岡部富太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡部 富太郎(おかべ とみたろう、天保11年7月30日1840年8月27日) - 明治28年(1895年10月28日)は長州藩士尊皇攘夷派の志士である。利濟子揖来原良蔵の甥。木戸孝允が妻の幾松と婚姻する際に、岡部が幾松の養父役になったことでも知られる。

天保11年(1840年)、長州藩士岡部藤吾の長男として生まれる。藩校明倫館に学び、安政4年(1857年)に吉田松陰松下村塾に入塾する。湯浅丑兵衛と友に衛撃隊を組織馬関戦争四境戦争戊辰戦争に出征し、維新後は山口・大阪・兵庫の各県に出仕する。明治28年(1895年)没、享年56。