シュパイアー技術博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg シュパイアー技術博物館
Technik Museum Speyer
Antonow An-22 Autostitch.jpg
博物館内のAn-22
シュパイアー技術博物館の位置(ラインラント=プファルツ州内)
シュパイアー技術博物館
ラインラント=プファルツ州内の位置
施設情報
専門分野 技術
収蔵作品数 2,000以上
来館者数 50万人以上
開館 1991年
所在地
ドイツの旗 ドイツラインラント=プファルツ州シュパイアー
位置 北緯49度18分45秒 東経08度26分47秒 / 北緯49.31250度 東経8.44639度 / 49.31250; 8.44639座標: 北緯49度18分45秒 東経08度26分47秒 / 北緯49.31250度 東経8.44639度 / 49.31250; 8.44639
公式サイト 公式ウェブサイト (英語)
プロジェクト:GLAM

シュパイアー技術博物館 (ドイツ語: Technik Museum Speyer 英語: Technikmuseum Speyer) は、ドイツラインラント=プファルツ州シュパイアーに位置する技術博物館[1]

歴史[ソースを編集]

1991年、シュパイアー技術博物館はジンスハイム自動車・技術博物館の分館として開かれ、現在ジンスハイム自動車技術博物館協会(Auto & Technik Museum Sinsheim e.V.)に加盟する。 2004年現在、展示物は2,000以上、展示面積は150,000 m² (屋内外)を超える。1年あたりの来訪者は50万人以上である。それらの展示物に加え、同博物館は大きさ22m x 27mのIMAXドームを誇る。

ウォークイン・エキシビション[ソースを編集]

ボーイング747, Liller hall
技術博物館の潜水艦U-9英語版

2002年春、ルフトハンザドイツ航空ボーイング747-200航空機を、来訪者に便の良い同博物館に寄贈した。2008年4月、ロシアのブランOK-GLIが同博物館に輸出され、これは現在ウォークイン・エキシビションとなっている。他の見所としては、ケリー・ファミリー英語版のショーン・オケリーのハウスボートやドイツ海軍潜水艦U-9がある。

他の展示物[ソースを編集]

  • 消防車のコレクション
  • ミュージカル・オルガン
  • ヴィンテージ・カー
  • ヘリコプター
  • 軍用機
  • オートバイ
  • 機関車
  • 海洋の展示館
  • ミニチュアモデルの展示館
  • Wilhelmsbau: 歴史的なファッション、兵器、宝珠、人形や玩具、ユニフォームや楽器を含む、多くの貴重な物品を展示する別棟。

ギャラリー[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

著作物[ソースを編集]

  • Musikautomaten im Auto & Technik Museum Sinsheim bzw. Musikautomaten, Moden und Uniformen im Technik Museum Speyer: 192 p, two Languages: German and Englisch; ISBN 3980943747
  • Heinz Elser, Margrit Elser-Haft, Vladim Lukashevich: Buran - History and Transportation of the Russian Space shuttle OK-GLI to the Technik Museum Speyer, two Languages: German and Englisch, 2008, ISBN 3-9809437-7-1

外部リンク[ソースを編集]