ダウ・デュポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ダウ・デュポン: DowDuPont Inc.)は、アメリカ合衆国に本拠を置く総合化学メーカー。ダウ・ケミカルデュポンの経営統合により設立された。ニューヨーク証券取引所上場企業(NYSEDWDP)。

2017年9月1日に発足し、同日ニューヨーク証券取引所に上場した[1]。この合併は2015年12月11日に発表され、経営統合後、マテリアルズサイエンス、特殊化学事業、農業事業の3部門に、ダウ・ケミカル、デュポン両社の事業を再編成することが予定されている[2]。新会社の会長はダウ・ケミカルのAndrew N. Liverisが、CEOはデュポンのEdward D. Breenが就任した[3]

2019年4月1日、マテリアルズサイエンス部門がDow, Inc.として分離独立した。6月1日に特殊化学事業がデュポンとして、農業事業部門がコルテバ・アグリサイエンスとして分離独立する予定となっている[4]

脚注[編集]

  1. ^ Dow Chemical and DuPont Have Completed a $130 Billion Merger” (英語). フォーチュン (2017年9月1日). 2017年9月3日閲覧。
  2. ^ Dow Chemical and DuPont Set Merger and Plans to Split” (英語). ニューヨーク・タイムズ (2015年12月11日). 2017年9月3日閲覧。
  3. ^ DowDuPont Leadership” (英語). ダウ・デュポン. 2017年9月3日閲覧。
  4. ^ ダウ・デュポン、素材科学を4月1日分離 3社分割計画の第1弾”. ロイター (2019年3月9日). 2019年5月11日閲覧。

外部リンク[編集]