サミュエル・モンタギュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

初代スウェイスリング男爵サミュエル・モンタギュー、あるいはモンタギュー・サミュエルSamuel Montagu, 1st Baron Swaythling, 1832年12月21日 - 1911年1月12日)はイギリスの銀行家である。

サミュエル家はポーランドポーゼンにさかのぼる家系だった。なお、ハーバート・サミュエルは親戚である。


来歴 [編集]

1832年リヴァプールにて、ルイス・サミュエル Louis Samuel の子モージズ・サミュエル Moses Samuel(後にSamuel Moses) として生まれる。代々サミュエルが姓のように使われていたのだが、のちにモージズをモンタギューと改め、とする。

1847年ロンドンに出て、1853年、銀行会社サミュエル・モンタギュー・アンド・カンパニー (Samuel Montagu & Co.) を営み始めた。最初はリーデンホール・ストリート Leadenhall street、後にオールド・ブロード・ストリート Old Broad street に移った。

1885年自由党から下院議員 となり、1887年から1890年まで、金銀両貨幣委員会のメンバーとなった。

スウェイスリング男爵の称号が1907年に与えられた。

敬虔なユダヤ教徒で博愛主義者であり、大きな社会事業に貢献した。

ロスチャイルドのように、アムステルダムのコーエン家と結婚した。 弟にシドニー・モンタギュー=サミュエルSydney Montagu Samuel, [1], 1848年 - 1884年)、息子にハイマン・モンタギューHyman Montagu, JE, d.1895年)、エドウィン・サミュエル・モンタギューEdwin Samuel Montagu, [2][3], 1879年 - 1924年)がいる。

外部リンク[編集]

先代:
叙任
スウェイスリングスウェイスリング男爵
1832年 - 1911年
次代:
ルイス・サミュエル・モンタギュー