済遠 (防護巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
済遠から転送)
移動先: 案内検索
Japanese cruiser Saien in 1895.jpg
艦歴
発注
起工 1880年1月31日
進水 1883年6月6日
就役 1885年8月
その後 1904年11月30日触雷、沈没
除籍 1905年5月21日
性能諸元
排水量 基準排水量:2,355トン(北洋艦隊所属時)2,440トン(日本海軍所属時)
全長 75.0m
全幅 10.5m
吃水 4.67m
機関 形式不明円缶2基+三段膨脹式レシプロ機関2基2軸推進
最大出力 2,800hp
最大速力 15ノット
燃料 石炭:230トン
乗員 180~202名
兵装 (北洋艦隊所属時)
クルップ 21cm(38口径)連装砲1基
クルップ 15cm(35口径)単装砲1基
47mm単装砲2基
37mm単装砲9基
381mm水上魚雷発射管4基

(日本海軍所属時)
クルップ 21cm(38口径)連装砲1基
クルップ 15cm(35口径)単装砲1基
7.5cm単装砲2基
47mm単装砲6基
36cm水上魚雷発射管4基

装甲 甲板:75~102mm(主甲板)
主砲バーベット部:50mm(最厚部)
司令塔:50mm

済遠(さいえん、Tsi yuen)は、清国海軍がドイツのフルカン社に発注して就役させた防護巡洋艦で同型艦はない。北洋艦隊に所属し、日清戦争において日本海軍に鹵獲された。日露戦争において戦没。

艦歴[編集]

1885年、ドイツ、フルカン造船所にて竣工。

1886年8月、清国北洋艦隊の旗艦定遠らとともに、補修の名目で長崎に入港。その際、上陸した乗員により騒動が起こる(長崎事件1894年、北洋艦隊に編入。同年、日清戦争に参加。豊島沖海戦黄海海戦に参加。両海戦でのある意味では見事な逃走が有名となる。1895年2月17日威海衛の戦い後、威海衛で日本軍に降伏し鹵獲される。

1895年3月16日巡洋艦として艦籍に入る。1898年3月21日、三等海防艦に類別。1903年12月-日、邦人保護で仁川、木浦に派遣。

1904年2月8日日露戦争開戦。釜山沖で、エカテリノスラフ(ロシア語:Екатеринослав)号 拿捕。

同年11月30日、鳩湾二〇三高地攻撃を支援中、午後2時24分にセントアップス頭北西沖で触雷し3分後に沈没[1]。艦長但馬惟孝中佐以下38名が死亡し、195名が救助された[2]

1905年5月21日 - 除籍。

艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

日本海軍
  • 平尾福三郎 大佐:1895年5月11日 - 1896年8月13日
  • 柏原長繁 大佐:1896年8月13日 - 1897年2月18日
  • 東郷正路 大佐:1897年4月17日 - 12月27日
  • 徳久武宣 大佐:1897年12月27日 - 1898年5月3日
  • 井上敏夫 中佐:1898年5月3日 - 7月19日
  • 松枝新一 中佐:1898年7月19日 - 9月1日
  • 高橋助一郎 中佐:1900年5月20日 - 9月25日
  • 松枝新一 大佐:1900年9月25日 - 1901年1月23日
  • 佐伯誾 中佐:1901年4月1日 - 1902年1月28日
  • 但馬惟孝 中佐:1903年2月3日 - 1904年11月30日戦死

脚注[編集]

  1. ^ 日露旅順海戦史、234-235ページ
  2. ^ 日露旅順海戦史、235ページ

参考文献[編集]

  • 真鍋重忠、『日露旅順海戦史』、吉川弘文館、1985年、ISBN 4-642-07251-9
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報

関連項目[編集]

外部リンク[編集]