鳴海 (砲艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鳴海
基本情報
建造所 上海ドック&エンジニアリング社(上海)[1]
運用者  大日本帝国海軍
艦種 砲艦[2]
母港 佐世保[3]
艦歴
起工 1919年
進水 1921年2月28日
竣工 1921年[1]
除籍 1947年5月3日[1]
その後 1945年9月国府が接収[1]
改名 イタリア艦時:Ermanno Cariotto[1]
日本海軍:鳴海[4]
中国時:江鯤[1]
要目
基準排水量 180トン
垂線間長 48.80m
最大幅 7.50m
吃水 0.70m
ボイラー ヤーロー重油専焼水管缶 2基
主機 レシプロ機関 2基
推進 2軸
出力 1,100馬力
速力 14.0ノット
燃料 重油:56トン
乗員 1943年11月1日定員:56名[5]
兵装 整備完成時[1]
40口径三年式8cm単装砲 1門
機銃 3挺
注記の無い要目はイタリア海軍時[1]
テンプレートを表示

鳴海 (なるみ)[4] は、日本海軍砲艦[2]。 前身はイタリア海軍の砲艦「エルマーノ・カルロット(Ermanno Carlotto)」[1]。 艦名は都市名勝名で東海道五十三次宿場鳴海宿(現在の名古屋市緑区にある)がある[6]。 また近くの海を鳴海潟と呼び、そこで歌われた古歌から太田道灌が勝機をつかんだという故事があるという[6]

艦歴[編集]

「エルマーノ・カルロット」は上海ドックアンドエンジニアリング社で1921年に竣工[7]。第二次世界大戦中は上海にあり、1943年(昭和18年)9月のイタリアの降伏に伴い日本軍の手に渡った[8]。自沈したともいわれるが、自沈したイタリア敷設艦「レパント」と比べて日本海軍への編入までの期間が短いことなどから自沈せず鹵獲された可能性も高い[9]

鳴海[編集]

第一工作部で整備を行い[1]、 同年11月1日「鳴海」と命名[4]、 日本海軍籍に編入[10]、 砲艦に類別された[2]。 同日佐世保鎮守府[3]支那方面艦隊揚子江方面特別根拠地隊所属となった[10]。 江南造船所で改装、修理工事を行い、12月30日工事が完成した[11]。 その後上海を出港、下流警戒隊となった[11]

1944年[編集]

1944年(昭和19年)1月3日南京[11]。 6日に南京を出港し[11]、 以降揚子江の哨戒に従事した[1]。 8月1日に上海着、26日上海発、哨戒任務を継続した[11]。 10月1日に軍艦から除かれ艦艇の砲艦に類別が変更された[12]

10月7日、「鳴海」は九江でP-40の攻撃を受け、左舷燃料タンクへの直撃弾1発と、至近弾2発を受けた[13]。10月8日から9日にかけて工作船「早瀬」によって修理が行われた[13]。10月10日、「鳴海」と「多々良」で第二十四砲艦隊が編成された[13][14]

1945年[編集]

鳴海
基本情報
艦歴
要目(最終時[15]
排水量 461.3トン
全長 57.9m
最大幅 8.5m
吃水 常備:1.33m
ボイラー ロ号艦本式缶 2基
主機 レシプロ 2基
出力 2,200馬力
速力 14.3ノット
燃料 重油:79.7トン
航続距離 重油9.0トン/日
乗員 53名
兵装 装備予定[注釈 1]
8cm迫撃砲 3門
九二式13mm単装機銃 3挺
九二式7.7mm機銃 2挺
テンプレートを表示

1945年(昭和20年)1月4日、九江から漢口へ向かう途中でP-51の攻撃を受け、至近弾5発と銃撃により損傷[16]。死者3名、負傷者8名を出した[16]。「鳴海」は1月22日に江南造船所に着き、入渠した[16]。3月19日、「須磨」とともに南京へ向かっている途中で「須磨」が触雷沈没し、「鳴海」は「須磨」乗員を救助した[17]。 「鳴海」は上海で終戦を迎えた[1]

戦後[編集]

1945年9月に中華民国軍が接収、中華民国海軍「江鯤 (Chiang-Kun)」と改名された[1]。 日本海軍籍は1947年5月3日除籍された[1]1949年[1]中国人民解放軍海軍に投降した。 1960年代に除籍された。

艦長[編集]

(注)1944年10月1日以降は「砲艦長」。

  1. 吉田駒雄 大尉/少佐:1943年11月1日[18] - 1945年2月20日[19]
  2. 小池三雄 大尉:1945年2月20日[19] - 1945年8月15日[20]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 但し書きで「但シ目下装備中ニシテ今後若干ノ変更アルヤモ知レズ尚鳴海及隅田ハ未着手」とある。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o #日本海軍特務艦船史(1997)p.105
  2. ^ a b c #S18.9-12内令/昭和18年11月(1)画像1、昭和18年11月1日内令第2249号。『軍艦、砲艦ノ部中「舞子」ノ下二「、鳴海」ヲ加フ』(抜粋)。
  3. ^ a b 昭和18年11月1日付 内令第2282号」 アジア歴史資料センター Ref.C12070182000 
  4. ^ a b c #S18.1-12達/11月(1)画像3、『達第二百六十五號 大東亞戦争中捕獲セル伊國河用砲艦「エルマノカーロット」ニ左ノ通命名ス 昭和十八年十一月一日 海軍大臣 島田繁太郎 軍艦 鳴海(ナルミ)』
  5. ^ 海軍定員令 昭和18年11月1日付 内令第2266号制定分 「第71表ノ4 砲艦定員表其ノ10」。
  6. ^ a b #銘銘伝(2014)pp.248-249、鳴海(なるみ)
  7. ^ 元イタリア河用砲艦だった「鳴海」の生涯を徹底調査でたどる、128ページ
  8. ^ 元イタリア河用砲艦だった「鳴海」の生涯を徹底調査でたどる、128-130ページ
  9. ^ 元イタリア河用砲艦だった「鳴海」の生涯を徹底調査でたどる、129-130ページ
  10. ^ a b 元イタリア河用砲艦だった「鳴海」の生涯を徹底調査でたどる、130ページ
  11. ^ a b c d e 伊達久「『砲艦』行動年表 鳴海」#写真日本の軍艦第9巻p.221
  12. ^ #S19.9.S19.10秘海軍公報/10月(1)画像12、昭和19年10月1日内令第1130号
  13. ^ a b c 元イタリア河用砲艦だった「鳴海」の生涯を徹底調査でたどる、132ページ
  14. ^ #S19.9.S19.10秘海軍公報/10月(2)画像36、昭和19年10月10日内令第1164号
  15. ^ #勢多引渡目録画像4-5、中支部隊所属艦艇要目一覧表
  16. ^ a b c 元イタリア河用砲艦だった「鳴海」の生涯を徹底調査でたどる、134ページ
  17. ^ 元イタリア河用砲艦だった「鳴海」の生涯を徹底調査でたどる、135ページ
  18. ^ 昭和18年11月1日付 海軍辞令公報(部内限)第1253号」 アジア歴史資料センター Ref.C13072094200 
  19. ^ a b 昭和20年2月26日付 秘海軍辞令公報 甲 第1731号」 アジア歴史資料センター Ref.C13072103500 
  20. ^ 昭和20年8月27日付 海軍辞令公報 甲 第1897号」 アジア歴史資料センター Ref.C13072107000 

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 「11月(1)」『昭和18年1月~12月 達』、 Ref.C12070123200。
    • 「昭和18年11月(1)」『昭和18年9月~12月 内令』、 Ref.C12070189600。
    • 「10月(1)」『昭和19年9月.昭和19年10月 秘海軍公報』、 Ref.C12070502900。
    • 「10月(2)」『昭和19年9月.昭和19年10月 秘海軍公報』、 Ref.C12070503000。
    • 「現有品目録 砲艦勢多」『支那方面艦隊引渡目録 14/17』、 Ref.C08010874700。
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝<普及版> 全八六〇余隻の栄光と悲劇』潮書房光人社、2014年4月(原著1993年)。ISBN 978-4-7698-1565-5
  • 『日本海軍特務艦船史』世界の艦船 1997年3月号増刊 第522集(増刊第47集)、海人社、1997年3月。
  • 田村俊夫「元イタリア河用砲艦だった「鳴海」の生涯を徹底調査でたどる」『歴史群像 太平洋戦史シリーズVol.51 帝国海軍 真実の艦艇史2』学習研究社、2005年 ISBN 4-05-604083-4、128-136ページ。
  • 雑誌『』編集部/編『写真 日本の軍艦 第9巻 軽巡II』光人社、1990年4月。ISBN 4-7698-0459-8

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • ERMANNO CARLOTTO river gunboat本艦の説明(英語)。「エルマーノ・カルロット(Ermanno Carlotto)」時代の写真とスペックがある。
  • REGIA CANNONIERA ERMANNO CARLOTTO本艦の説明(イタリア語)。「エルマーノ・カルロット(Ermanno Carlotto)」時代の写真がある。
  • 江鯤本艦の説明(中国語)。「江鯤」時代の写真がある。