ミニ・イスラエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミニ・イスラエル内の嘆きの壁岩のドーム

ミニ・イスラエルヘブライ語:מיני ישראל)は、イスラエルアヤロン付近にあるミニチュアパークである。2002年11月にオープンし、敷地内には、イスラエルのランドマークのミニチュアが約350展示されている。ミニチュアは本物の25分の1ほどの大きさである[1][2]

概要[編集]

メイン・サイトの常設展示は、イスラエルにとって重要な、ユダヤ教キリスト教イスラム教関連によって構成されている。園内の案内は、ヘブライ語アラビア語英語で書かれている。[3]来園者の95%はイスラエル人[3]

60,000㎡(14.8エーカー)[3]の敷地のうち、35,000㎡(8.6エーカー)がミニチュアの展示に使われている。公園には、他にも、いくつかのレストランと休憩所、公園についてのビデオが流れるホールなどがある。オーディオ・ガイドなども利用可能[4]

歴史[編集]

ミニ・イスラエルのスローガンは、「See it all - small」である[4]。公園が考案されたきっかけは、イスラエルの企業家Eiran Gazitが1986年に、オランダマドローダムにあるミニチュアパークを訪れたことである[5]。しかし、第1次インティファーダの影響で、計画が始まったのは1994年になってからだった[5]。最初に彼と計画したのは、広告担当のMike Madesonと技術担当のKoby Plashkesである。他にも、ミニチュアのデザイナーや制作者は、旧ソ連からの移民を含む、多数の宗教からの100人以上のメンバーで構成された。資金は、主に2つの投資グループ(Granite Hacarmel、Shikun Ubinui Group)が投資した。ミニ・イスラエルの敷地は、もともとKibbutz Nachshonが所有していた。2002年11月にオープン以来、9ヶ月で35万人の来園者を記録した[5]

ミニチュア[編集]

公園には、約350の建物やランドマークのミニチュアがある。また、3万人の人間や、500匹の動物、4,700台の車、100台のバイク、14の列車、3のヘリコプター、32の飛行機、175隻の船、330台のトラックと1万5千本の木(実物)が植えてある。木は全て、Agronoy保育園で栽培されたもの[4]。公園は、都市ごとの6つのエリア(エルサレム、テルアビブ、ハイファ、ガリル、ネゲヴ、センター)に分かれている。

ほとんどのミニチュアは、1/25のサイズだが、例外もある。ナハラル(1/250)、Orot rabin原発(1/50)、エルサレムの壁(1/50)、アッコ(1/50)、クネセト、メノーラー(1/15)など。

ミニチュアの原料は、ポリウレタン重合体、小さい石など。これらに塗装する際、雨などでも色が落ちないよう、耐水性のものを使用した。電車、飛行機、試合中のサッカー場、重機、ボートなどの多くは、動くようになっている。

出典[編集]

  1. ^ Walz, Steve (2010年5月28日). “Israel: A Summer Like You’ve Never Experienced Before”. The Jewish Journal of Greater Los Angeles. http://www.jewishjournal.com/travel/article/israel_a_summer_like_youve_never_experienced_before_20100528/ 2010年6月14日閲覧。 
  2. ^ “Mini Israel”. Haaretz. (2008年3月25日). http://www.haaretz.com/culture/travel/mini-israel-1.242614 2010年6月14日閲覧。 
  3. ^ a b c Oestermann, Richard (2006). Every second counts: true stories from Israel. Gefen Publishing House Ltd. p. 123. ISBN 965-229-359-8. http://books.google.co.uk/books?id=R7_vveEYkScC&pg=PA123. 
  4. ^ a b c “Mini Israel”. Jerusalem Post. (2010年1月25日). http://www.jpost.com/IsraelGuide/MuseumsInIsrael/Article.aspx?id=166751 2010年6月14日閲覧。 
  5. ^ a b c Veeder, Nechama (2003年8月22日). “Homage to the holy land”. Jerusalem Post. http://pqasb.pqarchiver.com/jpost/access/389164471.html?dids=389164471:389164471&FMT=ABS&FMTS=ABS:FT&date=Aug+22%2C+2003&author=Nechama+Veeder&pub=Jerusalem+Post&desc=Homage+to+the+holy+land&pqatl=google 2010年6月14日閲覧。 

外部リンク[編集]

座標: 北緯31度50分32.97秒 東経34度58分2.1秒 / 北緯31.8424917度 東経34.967250度 / 31.8424917; 34.967250