インド空軍博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
インド空軍博物館の建物入り口と、その前に展示されているミサイル

インド空軍博物館は、ニューデリーにあるインド空軍についての唯一の博物館である[1][2]。インドの空軍がイギリス植民地下1932年に創設されて以来使用してきた機体の実物や模型・写真を多数展示している。展示されている機体の製造国はイギリス、フランスアメリカ合衆国ソビエト連邦日本など多様である。

概要[編集]

インディラ・ガンジー国際空港に隣接するPalam空軍基地に設置されているが、空港の民間ターミナルから見ると滑走路の向こう側に当たるため、空港に向かう一般交通機関を使っての訪問は難しい。休館日は月・火曜と祝日で、入館は無料だが[3]、入館時に係員から記帳するよう求められる。

展示物は、受付とそれに続く小さな展示室を持つ大きなハンガーと、3つの小部屋に分かれた別館に収められ、大きな機体などは屋外に展示されている。記念品を販売する売店も設置されており、売店では簡単な飲み物も出される。

玄関周辺[編集]

インド空軍博物館の敷地入り口近くに展示されているフォーランド ナット

正門の横に空を向いて急上昇するフォーランド ナットの機体が飾られている。ナットは第二次印パ戦争でパキスタン空軍相手に活躍した機体であり、敷地の外からでも塀越しに機体の前半分が見える。また正門を少し入ったところに戦闘で亡くなった兵士たちの慰霊碑がある[4]。小さな玄関の奥に受付があってノートに記帳すると入館が許される。受付を通ると模型や勲章や軍服を陳列した小部屋を通って大きなハンガーに入る。

ハンガーの主な展示物[編集]

1932年以降インド空軍で使用された練習機戦闘機戦闘爆撃機偵察機の実物ほかに、日本の桜花の実物とアメリカのアポロ宇宙船の実物大模型が展示されている。そのほかエンジンや爆弾類も多数展示されている。

プロペラ機ではイギリスの偵察機ウェストランド ライサンダー、第二次世界大戦でイギリスの主力戦闘機となったホーカー ハリケーンスーパーマリン スピットファイアホーカー テンペストが展示されている。

ジェット戦闘機ではイギリスのデ・ハビランド バンパイアホーカー ハンター、フランスのウーラガン、ソ連のスホーイ7ミグ21、インド国産のHF-24など非常に多彩な機体が陳列されている。

屋外の主な展示物[編集]

入り口から見てハンガーの左側には比較的古い機体やインド・パキスタン戦争の戦利品が、右側には比較的新しい機体や大きな機体が置かれている。左側にはアメリカのプロペラ4発爆撃機B-24、イギリスで設計されたジェット爆撃機キャンベラ、ソ連とアメリカのヘリコプター2機Mi-4シコルスキー S-55のほかに、戦闘で破壊されたパキスタン軍の戦車も展示されている[5]。右側の広い屋外エリアには、アメリカの輸送機C-119)やソ連の輸送機アントノフAn-12、ソ連の戦闘機Mig-25などが置かれている。

別館[編集]

別館は3部屋に分かれており、インド空軍の初期から現在までの歴史を写真や模型で解説している。特に第3室では、1983年にソ連の宇宙船ソユーズT-11インド人として初めて宇宙に行った飛行士ラケッシュ・シャルマの業績について説明されている[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公式ホームページより
  2. ^ インド海軍航空隊については1988年ゴア海軍航空博物館(インド)英語版ができた
  3. ^ 「地球の歩き方 D28 インド2013~2014年版」2013年ダイヤモンド・ビッグ社発行 P159
  4. ^ 公式ホームページより
  5. ^ 左側の屋外展示物の内容は公式ホームページを参照した。
  6. ^ 公式ホームページより

外部リンク[編集]