井上良智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
井上 良智
Inoue Ryochi.jpg
生誕 1851年7月9日
死没 (1913-01-04) 1913年1月4日(61歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1881 - 1909
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

井上 良智(いのうえ よしとも、1851年7月9日嘉永4年6月11日) - 1913年1月4日)は、日本の海軍軍人華族。最終階級は海軍中将男爵

経歴[編集]

鹿児島県出身。薩摩藩士・井上九助の息子として生まれる。明治4年(1871年)9月、砲術生徒となり「龍驤」乗組を経て、明治5年(1872年)6月、アメリカ合衆国へ留学。1881年(明治14年)6月、アメリカ海軍兵学校を卒業。同年8月に帰国し、翌月、海軍中尉に任官した。

東海鎮守府在勤、参謀本部海軍部第3局第1課長、在朝鮮公使館附武官、「浪速」副長などを歴任し、1892年(明治25年)12月、「赤城艦長に就任。1894年(明治27年)2月、「愛宕」艦長となり日清戦争に出征。1895年(明治28年)5月11日、海軍大佐[1]に昇進し「筑紫」艦長となるが、同月25日には在清国公使館附武官へ転出した。

1897年(明治30年)6月、「秋津洲」艦長に就任し、佐世保鎮守府参謀長を経て、1898年(明治31年)5月、侍従武官となり、1908年(明治41年)5月まで10年間にわたり在任した。この間、1902年(明治35年)5月に海軍少将1905年(明治38年)11月に海軍中将へ進んだ。

1907年(明治40年)9月21日、男爵の爵位を授爵し華族となり、1908年(明治41年)5月、海軍将官会議議員に就任。同年8月、待命となり、1909年(明治42年)8月、予備役に編入された。

栄典[編集]

外国勲章佩用允許

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第3560号「叙任及辞令」1895年5月15日。
  2. ^ a b c 『アジア歴史資料センター』「海軍中将正四位勲二等功三級男爵井上良智」(レファレンスコード A10112761700 )
  3. ^ 『官報』第1921号「叙任及辞令」1889年11月21日。
  4. ^ 『官報』第3273号「叙任及辞令」1894年5月30日。
  5. ^ 『官報』第3437号「叙任及辞令」1894年12月11日。
  6. ^ 『官報』第3676号「叙任及辞令」1895年9月28日。
  7. ^ 『官報』第3830号・付録「辞令」1896年4月9日。
  8. ^ 『官報』第4156号「叙任及辞令」1897年5月13日。
  9. ^ 『官報』第4402号「叙任及辞令」1898年3月9日。
  10. ^ 『官報』第5790号「叙任及辞令」1902年10月21日。
  11. ^ 『官報』第5960号「叙任及辞令」1903年5月18日。
  12. ^ 『官報』第6573号「叙任及辞令」1905年5月31日。
  13. ^ 『官報』第6729号「叙任及辞令」1905年12月4日。
  14. ^ 『官報』第7072号・号外「叙任及辞令」1907年1月28日。
  15. ^ 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。
  16. ^ 『官報』第7874号「叙任及辞令」1909年9月21日。
  17. ^ 『官報』第128号「叙任及辞令」1913年1月6日。
  18. ^ a b c d e 『官報』第5811号「辞令」1902年11月15日。
  19. ^ 『官報』第5888号「叙任及辞令」1903年2月21日。

参考文献[編集]

  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第9巻、発売:第一法規出版、1995年。