権デブレツェン 2
66.11
1
126.87
1
192.98
2015年12月24日-27日 第84回全日本フィギュアスケート選手権札幌 11
58.23
9
113.39
9
171.62
2015年12月9日-13日 2015/2016 ISUジュニアグランプリファイナルバルセロナ 3
63.69
3
114.95
3
178.64
2015年11月21日-23日 第84回全日本フィギュアスケートジュニア選手権ひたちなか 7
54.65
5
114.23
6
168.88
2015年10月7日-10日 ISUジュニアグランプリ クロアチア杯ザグレブ 3
57.92
1
123.30
1
181.22
2015年9月2日-6日 ISUジュニアグランプリ コロラドスプリングスコロラドスプリングス 1
61.05
4
95.39
2
156.44
2015年8月5日-8日 2015年アジアフィギュア杯 ジュニアクラス(バンコク 1
48.47
3
84.21
2
132.68


2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年2月11日-15日 2015年ババリアンオープン ノービスクラス(オーベルストドルフ 1
40.49
1
81.23
1
121.72
2014年11月22日-24日 第83回全日本フィギュアスケートジュニア選手権新潟 7
53.09
2
114.83
4
167.92
2014年10月24日-26日 第18回全日本フィギュアスケートノービス選手権 Aクラス(高槻市  
 
2
95.44
2
95.44
2014年8月6日-10日 2014年アジアフィギュア杯 ノービスクラス(台北 4
38.96
2
87.18
3
126.14


2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年3月14日-16日 2014年プランタン杯 ノービスクラス(ルクセンブルク市 2
34.34
1
71.37
2
105.71
2013年11月22日-24日 第82回全日本フィギュアスケートジュニア選手権名古屋 13
45.81
2
104.24
5
150.05
2013年10月25日-27日 第17回全日本フィギュアスケートノービス選手権 Aクラス(ひたちなか市  
 
3
84.57
3
84.57
2013年8月8日-11日 2013年アジアフィギュア杯 ノービスクラス(バンコク 1
36.92
2
62.61
2
99.53


2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年3月27日-31日 2013年トリグラフトロフィー ノービスクラス(ブレッド 1
42.73
1
82.03
1
124.76
2012年10月26日-28日 第16回全日本フィギュアスケートノービス選手権 Bクラス(京都市  
 
1
90.41
1
90.41


2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年3月8日-11日 2012年チャレンジカップ デブスクラス(ハーグ 1
32.77
1
64.76
1
97.53
2011年10月28日-30日 第15回全日本フィギュアスケートノービス選手権 Bクラス(西東京市  
 
2
71.26
2
71.26


プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2017-2018 The Giving
作曲:マイケル・W・スミス
振付:マリナ・ズエワ
[21]
スマイル
ボーカル:ナナ・ムスクーリ
振付:マリナ・ズエワ
トゥーランドット
作曲:ジャコモ・プッチーニ
振付:デヴィッド・ウィルソン
タンゴ・ジェラシーとラ・クンパルシータ
作曲:ヤコブ・ゲーゼ / ヘラルド・ロドリゲス
振付:ジェフリー・バトル

CRIME TALE
作曲:ディミー・キャット
振付:カタリナ・リンデン
2016-2017 スマイル
ボーカル:ナナ・ムスクーリ
振付:マリナ・ズエワ
映画『ロミオとジュリエット』より
作曲:ニーノ・ロータ
振付:ジェフリー・バトル
フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング
ボーカル:アイリーン・キャラ
振付:キャシー・リード

スプリングソナタ
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
振付:マリナ・ズエワ
2015-2016 スプリングソナタ
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
振付:マリナ・ズエワ
映画『ビートルジュース』より
作曲:ダニー・エルフマン
振付:トム・ディクソン
ディーズ・ブーツ・アー・メイド・フォー・ウォーキン
演奏:オリヴィア・ホルト
2014-2015 ミュージカル『ビリオンダラー・ベイビー』より
作曲:モートン・グールド
振付:トム・ディクソン
オペラ『蝶々夫人』より
作曲:ジャコモ・プッチーニ
振付:トム・ディクソン
2013-2014 Manbo エリーゼのために
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
映画『フォー・ルームス』より
作曲:コンバスティブル・エディソン
2012-2013 映画『ピノッキオ』より
作曲:ニコラ・ピオヴァーニ
2011-2012 映画『ピノッキオ』より
作曲:ニコラ・ピオヴァーニ

表彰歴[編集]

  • 2016年4月4日 - 京都市スポーツ栄誉賞[22][23]
  • 2016年4月7日 - 京都府スポーツ賞[24]
  • 2017年1月16日 - 関西スポーツ賞[25]
  • 2017年4月11日 - 京都府スポーツ賞[26]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

スポンサー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国際スケート連盟による本田真凜のバイオグラフィー
  2. ^ 日本スケート連盟による強化紹介 - 本田 真凜
  3. ^ https://www.saison-chienowa.jp/articles/sgnclN2w フィギュアスケート本田真凜選手のパパに直撃。才能伸ばす「超参加型」子育て]
  4. ^ 京都伏見教室/六地蔵教室卒業生 本田真凜ちゃん(11歳)
  5. ^ フィギュア界に現れた13歳の新星。本田真凜はまっすぐ平昌を目指す。”. Number Web (2014年10月12日). 2016年3月22日閲覧。
  6. ^ 2015/2016 ISUジュニアグランプリシリーズ クロアチア杯でのインタビュー
  7. ^ “家政婦のミタ:“次女”が見たミタさんの素顔 衝撃の結末は……”. まんたんウェブ. (2011年12月21日). オリジナル2013年6月25日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130625031557/http://mantan-web.jp/2011/12/21/20111221dog00m200014000c.html 
  8. ^ a b 本田真凜にセーラームーンのコスプレを期待する声 藤井四段を「好き」と発言し話題に - @niftyニュース・2017年7月17日
  9. ^ a b 全日本ジュニア選手権6位以内の選手は、ジュニア推薦枠として全日本選手権への出場が許可されるが、本田真凜は当時ノービスA選手であったため推薦は見送られた。
  10. ^ 日本・スイス国交樹立150周年記念のアイスショー
  11. ^ “本田真凜初V「一番のフリー」フィギュア世界Jr.”. 日刊スポーツ. (2016年3月20日). http://www.nikkansports.com/sports/news/1619088.html 2016年3月20日閲覧。 
  12. ^ “本田真凜 JALと契約!真央級サポート、“真凜ジェット”も?”. スポニチアネックス. (2016年11月22日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/11/22/kiji/K20161122013767280.html 2016年11月22日閲覧。 
  13. ^ a b “本田真凜がインフル棄権 開始直前無念の決断”. 日刊スポーツ. (2016年12月9日). http://www.nikkansports.com/sports/news/1749392.html 2016年12月9日閲覧。 
  14. ^ “本田真凜「今の時点では満足」ジュニア勢最高の4位”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年12月25日). http://www.nikkansports.com/sports/news/1756667.html 2016年12月26日閲覧。 
  15. ^ “真凛全中初V 日本勢初の世界Jr連覇へ「自信」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年2月8日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/02/08/kiji/20170208s00079000025000c.html 2017年2月8日閲覧。 
  16. ^ 本田真凜は荒川静香金の曲「自分らしく演技したい」
  17. ^ 本田真凜、シーズン開幕直前にSP変更を決断「すごい曲。出会ってしまった」 : スポーツ報知
  18. ^ 『わたしたちの金メダル'16芽生え』関テレ2016年3月26日
  19. ^ チャンネルΣ・フィギュアスケート本田4兄妹「わたしたちのレベル4」|2015/03/14(土)放送”. フジテレビ. 2015年3月14日閲覧。
  20. ^ 本田真凜、女子初の4回転ループに挑戦中「最近練習を」デイリースポーツ2017.1.13
  21. ^ 当初はSPに「タンゴ・ジェラシーとラ・クンパルシータ」を予定していたが8月末に変更を発表した。10月7日カーニバル・オン・アイスにて初披露。
  22. ^ 本田選手に京都市がスポーツ栄誉賞
  23. ^ 本田真凜が東京五輪?京都市長のエールに本人微妙…
  24. ^ 【活躍】フィギュア本田真凜選手 京都府から表彰
  25. ^ 本田真凜「すごくうれしい」関西スポーツ賞
  26. ^ フィギュアの本田真凛に京都府スポーツ賞 「目標のオリンピック目指して頑張る」
  27. ^ “松井愛莉&本田真凜選手、華麗にフィニッシュポーズ”. 時事ドットコム. (2016年9月8日). http://www.jiji.com/jc/article?k=g160626&g=ent 2016年9月9日閲覧。 
  28. ^ 妹の望結・紗来と共演。
  29. ^ Aqua Bank - フィギュアスケート本田真凜選手とスポンサー契約いたしました。
  30. ^ JAL、本田真凜選手とスポンサー契約締結
  31. ^ 【プリンスホテル】フィギュアスケート樋口新葉選手、本田真凜選手とスポンサー契約締結

外部リンク[編集]