メリット (シャンプー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

メリット(Merit)は、花王が発売しているヘアケア製品である。

概要[編集]

1970年に、日本で初めてZ-PT(ジンクピリチオン)を配合した「フケかゆみを止めるシャンプー」として発売される[1][2]。以来、同社の代表的なロングセラー製品となっている。

特徴として地肌の生まれ変わりのリズムを整える「地肌ケアエッセンス(グリチルリチン酸ジカリウム)」が含まれていることや、地肌に潤いを与えて、角質層を整える「有機フルーツ酸」が含まれていることや、液性が髪や地肌と同じ弱酸性であり、潤いを守りながら洗えることが挙げられる。また、発売当初は、片手で開けられる押しボタン式のキャップ、握りやすいボトル形状も魅力的であった。

香りは発売当初、ジンクピリチオンが入っていたため独特のにおいがしたものの、グリチルリチン酸ジカリウムに切り替わってからはフローラル系の香りとなっており、2016年4月改良品ではナチュラルフローラルの香りとなっている。ただ、液の色は発売当初から青緑色である。

本品はフケ・かゆみを防ぐ効果があるため、医薬部外品[3]である(ただし、後述する「さらさらヘアミルク」や「メリット ピュアン」は除く)。

1991年にはリンスインタイプとなる「リンスのいらないメリット(現在の「メリット リンスのいらないシャンプー」)を発売。2009年にはボトル入りトリートメント「さらさらヘアミルク」を、2010年には「シャンプーブラシ」を発売しているほか、2015年には初の派生ブランドとなる「メリット ピュアン」が発売された。

2017年10月には「地肌すっきり泡シャンプー」と「ふわっとリンス」が発売された。

製品の歴史[編集]

  • 1970年 シャンプー発売。
  • 1975年 モイスチャーリンス発売。
  • 1985年 ミクロZ-pt配合で新改良。
  • 1991年 リンス成分(高重合ジメチコン‐1(毛髪保護剤))を配合したシャンプー「リンスのいらないメリット」発売。
  • 2001年 「弱酸性メリット」発売。
  • 2006年4月 地肌ケアエッセンス(GK-2:グリチルリチン酸ジカリウム)を配合して処方改良。
  • 2008年5月 植物由来成分「リコリスC(有効成分、グリチルリチン酸二カリウム)」と「ユーカリα(保湿成分、ユーカリエキス・有機フルーツ酸)」を配合してリニューアル。
  • 2009年2月 ボトル入りトリートメント「さらさらヘアミルク」発売。
  • 2010年
    • 2月 発売40周年を迎え、シャンプー・リンス・リンスのいらないシャンプーを全面改良。また、全面改良に伴い、内容量の変更とサイズ統一を実施、レギュラーサイズの容器デザインも統一された。併せて、「さらさらヘアミルク」もパッケージデザインの変更が行われた。
      • レギュラー:300ml(シャンプー、リンス)/200ml(リンスのいらないシャンプー・旧リンスのいらないメリット) → 220ml
      • ポンプ:550ml → 530ml
      • つめかえ用:430ml(シャンプー、リンス)/400ml(リンスのいらないシャンプー・旧リンスのいらないメリット) → 380ml
    • 7月[4] 「シャンプーブラシ」を追加。
  • 2012年2月 シャンプー・リンス・リンスのいらないシャンプーをリニューアル(「さらさらヘアミルク」もデザイン統一の為パッケージリニューアル)。またパッケージデザインをリニューアルするとともに、区別化するためにポンプやキャップに色をつけたほか、つめかえ用のパックを薄肉化し、全重量に対し約10%を植物由来の素材に置き換えた。併せて、ポンプサイズとつめかえ用で内容量の変更を行った(ポンプ:530ml → 500ml、つめかえ用:380ml → 360ml、レギュラーサイズと「リンスのいらないシャンプー」のみに設定されているミニサイズは内容量の変更なし)。
  • 2013年3月 「リンスのいらないシャンプー」に、メントール(清涼剤)を配合したクールタイプを追加。本品の発売に合わせて、既存の「リンスのいらないシャンプー」はキャップやポンプの色が紫から白に替わるなどのパッケージデザインの変更が行われた。
  • 2014年
    • 2月 シャンプー・リンス・リンスのいらないシャンプー・リンスのいらないシャンプー クールタイプをリニューアル(「さらさらヘアミルク」もデザイン統一の為パッケージリニューアル)。併せて、「リンスのいらないシャンプー」のみに設定されているミニサイズを除いて、内容量の変更が行われた(レギュラー:220ml → 200ml、ポンプ:500ml → 480ml、つめかえ用:360ml → 340ml)。
    • 7月 「シャンプーブラシ」をパッケージリニューアル。
  • 2015年
    • 3月 「地肌クレンジングシャンプー」と「コンディショナー」で構成された派生ブランド「メリット ピュアン」を発売。それぞれに、うるおいタイプ「モイスチャー」とさらさらタイプ「リフレッシュ」の2ラインが設定される。
    • 10月 子供向けの泡タイプのシャンプー「泡で出てくるシャンプーキッズ」発売し、同時にトリートメント「さらさらヘアミルク」をパッケージリニューアル。
  • 2016年4月 シャンプー・リンス・リンスのいらないシャンプー・リンスのいらないシャンプー クールタイプをリニューアル。また、つめかえ用は同年1月にエッセンシャルに導入した、ボトルの真上にセットして詰替えるキャップ付スリムタイプの「ラクラクecoパック」となった(内容量は従来品と同量(340ml))。
  • 2017年
    • 4月 派生ブランド「メリット ピュアン」を全面刷新。「地肌クレンジングシャンプー」はパール剤・着色料フリーとなり「クレンズケアシャンプー」に改名、「コンディショナー」は「長持ちアロマ」を配合し、着色料フリーとなった。ラインナップは従来の2ラインから3ラインに増やし、グレープフルーツ&ラベンダーの香り「ナチュラル&スロー」、ワイルドローズ&クローバーの香り「アクティブ&スマイル」、カシス&ジャスミンの香り「スウィート&チャーミング」と香りとパッケージデザインで異なる仕様となった。併せて、内容量を変更(ポンプ:470ml→425ml、つめかえ用:375ml→340ml)し、つめかえ用は「メリット」と同じ「ラクラクecoパック」となった。
    • 10月 泡タイプの薬用シャンプー「地肌すっきり泡シャンプー」とチューブ入りの薬用リンス「ふわっとリンス」を発売。

ラインナップ[編集]

  • メリット
    • シャンプー【医薬部外品】
    • リンス【医薬部外品】
    • リンスのいらないシャンプー【医薬部外品】(リンスインシャンプー・旧リンスのいらないメリット)
    • リンスのいらないシャンプー クールタイプ【医薬部外品】(リンスインシャンプー、メントール(清涼剤)配合)
    • 泡で出てくるシャンプーキッズ
    • さらさらヘアミルク【医薬部外品】(トリートメント(洗い流すタイプ))
    • 地肌すっきり泡シャンプー【医薬部外品】
    • ふわっとリンス【医薬部外品】
    • シャンプーブラシ
  • メリット ピュアン
    • ナチュラル&スロー クレンズケアシャンプー
    • ナチュラル&スロー コンディショナー
    • アクティブ&スマイル クレンズケアシャンプー
    • アクティブ&スマイル コンディショナー
    • スウィート&チャーミング クレンズケアシャンプー
    • スウィート&チャーミング コンディショナー

通常の「メリット」はシャンプー、リンス、リンスのいらないシャンプーは詰め替え可能なポンプ式と、そうでないレギュラーサイズのものが発売されている。リンスのいらないシャンプーではこれらに加え携帯用の「ミニ」も発売されている。また、シャンプーとリンスには、ホームセンターなどの一部販売店やECサイト向けに、通常サイズの約3.5個分に相当する1200ml入りの「つめかえ用特大サイズ」も設定されている(つめかえ用特大サイズは花王の製品情報ページには未掲載)。

「メリット ピュアン」はポンプ式のみの設定でつめかえ用も設定される。

ちなみに、他のヘアケア・ブランドの多く[5]は、リンスの製品は「コンディショナー」として販売されるが、このブランドは、1975年に「モイスチャーリンス」として発売されてから2017年現在まで「リンス」として発売されている。ただし、派生ブランドの「メリット ピュアン」では「コンディショナー」として発売されている。

製造終了品[編集]

  • 髪と地肌のトリートメント
    • 1990年代に発売。なお、「メリット」ブランドのトリートメントは「さらさらヘアミルク」が実質的な後継製品となる。
  • メリット ピュアン - 以下の製品はブランドの全面刷新に伴い、2017年4月をもって製造終了。
    • モイスチャー 地肌クレンジングシャンプー
    • モイスチャー コンディショナー
    • モイスチャー シャンプー&コンディショナーミニセット
    • リフレッシュ 地肌クレンジングシャンプー
    • リフレッシュ コンディショナー
    • リフレッシュ シャンプー&コンディショナーミニセット

主なCMキャラクター[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「買いものかご:フケかゆみ止めシャンプー」、『栄養と料理』第36巻第5号、女子栄養大学、1970年5月、 pp. 129、2011年4月15日閲覧。
  2. ^ 当初はシャンプーのみ。リンスは1975年に、リンスのいらないシャンプー(旧リンスのいらないメリット)1991年に発売された。
  3. ^ 有効成分は、発売当初から長らく、ミクロZ-pt(ジンクピリチオン)であったが、2006年4月からは、グリチルリチン酸ジカリウムに変更された。
  4. ^ 店舗によっては同年6月最終週
  5. ^ 花王製品ではセグレタアジエンスエッセンシャル・キュレルが該当するが、サクセスはメリットと同じ「リンス」である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]