有吉熊次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

有吉 熊次郎(ありよし くまじろう、天保13年(1842年) - 元治元年7月19日1864年8月20日))は、日本の武士長州藩士尊皇攘夷派の志士熊次郎通称で、良明(もしくは良朋)、子徳本姓藤原を称し、墓碑の刻字には藤原良明とある。贈正五位。作家有吉佐和子曾祖父にあたる。

天保13年(1842年)、長州藩士有吉忠助の次男(近習有吉傳十郎の弟)として生まれる。藩校明倫館に学んだのち、安政4年(1857年)、16歳の時に土屋蕭海の紹介により吉田松陰松下村塾に入塾する。ちなみに、渡辺蒿蔵[1]は、有吉に誘われて入塾した[2]。松陰は、「才」の岡部富太郎(子揖)、「実直」の有吉(子徳)、「沈毅」の寺島忠三郎(子大)と評して、この3名を一つのグループとして力にしようと考えている。 安政5年(1858年)、松陰の老中間部詮勝暗殺計画に血盟をしたことから、外叔の白根多助により家に幽閉される。松陰が野山獄に再投獄された際は、その罪状を問うために周布政之助ら重役宅に押しかけた塾生8名の中の一人である。 文久元年(1861年)、高杉晋作に随い御番手として江戸へ遊学、桜田の藩邸内にある有備館に入る。 文久2年(1862年)、高杉ら同志と武州金澤(金沢八景)で外国公使を刺殺しようとしたが、計画が事前に藩主世子の毛利定広に伝わったため実行に到らず、謹慎を命ぜられる。謹慎中の同志は御楯組結成の血盟書を作る。この時に血判署名した同志は有吉を含む、高杉、久坂玄瑞大和弥八郎長嶺内蔵太志道聞多松島剛蔵、寺島、赤禰幹之丞山尾庸三品川弥二郎の11名である。 同年、品川御殿山の英国公使館焼き討ちに参加する。 文久3年(1863年)、藩命により航海術を学び、その後京都学習院への出仕を命じられ、京洛での尊攘運動に邁進する。同年、八月十八日の政変により帰国後、久坂、堀真五郎らと山口にて八幡隊を結成する。 元治元年(1864年)の池田屋事件では、吉田稔麿ら同志と会合中に新選組に襲撃されるが、乱闘から長州藩邸に逃げ込み、事件の生き証人としてその悲報を国許に伝える。その際、事件により厳重警戒中の京都を飛脚に変装して出立している。同年、急進派の藩士らと上京、禁門の変(蛤御門の変)において重傷を負い、久坂、寺島らとともに鷹司邸内で自刃する。享年23。

墓所は京都市霊山護国神社山口市朝日山招魂社(八幡隊招魂場)。

脚注[編集]

  1. ^ 後に日本の官僚工部省逓信省)や造船技術者(長崎造船所初代所長,日本郵船社長を歴任)として明治時代の日本の発展に貢献した。吉田松陰の弟子だった松下村塾塾生で唯一昭和時代まで生存し、松下村塾の保存運動にも実績を残した。1939年昭和14年)に97歳で大往生を遂げた。
  2. ^ 渡辺蒿蔵 (天野清三郎)萩の人物データベース

関連項目[編集]