井上清純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
井上清純

井上 清純(いのうえ きよずみ、1880年6月13日 - 1962年1月5日)は、日本海軍軍人政治家男爵。最終階級は海軍大佐貴族院議員

経歴[編集]

本籍鹿児島県外交官吉田清成の二男として米国ワシントンD.C.で生まれ、井上良智海軍中将の養子となる。攻玉社を経て、1901年12月、海軍兵学校29期)を卒業し、1903年1月に海軍少尉任官。海軍砲術学校特修科修了。

日進」「新高」の各分隊長、「浪速」砲術長、「八雲」分隊長、「橋立」砲術長などを歴任し、1912年12月、海軍少佐に進級し工作船「関東丸」航海長となる。

1913年5月20日、養父の死去に伴い男爵を襲爵[1]依仁親王付武官、海防艦「満州」副長、「平戸」副長、台湾総督府副官などを経て、1918年12月、海軍中佐に進級。「鹿島」副長、井上良馨元帥副官兼出仕、砲艦「最上」艦長などを歴任し、1923年12月、海軍大佐に進級し待命。1924年2月、予備役に編入された。その後、貴族院議員を1925年7月から1946年3月まで勤めた。

著書[編集]

  • 『国史を貫く日本精神』古今書院、1939年。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第241号、大正2年5月21日。

文献[編集]

  • 山崎信一『師恩 - 井上清純先生を偲ぶ門下生の回想記』非売品、1990年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。


日本の爵位
先代:
井上良智
男爵
井上(良智)家第2代
1913年 - 1946年
次代:
井上三郎