GKNエアロスペース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ボルボ・エアロから転送)
移動先: 案内検索
GKNエアロスペース
GKN Aerospace
主要株主 GKN
外部リンク https://www.gkn.com/en/our-divisions/gkn-aerospace/
テンプレートを表示

GKNエアロスペース(GKN Aerospace)は、航空機誘導ミサイルおよびロケットエンジンを開発・製造する企業である[1]。イギリスのエンジニアリング大手GKNグループに属する。

かつてはボルボ・エアロ(Volvo Aero)としてボルボグループの一部門であったが、2012年にGKNに買収された。

沿革[編集]

1930年にスウェーデンの航空局向けに航空機用エンジンを製造するため、NOHABの子会社としてノーハブフリューグモートルファブリーケルNohab Flygmotorfabriker AB )がトロルヘッタンで創業された。

1937年、同社はSAABの傘下に移ってスヴェンスカフリューグモートルSvenska Flygmotor AB )となった。1941年にボルボがほとんどの株式を保有したことで同年にボルボフリューグモートルVolvo Flygmotor )へと社名を変更した。1990年代にはスウェーデン語では伝わりにくいとしてボルボエアロVolvo Aero)に社名を変更。

2012年に英エンジニアリング大手GKNによって買収され、同社の子会社となった。のちに社名が変更され現社名のGKNエアロスペースGKN Aerospace)となっている。

製品[編集]

出典[編集]

  1. ^ GKN Aerospace capabilities and products. Gknaerospace.com. Retrieved on 17 August 2011.

外部リンク[編集]