舞子 (砲艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
艦歴
計画
起工 1909年
進水 1909年
就役 1910年
除籍 1947年5月3日
性能諸元
排水量 常備:95トン
満載:130トン
全長 垂線間長:36.5m
全幅 6m
吃水 0.6m
主缶 ヤーロー石炭専焼水管缶1基
主機 直立型三段膨張式三気筒レシプロ機関2基2軸推進
最大
出力
250hp
最大
速力
「マカオ」時代:11.8ノット
「舞子」時代:5ノット
航続
距離
乗員 40名[1]
兵装 「マカオ」時代
オチキス 5.7cm(40口径)単装砲2基
7.7mm(80口径)単装機銃2丁

「舞子」時代
三年式 7.6cm(40口径)単装高角砲1基
20mm機銃1丁

舞子(まいこ / まひこ[2])は、日本海軍砲艦。元はポルトガル海軍の河用砲艦「マカオ Macau」で、戦時中に日本海軍が購入した。艦名は神戸市垂水区の景勝地「舞子の浜」にちなんで名づけられた。

艦歴[編集]

本艦は1909年イギリスヤーロー社で起工された小型砲艦で、ポルトガル領マカオの警備艦として発注された艦であった。同年に竣工後、自力回航は無理なために分解して輸送船に乗せて香港へ運ばれ、現地で組み立てられ就役した。

1939年9月に第二次世界大戦が勃発したが、ポルトガルは中立国となり参戦しなかった。その後1941年12月にアジア太平洋地域に戦火が広がり、マカオの周辺を占領した日本海軍がポルトガルとの交渉の上で1943年8月15日に購入し、艦籍に入れ「舞子」と命名し砲艦に類別した。佐世保鎮守府[3]。整備は香港の海軍第二工作部が行った。以後、香港広東方面の哨戒に従事した。1944年10月1日に軍艦から除かれ艦艇の砲艦に類別が変更された。

広東で終戦を迎え、中華民国に接収され、中華民国海軍「武鳳 Wu-Feng」となったが、1949年中華人民共和国に投降し中国人民解放軍海軍所属の「3-522」となる。1960年代に除籍された。

艦長[編集]

(注)1944年10月1日以降は「砲艦長」。

  1. 福地好 大尉/少佐:1943年8月15日[4] - 1945年4月29日[5]
  2. 土居正雄 大尉:1945年4月29日[5] - 1946年5月14日[6]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部 編『写真 日本の軍艦 第9巻 軽巡Ⅱ』光人社、1990年。ISBN 4-7698-0459-8
  • 田村俊夫「戦史発掘 異色の舶来砲艦『舞子』の数奇な生涯」
  • 潮書房『丸』1998年2月号 No.622、160~167頁。
  • 「Conway All The World's Fightingships 1906-1921」(Conway)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]