特急にっぽん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
特急にっぽん
The Romance Express
151kodama.JPG
特急こだまの復元先頭車
監督 川島雄三
脚本 笠原良三
原作 獅子文六『七時間半』
製作 藤本真澄、菅英久 
出演者 フランキー堺団令子白川由美
音楽 真鍋理一郎
撮影 遠藤精一
配給 東宝
公開 1961年4月4日
上映時間 85分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

特急にっぽん』(とっきゅうにっぽん)は、東宝が1961年に製作した日本映画

公開当時東海道本線を代表する特急列車「こだま」号の車内を舞台にさまざまな人間模様を描く。原作は獅子文六の小説『七時間半』である。

モノクロ・東宝スコープ作品。公開は1961年4月4日。同時上映は『別れて生きるときも』(原作:田宮虎彦、監督:堀川弘通、主演:司葉子)。

キャスト[編集]

あらすじ[編集]

東京発・大阪行きの特急「こだま」。ここの食堂車で働くコック助手の矢坂喜一(通称:喜ィやん)とウェイトレスの藤倉サヨ子は、2人で大衆食堂を作ることが夢。

ある日、乗客としてこだまに乗り込んだ菓子メーカー社長の岸和田太市に、客室乗務員の今出川有女子が「赤坂レストランを作りたい」と声をかける。これに憤慨した喜一を見たサヨ子は激怒し、コーヒーを載せたお盆をひっくり返してしまう。このハプニングで一時は爆弾騒ぎかと思われたが、何とか途中の名古屋駅を出発。京都駅へ向かう途中、線路上の事故で急停車した影響で数分間の遅れが生じるなど、色んな出来事を抱えながら、こだまは終点の大阪へと向かう-。

外部リンク[編集]