XP-55 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

飛行中のXP-55

飛行中のXP-55

カーチスXP-55カーチス社アメリカ陸軍用に試作した戦闘機である。愛称はアセンダー (ASCENDER) 。機体後部にプロペラ、機首付近に小翼を配した先尾翼機だったが、安定性不良等の問題から開発中止となった。

概要[編集]

1939年にアメリカ陸軍は、レシプロ機の限界を打ち破るべく周回計画 (Circular Proposal) R40Cという単発の迎撃機の仕様を航空メーカー各社に提示した。そして、バルティーXP-54、ノースロップXP-56と共に、カーチス社の設計案に対して試作発注がなされることとなった。カーチス社の設計案では、主翼は後退翼で着陸装置はカーチス社の軍用機としては初の3車輪式の先尾翼機で、エンジンは開発中だったP&W X-1800(2,200 hp)を搭載することになっていた。しかし、陸軍は余程カーチス社に信頼がおけなかったのか、地上試験用モデルと風洞テスト用モデルの製作発注のみを行い、試作機の発注はその結果次第で行うという対応をとった。その結果、カーチス社はまず実物大の飛行テスト機(社内名称 CW-24B)を自費製作し1941年12月からテストを行った。そして、その年の7月にようやくXP-55として試作機3機の発注を陸軍から受けることができた。

試作1号機の初飛行は1943年7月19日に行われたが、その時点から安定性不良が指摘された。また、搭載予定していたX-1800エンジンが開発中止となってしまったため、約1,000 hpも出力が落ちるアリソンV-1710エンジンを搭載したが、このエンジンでは明らかにパワー不足であった。試作1号機は1943年11月に失速試験を行っている際に墜落して失われた。翌年に、全幅や小翼の形状を変更し操縦性の改善を図った2号機、3号機が完成した。しかし、劣悪な操縦性や低速時の安定性不良は改善されず、最高速度も当時の制式戦闘機を下回る628 km/hしか出なかった。結局、性能不良ということで、本機の開発計画は中止になってしまった。

スペック[編集]

カーチス XP-55 アセンダー
  • 全長:9.01 m
  • 全高:3.53 m
  • 全幅:12.36 m
  • 翼面積:21.83 m²
  • 自重:2,882 kg
  • 全備重量:3,597 kg
  • エンジン:アリソンV-1710-95 液冷V型12気筒 1,275 hp
  • 最大速度:628 km/h
  • 航続距離:1,022 km
  • 実用上昇限度:10,912 m
  • 乗員:1名
  • 武装:
    • 12.7mm機関銃 × 4

登場作品[編集]

敵機として多数登場。『1945Plus』では自機のひとつ(隠し機体)として「P55アセンダー」の名で登場。移動速度や火力に優れ、使い勝手の良い隠し機体ならではの性能となっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]