濱田美栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
濱田美栄
Mie HAMADA
Figure skating pictogram.svg
Mie Hamada at the 2017 Grand Prix Final (cropped).jpg
2017年グランプリファイナルでの濱田美栄
選手情報
生年月日 (1959-10-29) 1959年10月29日(61歳)
代表国 日本の旗 日本
出生地 京都府京都市
学歴 同志社大学
指導者情報
役職 京都醍醐FSC コーチ
指導選手
元指導選手
  • 宮原知子
  • 本田真凜
  • 太田由希奈
  • 澤田亜紀
  • ■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

    濱田 美栄(はまだ みえ、1959年10月29日 - )は、日本フィギュアスケートコーチ

    経歴・人物[編集]

    京都府京都市出身。

    小学校6年生の時に1972年札幌オリンピックのフィギュアスケート競技女子シングルフリー演技を真駒内屋内競技場札幌市)で観戦しており、その時の濱田を撮影した写真が1972年2月8日の朝日新聞に掲載されたことがある[1]

    京都市立藤森中学校京都市立日吉ヶ丘高等学校を経て、同志社大学卒業[2]。既婚。娘が1人いる。

    フィギュアスケート選手として活動し、全日本フィギュアスケート選手権10位が最高成績[1]同志社大学卒業とともに現役を引退してコーチへと転身し、京都醍醐FSC及び関西大学アイスアリーナでコーチを務める[3]

    教え子には2015年世界選手権銀メダリストの宮原知子2004年四大陸選手権優勝の太田由希奈をはじめ、神崎範之澤田亜紀北村明子金彩華村元小月村元哉中木原万莉子加藤利緒菜本田真凜白岩優奈紀平梨花など、関西圏を中心に国内選手を数多く指導してきた。

    母が広島県出身であり、広島原爆の被爆者であった。従って濱田も被爆二世である[4]。2018年のNHK杯国際フィギュアスケート競技大会広島県立総合体育館(広島グリーンアリーナ)で開催された際には教え子の宮原知子と紀平梨花が出場したこともあり、広島で親族の墓参りが出来たことを感謝していた[4]

    指導した主な選手[編集]

    現在指導中の選手


    過去に指導した選手

    脚注[編集]

    1. ^ a b "浜田美栄コーチ「誰が見ても私」リンとの思い出写真". ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 3 July 2020. 2020年7月3日閲覧
    2. ^ 日本代表選手団名簿
    3. ^ 宮原とともに勝負懸ける 大阪日日新聞
    4. ^ a b “紀平、宮原の浜田コーチは被爆2世、広島開催で「思い切ってやってほしい」” (日本語). Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2018年11月10日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/11/10/kiji/20181110s00079000337000c.html 2018年11月10日閲覧。 

    外部リンク[編集]