オーチス・ホバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オーチス・ホバー: Otis Hovair)は、空気浮上式鉄道の1方式である。旅客輸送システムとしては新交通システムに相当している。

概要[編集]

ホバークラフトに類似した浮上パッドを複数備え、送り込まれる圧縮空気によって浮上している。軌道は新交通システムのそれに類似し、一体型のものが多いが、分離型のものも存在する[1]。移動のための動力は、同社がエレベーターメーカーということもあり、ケーブルによる牽引を利用しているため、その点はケーブルカーにも似ている。転がり抵抗を無くし、高性能化を企図しつつ、新たな路線を敷設するために必要な設備も同様に簡略化した。法規上は(たとえば日本の成田空港第2ターミナルシャトルシステムなど)水平エレベーターの扱いとされている運用例もある。

オーチス・ホバー・システムは2015年現在唯一の商業的に運行されている空気浮上式鉄道である。原型はゼネラルモーターズ自動案内軌条式旅客輸送システムとして開発したリニアモーター推進方式のものであったが、公共交通機関を傘下に持つ事は反トラスト法に抵触するとされ、強制的に切り離された。その設計をオーチス・エレベーター社が引き継ぎ、リニアモーターを取り除いてケーブルによって推進する新交通システムとして世界中に普及している[2]

日本オーチス・エレベータでは、1994年より当システムの適用範囲を広げる事を目的に、リニアモーター推進方式を採用したリニアシャトルシステムの開発を開始した。その後、運輸省を中心とした検討委員会により、1997年からの3年間にわたる検証作業で「実用交通機関に適している」と評価されている[3]が、2018年現在、このリニアシャトルシステムを採用している路線は存在しない。

運行中の設備[編集]

廃止された設備[編集]

脚注[編集]

  1. ^ チューリッヒ空港スカイメトロは、ケーブルを軌道中心に通しているため、分離型軌道を採用している。
  2. ^ 引き継ぎ当初はリニアモーター推進方式も開発しており、実際にデューク大学医療センター患者高速輸送機関はリニアモーター推進方式であった。
  3. ^ 日本機械学会 交通・物流部門 トピックス 空気浮上・リニア推進による新交通システム(リニアシャトルシステム)”. 日本機械学会. 2018年4月20日閲覧。

出典[編集]

  • 正田英介・加藤純郎・藤江恂治・水間 毅 『磁気浮上鉄道の技術』 オーム社1992年9月ISBN 4274034135

関連項目[編集]

外部リンク[編集]