操江 (砲艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
操江
艦歴
発注
建造所 江南機器製造総局
起工
進水 1866年
就役 1869年
除籍 1903年10月26日内務省移管
その後 1924年頃、厳本善造所有
所属 Flag of China (1889–1912).svg 清国海軍英語版
 大日本帝国海軍
性能諸元
排水量 常備:640t
全長 垂線間長:47.7m
全幅 8.6m
吃水 3.1m
機関 レシプロエンジン2基
350馬力
最大速 9.0kt
兵員 79名
兵装 15cm砲2基
機砲 2基
その他 信号符字:GQFW(1895年〜)[1]

操江(そうこう、さうかう)は、日本海軍砲艦。元清国海軍の砲艦「操江」(ツァオキアン Tsao-kiang/ Caojiang)で日清戦争の戦利艦である。『幕末以降帝国軍艦写真と史実』によれば、艦名の由来は不明[2]

艦歴[編集]

1869年同治8年)、清国上海江南製造局にて竣工し、北洋水師に所属した。

1894年光緒20年・明治27年)7月25日、日清戦争豊島沖海戦にて貨物船「高陞号」(Caojiang)を護衛中、日本海軍の防護巡洋艦秋津洲」に拿捕され、9月12日に日本艦籍に編入された[3]佐世保鎮守府所管[4]。10月14日、警備艦となる[4]。その後の日清戦争中には朝鮮水域の哨戒に従事した。1898年(明治31年)3月21日、日本海軍は海軍軍艦及び水雷艇類別標準を制定し、1,000トン未満の軍艦を二等砲艦と定義[5]。操江は二等砲艦に類別される[6]

1903年(明治36年)5月22日、千島方面の測量任務中、濃霧のため根室湾にて座礁し、7月9日に浮揚された。10月26日に除籍され内務省に移管し、神戸港に繋留された兵庫県港務部検疫船「操江号」となった。1924年、西宮市の厳本善造の所有となり「操江丸」として船籍に登録される。1965年まで船籍に登録されていたという。

艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

日本海軍
  • 酒井正房 大尉:1896年4月1日 - 11月24日
  • 福井正義 大尉:1896年11月24日 - 1898年5月3日
  • 杉坂虎次郎 少佐:1898年5月3日 - 6月28日
  • 三戸与十郎 少佐:1898年6月28日 - 1899年12月13日[7]
  • 臼井幹蔵 少佐:1901年7月29日 - 10月1日
  • 東郷吉太郎 少佐:1901年10月1日 - 1902年10月6日
  • 稲葉宗太郎 少佐:1902年10月6日 - 1903年2月7日
  • 田中鋭郎 少佐:1903年2月7日 - 8月27日

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ #信号符字点附 画像1『九月二十二日 軍艦操江ヘ信號符字ヲ點附ス 逓信省告示 ○逓信省告示第百八十七號 軍艦操江ヘ點附ノ信號符字ハ左ノ如シ 明治二十七年九月二十二日 逓信大臣伯爵黑田淸隆 信號符字 艦名 GQFW 操江 Sow-ko』
  2. ^ #幕末以降帝国軍艦写真と史実 p.57「操江は成語とすれば『江』を守護するの意味ならんか。或はまたかかる地名ありて、それに據るものか、詳かならず。」
  3. ^ #27年9月12日 『九月十二日 捕獲清國軍艦操江ヲ帝國軍艦トス 海軍省達 ○海軍省達第百五十二號 捕獲清國軍艦操江ヲ帝國軍艦ト定メラル 明治二十七年九月十二日 海軍大臣伯爵西郷從道』
  4. ^ a b #27年10月 画像3『達第百六十二號 佐世保鎭守府所管非役艦操江ヲ警備艦ト定メラル 明治二十七年十月十四日 海軍大臣 伯爵西郷従道』
  5. ^ #達明治31年3月(1) 画像14『達第三十四號 海軍大臣ニ於テ別表ノ標準ニ據リ軍艦及水雷艇ノ類別及等級ヲ定メ若ハ其ノ變更ヲ行フコトヲ得セシメラル 明治三十一年三月二十一日 海軍大臣侯爵 西郷從道』
  6. ^ #達明治31年3月(1) 画像15・16『達第三十五號 軍艦及水雷艇ノ類別及等級ヲ別紙ノ通リ定ム 明治三十一年三月二十一日 海軍大臣侯爵 西郷從道 軍艦|砲艦|二等|操江 …(以下略)…|』
  7. ^ 『官報』第4937号、明治32年12月14日。

参考文献[編集]

  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』光人社、1993年。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報
  • 海軍有終会『幕末以降帝国軍艦写真と史実』海軍有終会編、1935年。
  • アジア歴史資料センター(公式)
    • 『公文類聚・第十八編・明治二十七年・第三十二巻・軍事門四・海軍・雑載:捕獲清国軍艦操江ヲ帝国軍艦トス』。Ref.A01200786300。
    • 『公文類聚・第十八編・明治二十七年・第三十八巻・交通門四・河川港湾・道路橋梁・舩車、地理門・土地・森林:軍艦操江経信号符字ヲ点附ス』。Ref.A15112897400。
    • 『明治27年 達 下巻:10月』。Ref.C12070034200。
    • 『明治31年 達 完:3月(1)』。Ref.C12070040500。

関連項目[編集]