海事博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
戦艦ウィスコンシンは、4隻ある米海軍アイオワ級の1隻で現在は博物館として公開されている。

海事博物館(かいじはくぶつかん)とは、海事に関する事柄の展示を中心とした博物館である。

概要[編集]

海事とは海洋に関する人間の営みに関する事柄であり、船舶造船などの海運に関する事柄、深海調査や海底資源開発などの海洋開発に関する事柄、漁業海軍に関する事柄などがある。その点で海や河川湖沼などの水辺で暮らす生物を展示する水族館とは展示物の趣旨が異なっている。

港町に立地しその街の歴史を合わせて紹介する施設も多い。海事博物館が加盟する国際的な団体として国際海事博物館機構がある。

展示物[編集]

海事博物館の展示物は様々であるが、一例では下記のようなものがある。

  • 歴史的な船舶の実物又は複製品。海上又は河川上に係留されていたり[1]、博物館内のドックに収容される。小型の船舶の場合は、屋内や敷地内に陸揚げされ展示される。歴史が古く実物が現存しない場合は再現されたものが展示されることもある。
  • 船舶の模型。細密に再現されたものや、大スケールで再現した模型[2]などがある。これらの模型のなかには船舶模型愛好家からの寄贈又は寄託によるものがある[3]
  • 港湾に関する資料。歴史的又は大規模な港湾地域に開設された海事博物館は、その港湾の一部を展示に利用していたり、港湾に関する歴史的資料を展示していることがある。
  • 造船に関する資料。造船業が盛んな地域に開設された海事博物館は、造船に関する資料を展示していることがある。

海事博物館のうち、海軍博物館として海洋の軍事関係を中心に展示する博物館もある。海軍博物館のなかには、空母に搭載する艦載機や、潜水艦を展示するものもある。日本の戦国時代の海軍ともいうべき水軍を中心に展示する水軍博物館もある。

活動[編集]

船舶をはじめとする海事に関する物品を収集し、保存し、展示する他、海事に関する研究や教育活動などを行っている。博物館を拠点として、海事に関するボランティア活動などがおこなわれることもある[4]

主な海事博物館[編集]

See also: List of Transport Museums

日本[編集]

北海道地方[編集]

東北地方[編集]

関東地方[編集]

中部地方[編集]

近畿地方[編集]

中国地方・四国地方[編集]

九州地方・沖縄地方[編集]

日本国外[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東京都船の科学館羊蹄丸宗谷アメリカバージニア州ノーフォークのナショナル・マリタイム・センターで記念艦として公開されているウィスコンシン
  2. ^ 広島県呉市大和ミュージアム大和の模型は縮尺10分の1で全長26.3メートルもある。
  3. ^ 船舶模型愛好家はしばしば、博物館内に仲間内で構成された団体を設立している。博物館にとって、収蔵品の調査において、模型愛好家の資料が正確で助けになるだけでなく、彼らの自宅よりも船舶模型の展示に適した展示場所を彼らに用意する事によって、あたかも寄付行為の様になり、双方にとって有益な結果をもたらす。
  4. ^ 日本丸メモリアルパークに係留されている帆船日本丸では、ボランティアを中心に帆を広げる総帆展帆などが行われている

参考[編集]

リンク[編集]