伏見 (伏見型砲艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伏見
艦歴
計画 マル3計画
起工 1938年7月15日
進水 1939年3月26日
就役 1939年7月15日
除籍 1947年5月3日
性能諸元(竣工時)
排水量 基準:304t 公試:350t
全長 50.3m
全幅 9.80m
吃水 1.20m (公試平均)
主缶 ホ号艦本式混焼缶2基
主機 艦本式タービン2基2軸 2,200hp
速力 17.0kt
航続距離 1,400NM / 14.0kt (重油54t)
乗員 61名
兵装
(竣工時)
短8cm単装高角砲1門
25mm連装機銃1基

伏見(ふしみ)は、日本海軍砲艦伏見型砲艦の1番艦である。艦名は先代伏見の襲用で、この名を持つ日本海軍の艦船としては2隻目。

艦歴[編集]

藤永田造船所において建造。1939年1月20日、本艦と他3隻(初鷹雪風伊号第15潜水艦)はそれぞれ艦艇類別等級表に類別される[1]。同年7月15日に竣工した。

日中戦争において、長江遡行作戦に加わった。太平洋戦争においては、長江流域の警備に従事した。1944年10月1日に軍艦から除かれ艦艇の砲艦に類別が変更された。11月26日、安慶で中国軍機の攻撃を受け大破着底し、引揚げられ上海に曳航されたが、終戦時には航行不能の状態であった。その後、中華民国に接収され国府海軍の「江鳳 Chiang-Feng」となるが、1949年中華人民共和国の所属となった。

艦長[編集]

艤装員長
  1. 藤谷安宅 中佐:1939年4月1日[2] - 1939年7月15日[3]
艦長/砲艦長
  1. 藤谷安宅 中佐:1939年7月15日[3] - 1940年11月15日[4]
  2. 谷口秀志 中佐:1940年11月15日[4] - 1942年8月1日[5]
  3. 繼一 少佐/中佐:1942年8月1日[5] - 砲艦長 1944年10月1日[6] - 1944年10月10日[7]
  4. (兼)繼一 中佐:1944年10月10日[7] - 1944年12月23日[8] (本職:第一砲艦隊司令)、以後砲艦長の発令無し。

同型艦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)p.70『昭和十四年一月二十日(内令四七)艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス|軍艦ノ部中敷設艦ノ項中沖島ノ下ニ「、初鷹」ヲ加ヘ、砲艦熱海型ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ|伏見型|伏見| 驅逐艦ノ部中陽炎型ノ項中初風ノ下ニ「、雪風」ヲ加フ|潜水艦一等ノ部中伊七號型ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ |伊十五型|伊號第十五|』
  2. ^ 昭和14年4月1日付 海軍辞令公報(部内限)第321号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072075600 
  3. ^ a b 昭和14年7月17日付 海軍辞令公報(部内限 第359号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076000 
  4. ^ a b 昭和15年11月15日付 海軍辞令公報(部内限)第555号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079400 
  5. ^ a b 昭和17年8月1日付 海軍辞令公報(部内限)第910号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072086500 
  6. ^ 昭和19年10月1日付 海軍大臣官房 官房人機密第1805号。
  7. ^ a b 昭和19年10月14日付 秘海軍辞令公報 甲 第1619号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072101500 
  8. ^ 昭和20年1月2日付 秘海軍辞令公報 甲 第1683号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072102800 

参考資料[編集]

関連項目[編集]