紀州 (落語)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

紀州(きしゅう)は古典落語の演目の一つ。原話は、松浦静山文政4年(1821年)に出版した随筆・『甲子夜話』の「第十七巻」。会話部分が少なく、(本筋と関係ない)挿話を差し挟んでも成立する「地噺(じばなし)」の一種。

主な演者には、六代目三遊亭圓生五代目古今亭志ん生などがいる。

あらすじ[編集]

七代将軍徳川家継が幼くして急死し、急遽、次代の将軍を決めなければならなくなった。

その候補として上がったのは、尾州侯徳川継友紀州侯徳川吉宗の二人。勢力は拮抗していて、とうとう幕閣の評定で次代を決めることになった。

さて、その最終日・大評定の朝…尾州侯が駕籠で登城する途中、遠くから鍛冶屋が槌を打つ音が聞こえてきた。

【トンテンカン、トンテンカン…】

尾州侯の耳には、その音が『テンカトル、テンカトル』と聞こえる。「これは瑞兆である」と大喜びの尾州侯。大評定の席では、少しでも貫禄を出そうとこんな事をいってみる。

「余は徳薄く、将軍の任ではない」

すぐ飛びついてはあまりに露骨なので、一度辞退してみせ、周りの者に無理やり薦められる形で「嫌々ながら」引き受けるというセコイ算段だ。

ところが、ライバルの紀州侯も、質問されると「余は徳薄くして…」とまったく同じことを言う。『どうなっているのか?』と、尾州侯が首を傾げた、そのとき…!

「しかしながら…かほどまでに乞われて固持するのは、御三家の身として責任上心苦しい。しからば天下万人のため…」

自分が言うつもりだった台詞をそっくりそのまま使われ、あえなくその場で次期将軍は紀州侯に決まってしまった。

意気消沈の尾州侯。帰りに同じ所を通りかかると、また鍛冶屋が槌を打つ音が聞こえてきた。

【テンカトル、テンカトル…】

「なるほど。紀州の奴、あそこで一度引き受けておいて、後になって『私の分ではない』と余に引き受けさせようとする算段だな…」そう思い、ほくそ笑む尾州侯。ところが、親方が焼けた鉄に水をさすと…。

【キィ…シューゥ!】

「聞き違い」の小噺[編集]

『紀州』そのものの短さをカバーするため、噺の枕として「聞き違い」を扱った様々な小噺を入れて一席の落語としている。

蛙の鳴き声[編集]

博打で服も取られた男が田んぼの脇を歩いていると蛙が…。

「ハダカダ。ハダカダ」

が欲しい[編集]

「えぇー、お好みの妾」…と言う声が聞こえたので、世話してくれるのかと思い、振り返ってみたら…。

「えぇー、の目立て…」

山手線のアナウンス[編集]

お昼時。電車に乗っている男が、ふと時計に目をやった。

「もう、十二時か」‐アナウンスが『腹空く〜♪』(原宿

「何を食べようかな?」‐アナウンスが『マグロ〜♪』(目黒

「マグロ? 刺身か。飲み物は…」‐アナウンスが『ヱビス〜♪』(恵比寿

「ビールか。でも、余計にのどが渇くだろうな…」‐アナウンスが『お〜♪』(御茶ノ水