EAファーマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エーザイ > EAファーマ
味の素 > 味の素グループ > EAファーマ
EAファーマ株式会社
EA Pharma Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
104-0042
東京都中央区入船二丁目1番1号
設立 2016年4月1日
法人番号 6010001129088
事業内容 医薬品の研究開発、製造、販売および輸出入
代表者 清水初(代表取締役社長)
資本金 91億4,500万円
従業員数 約1,250名
決算期 3月31日
主要株主 エーザイ株式会社:60%
味の素株式会社:40%
外部リンク http://www.eapharma.co.jp/
テンプレートを表示

EAファーマ株式会社(イーエーファーマ、英語EA Pharma Co.,Ltd.)は、製薬会社のエーザイと食品会社の味の素が出資する消化器疾患に特化した製薬会社である。

概要[編集]

当社は2010年4月に行われた味の素グループの医薬事業におけるグループ再編によって、味の素の医薬事業を分社化すると同時に、営業・マーケティングを担っていた味の素ファルマと生産・物流機能を担っていた味の素メディカを統合して発足した味の素製薬(あじのもとせいやく)を母体に、エーザイの消化器疾患領域に関連する事業の一部を吸収分割によって承継し、消化器疾患に特化した「消化器スペシャリティファーマ」として新たに発足したものである。本社は旧味の素製薬の本社と同じである。

また、ロゴマークはエーザイのコーポレートマークのカラーでもある赤と青が継承されている。

沿革[編集]

  • 1919年 - 日本薬品洋行を設立する。
  • 1945年 - 森下製薬株式会社に商号変更する。
  • 1956年 - 森下製薬が世界初の結晶アミノ酸輸液「モリアミン」発売する。味の素の川崎工場で医療用アミノ酸の製造を開始し、森下製薬へ供給する。
  • 1957年 - 味の素が森下製薬に資本参加する。
  • 1992年 - 森下製薬がルセル・メディカと合併し、森下ルセル株式会社に商号変更する。
  • 1998年 - 森下ルセルがヘキストジャパン株式会社の医薬品部門、日本ルセル株式会社、マリオン・メレル・ダウと統合し、ヘキスト・マリオン・ルセル株式会社に商号変更する(現在のサノフィ株式会社)。
  • 1999年12月 - ヘキスト・マリオン・ルセルの輸液事業を味の素が買収し、味の素の完全子会社として味の素ファルマ株式会社を設立する。
  • 2002年12月 - 清水製薬株式会社及びその子会社のシミズメディカル株式会社鈴与株式会社から株式譲渡する。
  • 2003年4月 - 清水製薬の主力製品の販売を武田薬品工業株式会社から味の素ファルマへ移管する。
  • 2005年4月 - 味の素ファルマの生産・物流部門を清水製薬に継承し、清水製薬は味の素メディカ株式会社に商号変更。同時に味の素ファルマ・清水製薬の製造承認や知的財産等を味の素へ継承する。
  • 2010年4月 - 味の素の医薬事業、味の素ファルマ、味の素メディカが統合し、味の素製薬株式会社を発足する。
  • 2013年7月 - 輸液・透析事業を会社分割により、株式会社陽進堂と味の素製薬株式会社の合弁により発足したエイワイファーマ株式会社へ承継。
  • 2016年4月 - エーザイ株式会社の消化器疾患領域に関連する事業の一部を味の素製薬株式会社が承継してEAファーマ株式会社を発足し、エーザイ株式会社の連結子会社並びに味の素株式会社の持分法適用会社とする合弁会社となる。

事業所[編集]

本社
東京都中央区入船2-1-1 住友入船ビル
創薬研究所
神奈川県川崎市川崎区鈴木町1-1
福島事業所
福島県白河市白坂牛清水103-1
支店
札幌市仙台市さいたま市、東京都中央区、名古屋市大阪市広島市福岡市

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]