豊島沖海戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
豊島沖海戦
Battle of Phungdo.jpg
小林清親による浮世絵
戦争日清戦争
年月日1894年7月25日
場所朝鮮半島西岸、豊島
結果:日本側の勝利
交戦勢力
大日本帝国の旗 大日本帝国 清の旗
指導者・指揮官
Naval Ensign of Japan.svg 坪井航三 Flag of the Qing Dynasty (1889-1912).svg 方伯謙
戦力
巡洋艦3 巡洋艦2
砲艦1
商船1
損害
沈没艦なし
死傷者なし
巡洋艦等2隻沈没
戦死者1100名
日清戦争

1894年(明治27年)7月25日、朝鮮半島西岸沖の豊島(現京畿道安山市檀園区内)沖にて、日本海軍連合艦隊と清国海軍北洋艦隊の間で行われた海戦。宣戦布告前に発生した。

経過[編集]

開戦までの動き[編集]

7月16日に日英通商航海条約が締結された事でイギリスの中立を確認した日本政府は、翌17日の大本営御前会議で清国に対する開戦を決定した。現時点の朝鮮国首都ソウル周辺では清国兵2000名の駐留に対して日本兵は8000名と優位に立っており、清国側の増援が到着する前に戦端を開こうとする算段だった。しかし16日の条約調印時に英国側から暗に戦争回避を示唆され、19日にも英代理公使パジェットから開戦とあらば日本側に責任有りと見なすと通告されるなど未だイギリスの立場に予断は許されなかった。

19日、日本政府は清国政府に対し「24日を過ぎても回答せずに増派するならば我が国に対する威嚇行為と見なす」という覚え書きの最後通牒を送り付けた。この「威嚇行為」の部分は「敵対行為」であったともされ外交文書にも関わらず正確な文言は不明である。開戦を主導する陸奥宗光外相は「25日以降は清国の軍艦ないし兵員輸送船を攻撃しても外交上問題ない」旨を海軍側に伝えていた。最後通牒の回答期限を過ぎれば清国軍の増派を確認した時点で戦争状態に突入できるという理屈であったが、これはあくまで清国との間でのみ押し通せるものであり、西洋列強の第三国が関わる事態までは想定されてない言葉だった。

23日午前11時、伊東祐亨中将率いる連合艦隊が佐世保から朝鮮半島に向けて出港し、巡洋艦3隻からなる坪井航三少将指揮の第一遊撃隊は先発隊としてソウル南方の牙山湾に向かった。明けて24日、第一遊撃隊は清国陸兵1000名を乗せた輸送船「愛仁号」「飛鯨号」を護送して牙山港に向かう「済遠」「広乙」の船団と出会うが期日前ゆえにそのまま素通りさせた。

そして最後通牒の期日を過ぎた25日早朝、第一遊撃隊は牙山湾の出口付近にある豊島沖にてスループ「武蔵」通報艦「八重山」と合流する予定だったが2隻は現れず、代わりに牙山港から航進して来た「済遠」「広乙」と遭遇した。この清国艦2隻は前日の輸送船を牙山港に届けた後、天津から続けて到着する陸兵輸送船「高陞号」を出迎える予定だった。午前7時52分、やや狭い海路の中で両国の艦隊の距離が3000メートルまで近づいた時、突如砲弾が発射され豊島沖に轟音が響いた。清国側の主張によると日本艦船が先に砲撃したとされ、また日本側の報告では「吉野」が国際海洋法に従って’礼砲’を放つも「済遠」は返礼せず、少し後に実弾を発射して来たとされた[1]。最初に砲撃したのはどちらなのか真相は定かではないが、開戦に消極的で当日の戦力も劣る清国側の動機が薄いのと、現場の状況並びにその他の報告を鑑みるに日本側が先に仕掛けた可能性が濃厚と見られている。

海戦[編集]

非常に霧が濃く視界が悪い中であったが直後の午前8時前に「済遠」の艦橋に吉野の4.7インチ砲弾が命中し副長沈寿昌が戦死する。後続の「浪速」「秋津洲」も砲撃を開始し形勢不利とみた「済遠」艦長 方伯謙は白旗と日本軍艦旗をマストに掲げ、降伏を装う。

坪井司令はその矛先を未だ抵抗する広乙に向けた。秋津洲は広乙を海岸方面に追い、これを擱座させる。艦長林国祥は乗員を上陸させたのち船体を爆破させた。だがそのとき、降伏したはずの済遠が北西方面に逃走を開始する。機関停止確認と端艇派遣による船体確保を怠った日本側のミスであった。吉野・浪速はただちに追跡を開始する。

逃走する「済遠」は清国の国旗を降ろして日本軍艦旗の上に白旗を加えて掲げ、降伏の意を示したかと思えば突如、逃走を図ることを繰り返し第1遊撃隊を翻弄する。そうした追跡を繰り返していたとき、清国艦隊が合流を予定していた清国軍艦「操江」及び汽船「高陞号」(英国商船旗を掲揚)と遭遇した。

「済遠」はこの後続部隊に何も報告せずに逃走を続けた[2]。日本艦隊は「吉野」が引き続き「済遠」を追撃し「浪速」が新たな清国艦隊に対応する。やがて「秋津洲」が追いつき「操江」を追撃、これを拿捕する。

「吉野」の最高速度は23ノットで「済遠」は15ノットであったが、「済遠」は上手にジグザグコースをとって逃げ回りながら2門の21cm砲で砲撃。「吉野」は15cm砲で反撃した。「吉野」が「済遠」を2500mまで追い詰めた時、「済遠」艦長は面舵をとって浅瀬へと船を向かわせた。浅瀬では「吉野」の方が喫水が深いので危険であると判断、坪井司令は追撃中止を命令した。

「済遠」はドイツ製巡洋艦で2300tで喫水は4.67 m、「吉野」はイギリス製の4216tで喫水は5.18mであった。

高陞号事件[編集]

高陞号撃沈の場面を描いた絵

「高陞号」は、戦争準備行動として仁川に清国兵約1100名を輸送中であった。「浪速」は高陞号に空砲2発をうち、手旗信号で停船を求め、臨検を開始した。

10時40分、臨検を命じられた人見善五郎大尉は高陞号に到着し、ただちに船長トーマス・ゴールズワージーに面会した。人見は船籍証明をチェックし、ゴールズワージーを尋間したのち帰艦し、東郷に復命する。その内容は

  • 本船は英国ロンドン所在インドシナ汽船会社代理店、怡和洋行(ジャーディン・マセソン・コンパニー)の所有船
  • 清国政府に雇用され、清兵1100名、大砲14門、その他の武器を太沽より牙山に運送中
  • 船長にわが艦に随航することを命じたところ、船長はこれを承諾

であった。東郷はただちに「錨をあげよ。猶予してはならない」と信号旗をあげた。

ところが、船長は「重要なことがあるので、語し合いたい。再度端艇をおくれ」と返答する。人見大尉が再度赴く事になるがその際に東郷は「清兵がもし応じないようであれば、ヨーロッパ人船員士官に何が重要かを問い、移乗を望めば、端艇にて連れ帰れ」と訓令した。

人見大尉はまもなく帰艦し、「清兵士官は船長を脅迫して、命令に服従できないようにし、かつ船内には不穏の状がある」と復命した。東郷は「高陞号」の英国船員に向かい「艦をみすてよ」と信号を送る。その後、「端艇をおくれ」と返信があり、「端艇おくりがたし」と連絡すると、突如「許されぬ」と答えがあった。東郷は再度「艦をみすてよ」と信号し、かつマストに警告の赤旗をかかげた。すると高陞号船上では清兵が銑や刀槍をもって走りまわるさまがうかがえた。2時間に渡る問答の末、抑留が不可能と判断した東郷は「撃沈します」と命令した。

「撃ち方始め」の命令とともに水雷が発射され、砲撃が開始された。1時45分、「高陞号」はマストを残して海中に没した。東郷は端艇を下ろし、泳いで浪速に向かってきた船員士官全員を救助した。

結果[編集]

この海戦による日本側の死傷者及び艦船の損害は皆無であった。清国側は「済遠」が大破とされているが真偽は不明、「広乙」と「高陞号」も撃沈された。「操江」は「秋津洲」に鹵獲され1965年の除籍まで日本でさまざまに利用された。

影響[編集]

日本国と清国の全面戦争が避け難いものとなり、7日後の8月1日に宣戦布告が日本からなされた。

このあと英国船籍の商船「高陞号」を撃沈されたイギリスでは、日本に対して反感が沸き起こる。 イギリスが当初問題にしたのは、豊島沖海戦が戦争中か否かという点にあった。

豊島沖海戦は日本の宣戦布告以前の7月25日に起きている。日本は7月19日に清国に「今より5日を期し、適当な提議を出さねば、これに対し相当の考慮をおしまず、もし、このさい(朝鮮への)増兵を派遣するにおいては『脅迫』の処置と認む」と警告(いわゆる「五日猶予付き最後通牒」)した。

この「脅迫」という文言は当時の外交用語では「戦争開始」という意味であり、「挑発」なども同義である。実際1911年のアガディール事件のさいドイツ外務省がこれを使い、イギリスはただちに艦隊の出師準備発動を命令するという騒ぎになっている。

日本は警告した同日付で連合艦隊の出師準備発動を命令した。だが、この外交的推移は当事国しかわからず、第三国にはわからないものだった。とりわけ清国政府は日本の最後通牒を公開しなかったので尚更第三国に情報は流れていなかった。

イギリスの国際法学者トーマス・アースキン・ホランドジョン・ウェストレーキは、この問題に対し別個にタイムズ紙に寄稿して国際法を説明し、結論として日本側に違法行為はないことを主張した。

「高陞号の沈没したのは戦争が開始されたあとである。戦争というものはあらかじめ宣言せず始めても、少しも違法ではない。これは英米の法廷で幾度も審理され確定している。高陞号の船員は初め戦争が起こったことを知らなかったに違いない。だが、日本の士官が船に乗り込んできたときこれを知ったとみなさざるをえないし気づくべきであった。このとき英国旗をかかげていたか否かは重要ではない。戦争が始まったのであれば交戦国の艦艇は公海上ならあらゆる船を臨検し交戦国の船、第三国の船でも相手国向けの戦時禁制品が積んであればこれを没収、あるいは破壊・処分し、必要なら撃沈するというのは艦長に認められる権利だからである。日本水兵が乗船しても捕獲することは不可能と認められるので、日本の(浪速)艦長が、いかなる暴力を用いようとも、それは艦長の職権である。また沈没後に救助された船員は規則通り自由になることができたので、この点でも国際法に背馳していない。それゆえ日本政府が英国に謝罪する義務は生じない」。

イギリス留学で国際法を勉強した東郷はこのことを熟知しており、この件に関しては常に合法な範囲で行動していた。結果イギリスの世論は沈静化するが一方で「高陞号」が清国兵及び大砲を輸送していたことにより、清国が天津条約に背馳し、日本の最後通牒を無視して朝鮮領海内を突破し、牙山に大兵を集中させつつあったことを全世界に暴露してしまった。そのため清国がこの戦争において侵略者であるというイメージをもたせてしまう事になった。

両国の艦隊[編集]

日本艦隊[編集]

清国艦隊[編集]

後に戦闘に参加

  • 砲艦  操江
  • 輸送船 高陞号(清国がチャーターした輸送船:船長トーマス・ライダー・ゴールズワージー)

脚注[編集]

  1. ^ 25日午前7時、豊島の沖にて出会せり。 「済遠」「広乙」は司令官に礼砲をなさず。且つ戦争準備の模様なるにより、距離3000m、「吉野」即刻開戦砲撃す。アジ暦7月28日 伊東連合艦隊司令長官発 大本営宛 豊島沖海戦詳報【 レファレンスコード 】 C06060813500
  2. ^ 「高陞号」との信号の間に済遠号、浪速の艦尾に向い進んで凡そ三百「メートル」に来る。浪速、側砲を発して之を撃ち。吉野も済遠号を撃つ。アジ暦 豊島沖海戦の詳報 平山八重山艦長【 レファレンスコード 】 C06061829400

出典[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]