ワルツ第8番 (ショパン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Performed by Veronica van der Knaap

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

ワルツ第8番 変イ長調 作品64-3は、フレデリック・ショパンが作曲したピアノ独奏のためのワルツで、生前に出版された最後の作品の一つである。カタジナ・ブラニツカ伯爵夫人に献呈された。

転調が多く[1]色彩感もあり、作品としては完成しているが新奇さはない。

曲の構成[編集]

変イ長調モデラート。左手のワルツリズムに乗り、右手が半音階を交えた旋律を歌う。属調変ホ長調にいったん解決した後[要出典]、主題を繰り返す。中間部はハ長調[2]。右手がワルツリズムを刻む。巧妙な接続の後主題が再現される。ホ長調に予告なく転調するが唐突さはなく[要出典]コーダに入る。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『最新 名曲解説全集 第15巻 独奏曲II』 音楽之友社1981年、265頁。ISBN 4276010152
  2. ^ Waltzes (3) for piano, Op. 64, CT. 212-214”. 2018年5月1日閲覧。