さよならぼくたちのようちえん (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さよならぼくたちのようちえん
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:00 - 23:09(129分)
放送期間 2011年3月30日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
製作総指揮 櫻井紘史(制作主任)
演出 水田伸生
脚本 坂元裕二
プロデューサー 次屋尚
出演者 芦田愛菜 ほか
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

さよならぼくたちのようちえん』は、日本テレビ系列2011年3月30日の21:00 - 23:09(JST)に放送された日本テレビドラマ。視聴率13.2%。

概要[編集]

坂元裕二が、幼稚園卒園ソングの定番である「さよならぼくたちのようちえん」をモチーフに脚本を書き下ろし、芦田愛菜が主演を務める。芦田は出演当時6歳であり、番組の広報では「史上最年少のドラマ主演」とされている[1]

ロケーション撮影では、2011年2月4日から3月1日JR東日本企画のロケーションサービスによって、豊田車両センター高尾駅新宿駅大月駅小淵沢駅その他が利用された。

内容[編集]

卒園式が間近の東京都内のとある幼稚園。ある日、突然5人の園児の行方がわからなくなる。5人が姿を消した目的は、登園しなくなった友達のいる長野の病院まで、自分達だけで見舞いに行くためであった。道中では仲間が電車に乗り遅れたり、迷子になったりなど様々なトラブルを迎えながらも「途中、何があっても絶対に泣かない」というルールを決め、友達へ会いに行くことを諦めず、その歩みを進めていく。

キャスト[編集]

山崎カンナ - 芦田愛菜
主人公。ひなた幼稚園すみれ組。友達想いで、入院前の洋武との会話から、彼のクレヨンを届けるため病院まで行く事を決める。
谷口洋武 - 橋本智哉
長野大学病院小海分院に入院しながら、カンナ達の似顔絵を描いていた。ゴッホの絵(星月夜)を気に入っている。
植原拓実 - 佐藤瑠生亮
普段は無口だが電車・路線に詳しい。母親が家を出ていってから情緒不安定らしい。カンナを病院に行かせるため、おとりとなって自ら警察に保護される。
持田美琴 - 本田望結
決まりを守ろうとする真面目な性格。街中に貼られた失踪事件のポスターを気に留め、その事件の少女「平野明日香」が誘拐され死体となって発見されたニュースを聴き、怖くなって母親に電話する。
堀川俊祐 - 黒田博之
ひょうきん者でサッカーが好き。拓実と口ゲンカになり皆と離れ、警察に保護される。
岸本優衣 - 庵原涼香
父親はホテルの社長で、お年玉一万円札を持参していた。電車に乗り遅れて、駅員に見つかり最初に保護される。
吉木万里 - 満島ひかり
幼稚園のすみれ組担任。仕事や園児に対しても情熱を持てず転職を考えていた。優衣が保護された連絡を受けた後、カンナ達の行方を追う。
岸本里実 - 横山めぐみ
優衣の母親。
大澤貴子 - 水野真紀
幼稚園の主任教諭。
畠田史奈 - 趣里
洋武の担当看護師
ホームレス - 岸部一徳
おばあちゃん - いしだあゆみ
車掌 - 近藤芳正
主婦 - 片桐はいり犬山イヌコ
カンナの母 - 小西真奈美
洋武の母 - 西田尚美
拓実の父 - 恵俊彰 (ホンジャマカ)
その他
貴山侑哉小林きな子阿南敦子芦沢孝子小林千恵、東條織江、稲葉瑠奈田上恵美子、松本公成、岡内美喜子中沢青六、中村哲人、兼松若人、井川哲也、茂木利夫、菅谷大介(日本テレビアナウンサー)

スタッフ[編集]

  • 脚本:坂元裕二
  • 演出:水田伸生
  • 演出補:相沢淳
  • プロデューサー:次屋尚
  • プロデューサー補:大久保志保
  • チーフプロデューサー:田中芳樹
  • 制作プロデューサー:大倉寛子、難波利昭
  • ラインプロデューサー:森清知成
  • 宣伝:友定紘子
  • 宣伝デザイン:布村順一
  • スチール:萬山昭祥
  • 電波PR:栗原一浩
  • 記録:福寿香里
  • 制作担当:斎藤健志
  • 制作主任:櫻井紘史
  • 制作デスク:大下由美
  • スケジュール:高木治男
  • 音響効果:貝瀬友希
  • MA:西川良
  • 音楽:REMEDIOS
  • サウンドデザイン:石井和之
  • VFXスーパーバイザー:小田一生
  • 技術協力:NiTRo、蓮
  • 撮影技術:中山光一、岡田博文
  • 技術統括:古川誠一
  • 編集:平澤政吾
  • 照明:大内一斎
  • VE:佐藤隆彦
  • 撮影機材:小輝日文
  • CGディレクター:影山達也
  • 撮影サポート:小野貴宏
  • 録音:佐藤一憲
  • 技術デスク:吉野誠
  • ロケ技術:佐藤博文
  • EED:高橋直孝
  • 美術:小池寛
  • 美術進行:佐久間望
  • 装置:苑田秀和
  • 装飾:高木重因
  • 衣裳:市川竜史
  • メイク:佐藤郁江
  • 美術工房:佐々木綾子
  • 電飾:吉田成
  • 建具・硝子:金井博
  • 造園:笹原直人
  • 特殊効果:山室敦嗣
  • 車両:ランナーズ
  • 美術協力:日テレアート
  • 編集・MA:レスパスビジョン
  • 制作協力:日テレアックスオン
  • 製作著作:日本テレビ

放送事故[編集]

本放送中に地震速報が流れた22時過ぎから一時シーンが飛んで放送され、22:06頃およそ10秒ほど画面が暗転し、その後同じシーンが2度流れ、また字幕が映像と同期しないトラブルがあった。日本テレビは番組終盤に「番組の中でお見苦しい点のありましたことをおわびいたします」というお詫びテロップを挿入し、後日改めて再放送された[2]

再放送日時[編集]

放送対象地域 放送局 放送日 放送時間
秋田県 秋田放送(ABS) 2011年4月9日 12:55 - 15:00
長崎県 長崎国際テレビ(NIB) 14:30 - 16:40
大分県 テレビ大分(TOS) 2011年4月10日 13:00 - 15:10
関東広域圏 日本テレビ(NTV、制作局 13:55 - 16:05
山形県 山形放送(YBC)
福島県 福島中央テレビ(FCT)
福井県 福井放送(FBC)
青森県 青森放送(RAB) 15:00 - 17:10
富山県 北日本放送(KNB)
静岡県 静岡第一テレビ(SDT)
広島県 広島テレビ(HTV)
高知県 高知放送(RKC)
長野県 テレビ信州(TSB) 15:05 - 17:15
近畿広域圏 読売テレビ(ytv) 2011年4月14日 02:09 - 04:19
宮城県 ミヤギテレビ(MMT) 2011年4月15日 01:13 - 03:23
山口県 山口放送(KRY) 2011年4月16日 13:00 - 15:10
福岡県 福岡放送(FBS) 13:30 - 15:40
山梨県 山梨放送(YBS) 2011年4月23日 13:30 - 15:40
北海道 札幌テレビ(STV) 14:25 - 16:35
愛媛県 南海放送(RNB) 14:50 - 17:00
徳島県 四国放送(JRT) 15:00 - 17:10
岩手県 テレビ岩手(TVI) 2011年4月24日 14:45 - 16:55
石川県 テレビ金沢(KTK) 15:00 - 17:18
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT) 15:00 - 17:10
中京広域圏 中京テレビ(CTV) 2011年4月30日 09:25 - 11:25
新潟県 テレビ新潟(TeNY) 13:30 - 15:40
熊本県 熊本県民テレビ(KKT) 13:35 - 15:45
香川県岡山県 西日本放送(RNC) 14:00 - 16:10
鳥取県島根県 日本海テレビ(NKT) 15:00 - 17:10

受賞[編集]

DVD[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]