長谷川喜一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長谷川 喜一
Kiichi Hasegawa.jpg
生誕 1894年4月15日
日本の旗 日本 埼玉県
死没 1944年3月29日
トラック諸島
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1914年 - 1944年
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

長谷川 喜一(はせがわ きいち、1894年4月15日 - 1944年3月29日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将

経歴[編集]

埼玉県出身。1914年12月、海軍兵学校42期)を卒業し、1915年、海軍少尉に任官。海軍水雷学校高等科に学ぶ。

1936年12月、海軍大佐に進級。呉海軍航空隊司令第二十一航空隊司令、航空本部技術部第2課長、空母「龍驤艦長第十二航空隊司令を歴任。

1941年3月、空母「赤城」艦長となり、太平洋戦争を迎えた。ハワイ作戦(真珠湾攻撃)、インド洋作戦に参加。1942年4月、土浦海軍航空隊司令に転出し、同年11月、海軍少将に進級。以後、航空本部補給部長、同第4部長を歴任。1943年11月、第五十航空戦隊司令官に転出、さらに第二十二航空戦隊司令官となった。

太平洋の制空権が米軍に奪われ、1944年3月、トラック諸島三号爆弾を載せたトラックに同乗中爆発事故が発生して戦死した[1]。死後、海軍中将に昇進した。

出典[編集]

  1. ^ 『海軍陸上攻撃機(下)』235頁

参考文献[編集]

  • 外山操編 『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』 芙蓉書房出版、1981年ISBN 4-8295-0003-4
  • 巌谷二三男 『海軍陸上攻撃機(下)』 朝日ソノラマ、1996年ISBN 4-257-17306-8