熱海 (砲艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
熱海
艦歴
計画 1927年度
起工 1928年11月6日
進水 1929年3月30日
就役 1929年6月30日
除籍 1945年9月30日
性能諸元(竣工時)
排水量 基準:205t 公試:249t
全長 46.3m
全幅 6.79m
吃水 1.13m (公試平均)
主缶 ロ号艦本式混焼缶2基
主機 直立2気筒2段膨張直動式レシプロ2基2軸 1,300hp
速力 16.0ノット
航続距離 1,000海里 / 10.0ノット
(石炭31t 重油26t)
乗員 54名
兵装
(竣工時)
短8cm単装高角砲1門
留式7.7mm機銃5挺
兵装
(1941)
8cm単装高角砲1門
留式7.7mm機銃5挺
13mm連装機銃1基

熱海(あたみ)は、日本海軍砲艦熱海型砲艦の1番艦である。艦名は静岡県の保養地「熱海」にちなんで名づけられた。

艦歴[編集]

三井物産造船部玉工場において建造され、1929年6月30日に竣工、二等砲艦に類別された。

1931年6月1日、砲艦に類別変更。翌年の第一次上海事変において、上海長江方面の警備に従事した。日中戦争において、上海陸上作戦の支援、長江遡行作戦に加わった。太平洋戦争においては、長江流域の警備に従事した。1944年10月1日に軍艦から除かれ艦艇の砲艦に類別が変更された。

終戦時には航行不能の状態で上海にあり、その後、中華民国に接収され国府海軍の「永平 Yung-Ping」となる。1949年11月29日郝穴と共に中国人民解放軍海軍に降り「烏江 Wu Jian」と改名され、1960年代に除籍される。

艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」に基づく。階級は就任時のもの。

艤装員長
  • 今村幸彦 少佐:1929年4月1日[1] -
艦長
  • 今村幸彦 少佐:不詳 - 1930年12月1日[2]
  • 小島秀雄 少佐:1930年12月1日 - 1932年3月10日
  • 福田勇 少佐:1932年3月10日[3] - 1932年12月1日[4]
  • 木村昌福 中佐:1932年12月1日 - 1934年3月10日
  • 門前鼎 中佐:1934年3月10日 - 1935年10月21日
  • 加瀬三郎 少佐:1935年10月21日 - 1937年6月1日
  • 森圭作 少佐:1937年6月1日[5] - 1937年12月24日[6]
  • 千葉次雄 中佐:1937年12月24日[6] - 1938年12月15日[7]
  • 隈部博 少佐:1938年12月15日[7] - 1939年10月15日[8]
  • 山香哲雄 少佐:1939年10月15日[8] - 1940年10月15日[9]
  • 福寿十蔵 大尉:1940年10月15日[9] - 1941年8月20日[10]
  • 荒木政臣 少佐:1941年8月20日[10] -

同型艦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第675号、昭和4年4月2日。
  2. ^ 『官報』第1179号、昭和5年12月2日。
  3. ^ 『官報』第1557号、昭和7年3月11日。
  4. ^ 『官報』第1778号、昭和7年12月2日。
  5. ^ 『官報』第3122号、昭和12年6月2日。
  6. ^ a b 海軍辞令公報 号外 第112号 昭和12年12月27日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072073000 
  7. ^ a b 海軍辞令公報(部内限)号外 第273号 昭和13年12月15日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074800 
  8. ^ a b 海軍辞令公報(部内限)第391号 昭和14年10月16日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076400 
  9. ^ a b 海軍辞令公報(部内限)第543号 昭和15年10月15日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079000 
  10. ^ a b 海軍辞令公報(部内限)第695号 昭和16年8月20日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072081800 

参考資料[編集]

  • 呉市海事歴史科学館編『日本海軍艦艇写真集 航空母艦・水上機母艦』ダイヤモンド社、2005年。
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』普及版、光人社、2003年。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]