西村祥治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西村 祥治
ShojiNishimura.jpg
生誕 1889年11月30日
日本の旗 日本 秋田県南秋田郡船越村
死没 1944年10月25日
フィリピンの旗 フィリピン スリガオ海峡
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1911 - 1944
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

西村 祥治(にしむら しょうじ、1889年明治22年)11月30日 - 1944年昭和19年)10月25日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将秋田県出身。

来歴[編集]

旧制秋田中学校(秋田県立秋田高等学校の前身)から旧制横手中学校(秋田県立横手高等学校の前身)を経て、海軍兵学校入校(39期)。西村は水雷畑の提督見張りの神様の異名があった[1]太平洋戦争の開戦を第四水雷戦隊司令官として迎えたが、護衛の任にあたっていた輸送船団を4隻撃沈される被害を受けた(バリクパパン沖海戦)[2]

1944年(昭和19年)8月下旬、有馬馨少将(当時、南西方面艦隊司令部附)[3]は内地に帰投、軍令部および人事局より第二戦隊司令官の内示を受ける[4]。第二戦隊は扶桑型戦艦2隻(扶桑山城)により新編され、第五艦隊(司令長官志摩清英中将)に編入予定であった[4]。ところが連合艦隊(司令長官豊田副武大将、参謀長草鹿龍之介中将、旗艦大淀)は、有馬を南西方面艦隊参謀長にする意向であったという[4]。軍令部と連合艦隊が対立した結果、有馬少将は第三十一根拠地隊司令官に補職[5](9月10日開設、同日附で発令)[6]。艦隊司令長官級の西村中将が、9月10日附で第二戦隊司令官となった[5][6]。有馬は『同中将(西村)は志摩中将と同期であり海上の経験は数等上であり今更第二戦隊司令官でもなかったろうが何も運命である。これで余(有馬)は二度目の生命の代りとなって頂いたのであるが、この日の西村中将の風貌が忘れられない。』と回想している[5]

1944年(昭和19年)10月のレイテ沖海戦に第一遊撃部隊第三部隊司令官として参戦。10月25日西村部隊のみでスリガオ海峡に突入し、米軍にT字で迎え撃たれた[7]。部隊は駆逐艦時雨1隻を除いて全滅し、西村も戦没。後続の志摩清英率いる第二遊撃部隊も撤退を余儀なくされた。バリクパパン沖海戦での指揮と相俟って米国からは辛辣な評価を受ける[2]。ただし日本側では西村に好意的な評価があり、特に小沢治三郎は西村について「レイテで本当に真剣に戦ったのは西村だけだった。」[8]、「西村は私心のない智勇兼備の指揮官である。」とも語っている[2]

年譜[編集]

人物像[編集]

  • 旧制秋田中学校時代に、寄宿舎で舎監に不都合があり、正義感の強かった西村少年は見過ごすことができずに問責糾弾して一歩も引かなく、結局秋田中学校を退学させられた[9]。このことを、2クラス上の小沢治三郎に話したところ「おれも退学組だよ。君と同じように中学でナ。ガキ大将で手のつけられん暴れん坊だった。でも君のほうがえらいよ。おれは不良をブチのめして退学になったが、君は先生を問責したんだから。」と笑って答えたという[9]
  • バリクパパン沖海戦での西村について、千早正隆は"彼一代の不覚"としている[2]
  • レイテ沖海戦での西村について吉田俊雄は「元々慎重派の武人であり、綿密に計算した故に飛び込み、後続の栗田艦隊に後を託すべく突き進んだ。」と評していた。
  • レイテでの出陣前での寄り合いで、部下達に隔たり無く付き合い、明るく振る舞う姿に、小柳冨次は「西村は死ぬ気だ」と感じている[9]
  • 三人の男子があったが次男、三男を失い、長男は海兵を卒業し戦死した[2]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『連合艦隊の栄光』第九章
  2. ^ a b c d e 『日本海軍 失敗の本質』第三章
  3. ^ 昭和19年8月16日(発令8月12日付)海軍辞令公報(部内限)第1565号 p.3』 アジア歴史資料センター Ref.C13072100600 
  4. ^ a b c 有馬馨の遺稿319頁
  5. ^ a b c 有馬馨の遺稿320頁
  6. ^ a b 昭和19年9月13日(発令9月10日付)海軍辞令公報(部内限)第1592号 p.24』 アジア歴史資料センター Ref.C13072100900 
  7. ^ 『太平洋海戦史』第七章
  8. ^ 半藤『指揮官と参謀』「小沢治三郎と栗田健男」
  9. ^ a b c 吉田『指揮官と参謀』「7 責任感 西村祥治」

参考文献[編集]