霧島 (戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese battleship Kirishima.jpg
艦歴
起工 1912年3月17日
進水 1913年12月1日
就役 1915年4月19日
その後 1942年11月15日に
第三次ソロモン海戦で自沈
除籍 1942年12月20日[要出典]
性能諸元
排水量 公試:36,668トン
全長 222.65m
全幅 31.01m
主機 艦本式タービン 2基4軸 136,000馬力
最大速力 29.8ノット
航続距離 9,850海里 (18ノット時)
乗員 1,360名
兵装 35.6cm 45口径連装砲4基
15.2cm50口径単装砲14門
12.7cm連装高角砲4基
25mm連装機銃10基
装甲 水線203mm等
搭載機 水上偵察機3機
カタパルト1基

霧島(きりしま)は日本海軍軍艦。最終時は戦艦で、金剛型戦艦の4番艦。

概要[編集]

艦名は、宮崎県鹿児島県の県境に広がる霧島山にちなんで命名された。日本海軍の命名慣例については日本艦船の命名慣例を参照のこと。なお、名称は、海上自衛隊こんごう型護衛艦の2番艦きりしまに受け継がれている。

同じ金剛級の3番艦であり、川崎造船所で建造された姉妹艦榛名と並ぶ、初の民間造船所で建造された純国産[1][2]戦艦としても有名である。

艦歴[編集]

1912年(明治45年)3月17日、巡洋戦艦として前日に起工した榛名と一日遅れ三菱合資会社三菱造船所(現・三菱重工長崎造船所)で起工。1913年(大正2年)12月1日進水(榛名は12月14日)、1915年(大正4年)4月19日、佐世保鎮守府所属として就役。

1930年に第一次近代化改装、1936年に第二次近代化改装を受けている。全幅の拡大は水平防御と水中防御に置ける装甲の増設及び魚雷に対する防御の一環でバルジが装着された為で、第一次近代化改装によって機関出力は向上しているものの速力は逆に低下している。しかし、第二次改装により装甲防御並びに機関の換装により改装前の倍近くの136000馬力へと強化され、約30ノットの高速を発揮する高速戦艦として生まれ変わった。

1941年太平洋戦争開戦時、比叡と共に第3戦隊第2小隊を編成、その高速力から南雲機動部隊(後に第三艦隊)の随伴護衛艦として真珠湾攻撃セイロン沖海戦ミッドウェー海戦第二次ソロモン海戦南太平洋海戦の各海戦に参加し、活躍した。


1942年11月15日にはヘンダーソン基地艦砲射撃の為に米艦隊と交戦し、至近距離での夜間砲撃戦を展開する(第三次ソロモン海戦)。

この時、霧島の主砲塔にはヘンダーソン飛行場攻撃用の三式弾が準備されていたが、米戦艦サウスダコタを発見した霧島は対艦戦闘用の徹甲弾に変更する時間的猶予がなく、そのまま三式弾で砲撃を開始。霧島から探照灯を照射されたサウスダコタは大小26発の命中弾を受け、レーダー機能と通信設備および第三砲塔が使用不能となり戦場から離脱した。しかし、サウスダコタの後方にあった米戦艦ワシントンは照射攻撃を行った霧島を目標に砲撃を開始。霧島はレーダー照準による集中砲火を浴びることになる。

日本艦隊の攻撃が探照灯に照射されたサウスダコタに集中していた為、ワシントンは殆ど日本艦隊からの攻撃を受けていなかった。ワシントンの砲撃により、霧島はわずか7分間に9発の命中弾を受けた。後部の三番、四番主砲塔は破壊され、艦橋も大破。艦上は大火災となり、舵取り室も破壊された。霧島は操舵不能となり、左に旋回を続けて戦列から脱落した。霧島は人力操舵と消火活動を行い戦列復帰に努めたが、蒸気パイプが破損して噴出した高圧蒸気によって機関科員の殆どが戦死するなど被害は甚大で、消火に成功したものの艦は停止する。艦長は自沈処理と総員退艦を命じた。0130(15日午前1時30分)、霧島はサボ島西方11マイルの地点に左舷後部から海中へと没した。退避した乗員は照月などに救助された。

前日の比叡に続き、霧島の沈没は日本海軍にとっても衝撃は大きく、以降の海戦での戦艦投入に慎重[3]になった事で、太平洋戦争後期には戦艦を有効戦力として活かす機会に遂に恵まれなかった。同年12月20日除籍。[要出典]

沈没時、世界最大の直径のスクリューを持つ艦船だったとされる[要出典](反対意見あり)[4]

近年(1993年)、海底調査によって完全に転覆している霧島の船体が発見された。沈没地点の水深は900メートル[5]

主要目一覧[編集]

主要目 新造時計画
(1915年)
1次改装後
(1930年)
2次改装後
(1938年)
排水量 常備:27,500t 基準:29,320t
常備:30,660t
基準:31,980t
公試:36,668t
満載:39,141t
全長 214.6m 222.65m
全幅 28.04m 30.9m 31.01m
吃水 8.38m (常備) 8.41m (常備) 9.72m (常備)
主缶 ヤーロー式混焼缶36基 ロ号艦本式専焼缶大型6基
同小型4基
ロ号艦本式缶8基
主機 パーソンズ式直結タービン2基4軸 艦本式タービン4基4軸
軸馬力 64,000shp 75,600shp 136,000shp
速力 27.5ノット 25ノット 29.8ノット
航続距離 8,000海里/14ノット 9,500海里/14ノット 9,850海里/18ノット
燃料 石炭:4,000t
重油:1,000t
重油:5,100t 重油:6,403t
乗員 1,221名 1,065名 1,303名
主砲 四一式35.6cm連装砲4基
副砲 四一式15.2cm単装砲16門 同14門
高角砲 なし 8cm砲4門 12.7cm連装砲4基
機銃 なし 7.7mm機銃3挺 25mm連装10基
魚雷 53cm水中発射管8本 同4本 なし?
その他兵装 短8cm砲4門
朱式6.5mm機銃3挺
装甲 水線203mm
甲板19mm
主砲天蓋75mm
同前盾250mm
副砲廓152mm
水線203mm
甲板19mm※※
主砲天蓋152mm
同前盾250mm?
副砲廓152mm?
搭載機 なし 1機? 水上偵察機3機
カタパルト1基

※ ←は左に同じ(変更無し)。空白は不明。
※※ 水平防御に缶室64mm、機械室83-89mm、弾薬庫102-114mm、舵取室76mmなど追加。

海上公試成績[編集]

状態 排水量 出力 速力 実施日 実施場所 備考
竣工時 27,499t 79,679shp 27.54kt 1915年(大正4年)1月19日 甑島標柱間
2次改装後 36,897t 136,940shp 29.8kt 1936年(昭和11年)4月27日

歴代艦長[編集]

1940年に呉で撮られた「霧島」。

艦長には大佐級が着任する。

  1. 釜屋六郎 大佐:1914年12月15日 - 1915年12月13日 *兼海軍艦政本部艤装員
  2. 志摩猛 大佐:1915年12月13日 - 1916年12月1日
  3. 松村純一 大佐:1916年12月1日 -
  4. 中村正奇 大佐:1917年7月16日 -
  5. 三村錦三郎 大佐:1917年12月1日 -
  6. 勝木源次郎 大佐:1918年11月10日 -
  7. 横尾尚 大佐:1919年11月20日 -
  8. 安村介一 大佐:1920年1月8日 -
  9. 寺岡平吾 大佐:1921年12月1日 -
  10. 安東昌喬 大佐:1922年12月1日 -
  11. 坂元貞二 大佐:1923年11月6日 -
  12. 藤田尚徳 大佐:1924年12月25日 -
  13. 加藤隆義 大佐:1925年10月20日 -
  14. 本宿直次郎 大佐:1926年12月1日 -
  15. 岩村兼言 大佐:1927年12月1日 -
  16. 古川良一 大佐:1928年3月10日 -
  17. 井上肇治 大佐:1928年12月10日 -
  18. 広田穣 大佐:1929年2月8日 -
  19. 藤沢宅雄 大佐:1929年11月1日 -
  20. 菊野茂 大佐:1930年12月1日 -
  21. 宇野積蔵 大佐:1931年12月1日 -
  22. 北岡春雄 大佐:1932年12月1日 -
  23. 高橋伊望 大佐:1933年11月15日 -
  24. 丹下薫二 大佐:1934年11月15日 -
  25. 三川軍一 大佐:1935年11月15日 -
  26. 牧田覚三郎 大佐:1936年12月1日 -
  27. 金沢正夫 大佐:1937年12月1日 -
  28. 多田武雄 大佐:1938年11月15日 -
  29. (兼)久保九次 大佐:1939年11月15日 -
  30. 友成佐市郎 大佐:1939年12月27日 -
  31. 白石万隆 大佐:1940年10月19日 -[6]
  32. 山口次平 大佐:1941年8月15日 -
  33. 岩淵三次 大佐:1942年4月20日 -

同型艦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1番艦の金剛英国ヴィッカース社で、2番艦比叡は横須賀海軍工廠でそれぞれ建造された為。
  2. ^ 但し、厳密には、砲塔など各部署ごとには、まだ外国(ヴィッカース社)からの受注製品に頼らざるを得ない面があった。
  3. ^ コーエー 『戦艦名鑑』
  4. ^ ただし、日本海軍で最大のスクリューを持つのは、空母隼鷹型の直径5.5mという文献もある。雑誌 丸 2010年11月号 隼鷹型特集
  5. ^ ガダルカナル海戦(ソロモン鎮魂の海を行く)
  6. ^ 河野千万城大佐が1940年11月15日から兼任したとする資料(『艦長たちの軍艦史』)もあるが、『日本海軍史』、『日本陸海軍総合事典』では白石が翌年8月まで在任している。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]