鎮中 (砲艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鎮中
艦歴
発注: 1881年(光緒7年)李鴻章
起工: 1879年
進水: 1881年
就役: 1881年
除籍: 1903年8月21日雑役船編入
廃船: 1906年6月8日
要目
排水量: 常備:420t
全長: 垂線間長:36.6m
全幅: 8.8m
吃水: 2.9m
機関: 2軸レシプロエンジン2基
455馬力
最大速: 10.0kt
兵員: 28名
兵装: 28cm砲1基
12ポンド砲1基

鎮中(ちんちゅう)は、日本海軍砲艦。元清国海軍の鎮東型砲艦「鎮中 Chen-Chung」で日清戦争の戦利艦である。

艦歴[編集]

1881年、イギリスニューカッスルアームストロング社エルジック工場で竣工、清国北洋水師に所属した。

日清戦争時の1895年2月17日、 威海衛で捕獲され、3月16日に日本艦籍に編入された。その後の日清戦争中には国内警備に従事した。1898年3月21日、 二等砲艦に類別された。

義和団の乱においては、僚艦「鎮辺」とともに太沾に派遣された。1903年8月21日に除籍され雑役船に編入、1906年6月8日に廃船となり、9月14日、船体のみの艦営需品魚形水雷標的となった。1909年11月20日、売却報告。

艦長[編集]

同型艦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本海軍史』第9巻、194頁。

参考資料[編集]

  • 呉市海事歴史科学館編『日本海軍艦艇写真集 航空母艦・水上機母艦』ダイヤモンド社、2005年。
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』普及版、光人社、2003年。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第一法規出版、1995年。

関連項目[編集]