プレーンズ・オブ・フェイム航空博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg プレーンズ・オブ・フェイム航空博物館
Mitsubishi survivors – Planes of Fame, Chino, CA. 28-2-2016 (26887089156).jpg
展示されている秋水雷電
プレーンズ・オブ・フェイム航空博物館の位置(カリフォルニア州内)
プレーンズ・オブ・フェイム航空博物館
カリフォルニア州内の位置
施設情報
専門分野 航空機
開館 1957年
所在地 カリフォルニア州サンバーナーディーノ郡チノ
アリゾナ州ココニノ郡ヴェイル
位置 北緯33度58分53秒 西経117度38分23秒 / 北緯33.981388888889度 西経117.63972222222度 / 33.981388888889; -117.63972222222座標: 北緯33度58分53秒 西経117度38分23秒 / 北緯33.981388888889度 西経117.63972222222度 / 33.981388888889; -117.63972222222
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

プレーンズ・オブ・フェイム航空博物館(プレーンズ・オブ・フェイムこうくうはくぶつかん、Planes of Fame Air Museum)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンバーナーディーノ郡チノ[1][2][3]およびアリゾナ州ココニノ郡ヴェイル[4]にある航空博物館1957年に開館した。

歴史[編集]

1957年1月12日、エドワード・T・マロニーが貴重な歴史的航空機を保護するための施設としてカリフォルニア州クレアモントに設立した[3]。設立時の名称はThe Air Museum。現館長のスティーヴ・ヒントンら少数のボランティアによって航空機を飛行可能な状態に維持していた。

1962年、オンタリオ国際空港の敷地内に移転[5]。1970年、空港の拡張工事に伴い博物館は再度移転。静態展示機はブエナパークナッツベリーファーム近くにあるMovie World: Cars of the Stars and Planes of Fame Museumに移動し、飛行可能機はチノ空港に移設された[5]。チノ空港にはかつてアメリカ陸軍航空軍の訓練部隊が所在しており、約1万人の兵士がパイロット訓練を受けた。

1973年のMovie World閉館に伴い、所蔵機は全てチノ空港に移され名称も現在のプレーンズ・オブ・フェイムとなった[5]

1995年、コレクションの増加に伴いアリゾナ州ヴェイルに別館が建設された。

2004年から2008年にかけてコレクションの充実が図られ、朝鮮戦争期以降のジェット機も展示されるようになった。

展示機[編集]

第2次世界大戦期の日本軍機のコレクションがよく知られている。特に有名な収蔵品として、1944年にサイパン島鹵獲され、現在まで飛行可能な状態を保っている零式艦上戦闘機五二型61-120号機がある。これ以外にも一式陸上攻撃機九九式艦上爆撃機雷電彗星桜花秋水など極めて貴重な機体を収蔵・展示している。また現在知覧特攻平和会館に展示されている四式戦闘機は元々この博物館の所有機だった。

ギャラリー[編集]

・機体名表記は公式サイトに準拠。

展示飛行[編集]

1ヶ月に1度、特定のテーマ[1](第一次大戦期の航空機、朝鮮戦争の航空機、実験機など)を設定して小規模なエアショーを実施している。このエアショーはテーマに応じた航空機に関わる人物(パイロットなど)のセミナーから始まり、その後航空機2、3機によるデモフライトが実施される[7]

また隔年で西海岸最大のエアショーも開催されており、その際には上記の零戦など貴重な航空機の展示飛行が実施される[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b Flight Journal, Aces of the Red Star at Planes of Fame Air Museum, Aviation in the Movies, February 2, 2008 - Chino, California, Retrieved March 5, 2011.
  2. ^ World War II Museums, Planes of Fame Air Museum, Retrieved March 5, 2011.
  3. ^ a b Exploring The Air Museum - Planes of Fame Chino, Warbird Alley, California, Retrieved March 5, 2011.
  4. ^ Planes of Fame Air Museum, AviationMuseum.eu, Retrieved March 5, 2011.
  5. ^ a b c Mormillo 1983, p. 58.
  6. ^ 元々は運用当時と同じく栄二一型を搭載していたが、劣化の為整備可能な良好な状態の三一甲型に換装された。
  7. ^ Events Calendar”. Planes Of Fame. 2013年7月15日閲覧。
  8. ^ Air Show 2013 Recap”. Planes Of Fame. 2013年7月15日閲覧。

外部リンク[編集]