ダウ・ケミカル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ダウ・ケミカル・カンパニー
The Dow Chemical Company
Dow Chemical Company logo
種類 公開会社
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミシガン州ミッドランド
設立 1897年
業種 化学
代表者 アンドリュー・N・リバリス 会長兼最高経営責任者
資本金 22,281 Million US$
(2011年12月31日時点)[1]
発行済株式総数 1,185,372,310 株
(2012年1月31日時点)[2]
売上高 連結:59,985 Million US$
(2011年12月期)[3]
営業利益 連結:3,601 Million US$
(2011年12月期)[4]
純利益 連結:2,784 Million US$
(2011年12月期)[5]
総資産 連結:69,224 Million US$
(2011年12月末時点)[6]
従業員数 51.7千人
(2011年12月末時点)[7]
決算期 12月末日
関係する人物 ハーバート・ヘンリー・ダウ 創業者
テンプレートを表示

ザ・ダウ・ケミカル・カンパニー(The Dow Chemical Company)は、アメリカ合衆国ミシガン州ミッドランドに本拠を置く世界最大級の化学メーカーである。

1897年漂白剤臭化カリウムの製造メーカーとして誕生した。1999年にはユニオンカーバイドを930億ドルで買収し、デュポンに代わり世界最大の化学メーカーとなった。2008年にはイオン交換樹脂の製造で世界トップの無機化学メーカー、ローム・アンド・ハース(Rohm and Haas)を188億ドルで買収した。2017年にデュポンと合併し、ダウ・デュポンとなった[8]

関連会社[編集]

  • ダウ・ケミカル日本 株式会社 - 同社(以下、米国本社)の日本法人。但し、当社は事業会社(米国本社関連商品の輸入販売が主体)であり、日本の合弁事業については同社を通して出資することはまずない。
  • ダウ化工 株式会社 - 住友化学との共同出資。米国本社独自の技術が採用されている建築資材・スタイロシリーズの製造・販売会社。

過去の関連会社[編集]

  • 旭ダウ - 旭化成工業(現・旭化成)との合弁企業で、サランラップなどの製造発売元だったが、1982年に合弁を解消し、法人としては旭化成工業に吸収合併された。
  • 住友ダウ - 住友化学との折半出資。2010年9月末にダウ・ケミカル保有の同社株式をスタイロンホールディングB.V.へ譲渡、2011年4月に住化スタイロン ポリカーボネート株式会社へ商号変更。なお旧会社(旧住友ダウ)については日本A&L(住友化学と三井化学の合弁(出資比率 - 17:3))も参照。
  • 株式会社NUC - 東燃化学ユニオンカーバイド(のちに同社が買収し子会社となる)の共同出資。2013年7月に東燃ゼネラル石油の完全子会社化。旧「日本ユニカー」。
  • ニチゴー・モートン株式会社 - 日本合成化学工業と旧ローム・アンド・ハースの合弁企業。プリント基板用の保護フィルム・樹脂の製造販売を行っている。
  • 東洋モートン株式会社 - 東洋インキ製造と旧ローム・アンド・ハースの合弁企業。包装資材用接着剤の製造・販売を行っている。

脚注[編集]

関連事項[編集]

外部リンク[編集]