ネオショー (給油艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
竣工時のネオショー(1939年)
艦歴
発注
起工 1938年6月22日
進水 1939年4月29日
就役 1939年8月7日
退役
その後 珊瑚海海戦1942年5月11日沈没
性能諸元
排水量 空荷:7,470 トン
満載:24,830 トン
全長 553 ft (169 m)
全幅 75 ft (23 m)
吃水 32 ft 4 in (9.9 m)
機関 蒸気タービン、2軸推進、30,400 shp
最大速力 18 ノット (33 km/h)
航続距離
乗員 304名
兵装 38口径5インチ単装砲 4門
20mm単装機関砲 4門
モットー

ネオショー(USS Neosho, AO–23)はアメリカ海軍シマロン級給油艦。名前はカンザス州オクラホマ州を流れるネオショー川にちなむ。

艦歴[編集]

1938年6月22日ニュージャージー州カーニーフェデラル・シップビルディング・アンド・ドライドック社で起工。1939年4月29日進水。1939年8月7日竣工。

1941年7月7日にピュージェット・サウンド海軍工廠での改装が完了すると、ネオショーは航空機用の燃料をアメリカ西海岸から真珠湾へ運ぶ任務に就いた。

12月6日、ネオショーは真珠湾に到着しフォード島の海軍航空基地へ積荷を荷揚げした。翌朝、日本軍により真珠湾攻撃が行われ、機銃掃射により乗員3名が負傷した。

1942年4月下旬、ネオショーは第17任務部隊に編入された。5月珊瑚海海戦に参加。5月6日、ネオショーは空母ヨークタウン(USS Yorktown, CV-5)と重巡洋艦アストリア(USS Astoria, CA-34)に給油をし、駆逐艦シムス(USS Sims, DD-409)を伴って後退した。7日、2隻は日本軍の偵察機に発見され、日本軍は空母と誤認して攻撃隊を発進させた。ネオショーは命中弾7発と九九式艦上爆撃機1機の突入を受け大破炎上した。

しかし、ネオショーは沈まなかった。大破したネオショーは最初オーストラリア空軍の航空機に発見され、次いでアメリカのPBY カタリナ飛行艇に発見された。5月11日13時、生存者123名は駆逐艦ヘンリー(USS Henley, DD-391)に救助された。ネオショーは砲撃で処分された。

外部リンク[編集]