三菱重工業長崎造船所史料館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三菱重工業長崎造船所史料館(みつびしじゅうこうぎょうながさきぞうせんじょしりょうかん)は長崎県長崎市飽の浦町にある三菱重工業長崎造船所飽の浦本工場内にある企業博物館被爆建造物でもある。三菱重工業発祥の地で、日本の近代化に貢献した同造船所の歴史を振り返る。もともとは1898年(明治31年)に鋳物(エンジンなど)鋳造用の木製鋳型を作る工場として建設され、1982年(昭和57年)に新しい木型場が完成したため、1985年10月に史料館として開館。「三菱長崎造船所 旧木型工場」の名称で、明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業の構成資産として世界遺産に登録されている。

主な収蔵品[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯32度44分37.57秒 東経129度51分34.75秒 / 北緯32.7437694度 東経129.8596528度 / 32.7437694; 129.8596528