XP-7 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
XP-7

XP-7アメリカ陸軍向けに開発が行われていた戦闘機。開発はボーイングが行っていたが、1機が試作されたのみであり制式採用はなされなかった。

1920年代に開発が行われた複葉機である。ボーイング モデル15(アメリカ陸軍名称PW-9)を発展させたものである。エンジンはカーチスV-1570(600馬力)に変更・強化されたため、モデル15とは機首形状が異なり、重量も75ポンド軽くなっている。

初飛行は1928年11月に行われ、モデル15より時速17マイルも優速であった。引き続き4機の製作が提案されたが、これ以上の性能向上が見込めなかったことにより、開発は中止された。

要目[編集]

  • 全長:7.31m
  • 全幅:9.75m
  • 全高:2.74m
  • 自重:1,070kg
  • エンジン:カーチス V-1570レシプロエンジン1基(600馬力)
  • 最大速度:270km/h
  • 武装:30インチ機銃1丁、50インチ機銃1丁