玉川スミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

玉川 スミ(たまがわ すみ、1920年7月17日 - 2012年9月25日)は、女流俗曲師(音曲師、三味線漫談家)。落語芸術協会所属、同団体参与。本名:中川スミ。

玉川スミ(1982年 - 1983年ごろ、楽屋での写真)

人物[編集]

福島県郡山市出身。父が浪曲師の桃中軒雲工桃中軒雲右衛門の弟子)。父の影響で天才少女浪曲師として初舞台を踏む。

初舞台は3歳のときで、14歳までに13回親が変わっている。

その後、女歌舞伎新派喜劇民謡女道楽漫才都々逸松づくし等あらゆる寄席芸を習得してきた。漫才では「桂小豆」の名で「大朝家シゲオ」(後の「宮アオバ・シゲオ」の「宮シゲオ」)や、大江茂(妻は大江笙子)とコンビを組む。1971年文化庁芸術祭賞優秀賞受賞。1991年勲五等宝冠章受章、2002年松尾芸能賞・特別賞受賞。

その後は定席の寄席を中心に高座を勤め、晩年は人のオーラが見えると発言していた(痛快!明石家電視台でのナイツにて)。

桂米助は「寄席の世界のシーラカンス」(2007年5月15日放送のNHKラジオ第一真打ち競演」の「最後の審判」のマクラ冒頭(桂米助の前に彼女が出ていた流れで))、瀧川鯉昇は「我々の業界の最長老」(「瀧川鯉昇1」収録の「ちりとてちん」のマクラ)と言っている。

笑点では、内海桂子あした順子とともに、高齢女性のネタをする際に名前を出されることがある(小遊三は、チーム対抗戦の際に自分たち(好楽・木久扇)の合コン相手として、3人の名前を挙げ、歌丸から「合コンじゃなくて拷問」とネタにされていた。六代目圓楽からは、「玉川スミ→内海桂子→順子・ひろし→歌丸」のカウントダウンとネタにされたこともあった)。ちなみに、笑点の正月特番の中で行われた大喜利で、内海桂子やあした順子と共演したこともある。

2012年9月25日、心不全のため92歳で死去[1]

出演番組[編集]

著書[編集]

  • ちょっと泣かせて下さい 三味線漫談家玉川スミ 東映企画プロモーション 1983年
  • 泣いて笑って突っぱって 北泉社 1985年
  • こけつまろびつ人生 ひとりの女として舞台一笑の熱い時。 善文社 1995年
  • 世紀末にドドイツを くまざき社 1999年

出典[編集]

外部リンク[編集]