オーストラリア空軍博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg オーストラリア空軍博物館
RAAF Museum - Point Cook.jpg
施設情報
専門分野 軍事博物館
館長 David Gardner
開館 1952年
所在地 オーストラリア空軍ウィリアムズ基地
ビクトリア州ポイント・クック
位置 南緯37度55分50秒 東経144度44分57秒 / 南緯37.930464度 東経144.749073度 / -37.930464; 144.749073座標: 南緯37度55分50秒 東経144度44分57秒 / 南緯37.930464度 東経144.749073度 / -37.930464; 144.749073
外部リンク www.airforce.gov.au/raafmuseum/
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

オーストラリア空軍博物館 (RAAF Museum) は、オーストラリアビクトリア州ポイント・クック英語版に位置するオーストラリア空軍ウィリアムズ基地英語版内にあり、空軍博物館としては世界で2番目に古い歴史をもつ、オーストラリア空軍の公式博物館。この博物館では、オーストラリア空軍が、オーストラリア飛行軍団 (the Australian Flying Corps) として編成されてから現在に至るまで、オーストラリア空軍にとって重要であった航空機を展示している。空軍中将英語版サージョージ・ジョーンズ英語版の指示によって1952年に開設された博物館は、もともとはポイント・クックの空軍司令部の一部局とされていたが、1988年に空軍の独立した組織単位となった。現在は、オーストラリア空軍訓練航空団英語版の監督下に置かれている。

入館[編集]

この博物館は、入館無料である。開館時間は、火曜日から金曜日が午前10時から午後3時、週末と祝日は午前10時から午後5時である。休館日は、月曜日と、クリスマスの日、聖金曜日である。

オーストラリア空軍ウィリアムズ基地(ポイント・クック)は、現役の軍事施設であり、基地のゲートにおいて、成人の入館者は写真付きの身分証明を提示し、署名して入構しなければならない。

展示されている航空機[編集]

「軍事航空の百年 (the Centenary of Military Aviation)」の一環として展示されている、ブリストル ボックスカイトレプリカ

静態展示[編集]

航空機、ヘリコプター、ミサイルなどは、数カ所に分散して展示されている。

航空機のレプリカ[編集]

トレーニング格納庫[編集]

テクノロジー格納庫[編集]

格納庫 180[編集]

屋外[編集]

攻撃機格納庫[編集]

展示されていない保存航空機[編集]

現在、展示されていない保存航空機には次のようなものがある[1]

動態展示[編集]

博物館では、毎週日曜日、火曜日、木曜日に、来場者のために、実際に航空機を飛行させる双方向的な展示もおこなっている[3]。使用される航空機は、博物館が所有しているCA-18 マスタング、ノース・アメリカン ハーバード、CAC ウィンジール、CT4A トレーナー、デ・ハビランド タイガー・モス、レプリカ機ではロイヤル・エアクラフト・ファクトリー R.E.8英語版ソッピース パップである。また、他の博物館から提供された機材が用いられて、動態展示に加わることもあり、飛行を終え着陸した後には、パイロットが観客と双方向的にやりとりをしたり、質問に答えるようになっている。

オーストラリア空軍の曲芸飛行チームであるルーレッツ英語版は、年に2回、通常の日曜日の動態展示に代わる形で演技を披露しており、その日程はソーシャルメディアを通して告知される。

脚注[編集]

関連項目[編集]

ウィキポータル 関連ポータルのリンク

外部リンク[編集]