時うどん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

時うどん(ときうどん)は古典落語の演目。

享保11年(1726年)の笑話本『軽口初笑』の「他人は喰うより」が元となっている。江戸落語の「時そば」類似の滑稽噺であり、サゲも「時そば」と同じである。

 あらすじ[編集]

知恵の働く兄貴分と少し足りない弟分が、夜道で屋台立ち食いそば・うどん店を見つけ、うどんを食べようとする。代金は16文だが、弟分は8文しか持ち合わせがなく、「何だ、それだけか」と怒鳴った兄貴分も7文しかなかった。それでもかまわず兄貴分はうどんを注文し、店主の「うど~んエー、そーばやうど~ん」という客寄せの呼び声を、「やかましい」と文句を言ったり、そうこうするうちうどんができると、兄貴分は自分だけうどんを食べ、弟分が後ろから遠慮がちにつついても(うどんをくれ、という合図)、「待て待て」と言うだけ。ようやく、「そんなにこのうどん食いたいか」と渡してくれたどんぶりにはわずかなうどんが残っているだけ。勘定を払う時になると、「銭が細かいから数えながら渡す」と言って、「一、二、……七、八、今何時や」。うどん屋が「九つです」と言うと「十、十一、……十六。」歩きながら、1文足りなかったはずなのに、と不思議がる弟分だが、兄貴分からからくりを教えてもらうと大喜びで、「わいも明日やってみよう」[1]

翌日、早くやってみたくて明るいうちから町に出た弟分は、昨夜とは別の屋台を見つけた。何もかも昨夜と同じにやりたくてたまらないので、「うど~んエー、そーばやうど~ん」と客寄せしろと店主に言いそのとおりにすると、やかましい、と怒鳴って「そんなら歌わせなさんな」と文句を言われ、うどんを食べながら、「待て待て」とか「そんなにこのうどん食いたいか」と1人で言うので、「あんた、何か悪い霊でも付いてまんのか」と店主に気味悪がられたり、最後には、「何や、これだけしか残っとらん」とつぶやいて「あんたが食べなはったんや」とあきれられる。それでも、勘定を払う段になると大喜びで、一、二……七、八、今何時や、と聞いて、「四つです」。五、六、七、八、……というオチで終わる[1]

「時うどん」と「時そば」[編集]

江戸落語の「時そば」も同様に「他人は喰うより」を原話としているが噺の内容はかなり異なっている。江戸噺の「時そば」はそれぞれ単独犯で模倣の動機もただの愉快犯であるが、上方落語の「時うどん」には別の深い動機がある[1]。上方噺の「時うどん」が明治時代3代目柳家小さんが東京に移植して「時そば」になったものといわれ、「時そば」の原型をなす噺であったが、今日では「時そば」の方が広く知られている[1]。現在、上方の若手落語家には「時そば」とほとんど同じ内容で「時うどん」を演ずる者もいる[注釈 1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 春風亭昇太は逆に「時うどん」の内容で「時そば」を演じており、CD化もされている。

出典[編集]

関連項目[編集]