XF-103 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
XF-103

XF-103アメリカ合衆国リパブリック・アビエーション社がアメリカ空軍向けに開発していた戦闘機である。マッハ3.7を目指す高速迎撃機の計画であったが、モックアップの完成のみで1957年に開発中止となった。

概要[編集]

1949年頃よりアメリカ空軍は新しい防空用の高速迎撃機を求めるようになった。空対空ミサイルを主武装とした機体を求めており、1951年にコンベア社のモデル8とリパブリック社のモデルAP57が設計比較された。このときはコンベア社案が採用され、F-102として開発されることとなった。しかし、F-102より、さらに高性能の機体が求められ、リパブリック社のモデルAP57の発展案をXF-103として開発することとなった。

XF-103は、飛びぬけた高速機であり、最大速度は高度3万mにおいてマッハ3.7を目指していた。そのため、機体はチタンでできており、エンジンはYJ67ターボジェットおよびXRJ55ラムジェットエンジンの2基を搭載していた。主翼はデルタ翼であり、尾翼もデルタ形状をしている。インテイクは機体下面にあり、鋭角的な二次元形状を計画していた。コックピットは、高速化のために突出しておらず機体に埋め込まれている。前方視界の確保はペリスコープによって行われることになっており、これはF-84Gの改造機により試験を行っている。なお、下方脱出方式を予定していた。

武装は胴体前部のウエポンベイにAIM-4ファルコンまたはAIM-47ファルコン 4発の搭載を計画していた。固定武装はなく、自動迎撃システムの採用により、F-106と同様に乗員による操作は最小限にすることが考えられていた。

モックアップは完成したものの、エンジンが完成せず、価格の高騰と計画の遅延により1957年8月に開発は中止された。

要目[編集]

  • 全長:23.5m
  • 全幅:10.5m
  • 全高:5.05m
  • 自重:11t
  • エンジン:ライトYJ67ターボジェットエンジン(推力約6.7t)+ライトXRJ55ラムジェットエンジン(推力約8.4t)
  • 乗員:1名
  • 最大速度:マッハ3.7
  • 武装:空対空ミサイル4発

参考文献[編集]

  • ミリタリーエアクラフト 1994年1月号 「アメリカ空軍戦闘機 1945-1993」 P.120 デルタ出版

関連項目[編集]

外部リンク[編集]