トルコ記念館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg トルコ記念館
Türk Müzesi
Turkish Memorial and Museum Kushimoto Wakayama pref Japan02-b.jpg
施設情報
正式名称 トルコ記念館[1]
事業主体 串本町
管理運営 串本町
開館 1974年
所在地 649-2211
和歌山県東牟婁郡串本町樫野1025-25
位置 北緯33度28分9秒
東経135度51分31秒
座標: 北緯33度28分9秒 東経135度51分31秒
プロジェクト:GLAM
看板

トルコ記念館(トルコきねんかん、トルコ語: Türk Müzesi)は、和歌山県串本町紀伊大島にある町立の博物館1890年明治23年)9月16日に紀伊大島沖で遭難したオスマン帝国(現在のトルコ)のフリゲートエルトゥールル号の模型や乗員の遺品のほか、トルコ政府から寄贈された品々を展示している。

日本赤十字「平時国際活動発祥の地」記念碑 串本町

由来[編集]

記念館の由来は、オスマン皇帝の特使を乗せて日本に派遣されたエルトゥールル号が、帰国の途にあった1890年(明治23年)、樫野埼灯台近くで座礁したことにある。犠牲者587名という大惨事であったが、地元大島村(現串本町)の人々はトルコ人の遭難者に温かい対応を行ったことが、日本とトルコの友好の始まりとして有名なエピソードになっている。

トルコ記念館はこの出来事を記念し、1974年(昭和49年)12月に遭難現場付近の紀伊大島に建設された。2階展望台からはエルトゥールル号が座礁した地点を見ることができる。

施設概要[編集]

  • 開館時間:9時-17時[1]
  • 休館日:年中無休[1]
  • 駐車場:84台(無料)
串本町樫野の海岸

交通[編集]

周辺情報[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 串本町トルコ記念館条例

関連項目[編集]

外部リンク[編集]