ワシントン海軍軍縮条約での各国保有艦艇一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

1921年11月11日から1922年2月6日までアメリカ合衆国ワシントンD.C.で開催された「ワシントン会議」で採択されたワシントン海軍軍縮条約では、アメリカ、イギリス日本フランスイタリアの主力艦・航空母艦等の保有の制限が取り決められた。主力艦の定義は航空母艦以外の基準排水量10,000トンを超える軍艦または口径20.3cm以上の砲を装備する軍艦を言う。

本項は条約締結の結果変更となった各国の保有艦艇(空母については条約締結当時建造中の物をふくむ)と処分艦艇について一覧にしたものである。

アメリカ合衆国[編集]

主力艦[編集]

航空母艦[編集]

廃棄・建造中止艦艇[編集]

  • ワシントン
  • サウスダコタ級(サウスダコタ、インディアナ、モンタナ、ノースカロライナ、アイオワ、マサチューセッツ)
  • レキシントン級(コンステレーション、レンジャー、コンスティテューション、ユナイテッド・ステーツ)

日本[編集]

主力艦[編集]

航空母艦[編集]

関東大震災で天城が大破・修理不能となったため、加賀が代わりに改装された。

廃棄・建造中止艦艇[編集]

イギリス[編集]

主力艦[編集]

航空母艦[編集]

廃棄艦艇[編集]

フランス[編集]

主力艦[編集]

航空母艦[編集]

廃棄艦艇[編集]

イタリア[編集]

主力艦の一覧[編集]

国名 陸奥対抗艦就役まで保有許可 準弩級戦艦 弩級戦艦 超弩級戦艦 巡洋戦艦 建造許可された陸奥対抗艦
アメリカ デラウェア(1923退役) すべて廃棄 フロリダ ニューヨーク 未完成放棄 コロラド(1923就役)
ノースダコタ(1923退役) ユタ テキサス ウェストバージニア(1923就役)
ワイオミング ネバダ
アーカンソー オクラホマ
ペンシルベニア
アリゾナ
ニューメキシコ
ミシシッピ
アイダホ
テネシー
カリフォルニア
メリーランド
イギリス サンダラー(1926除籍) すべて廃棄 すべて廃棄 アイアン・デューク タイガー ネルソン(1927就役)
キング・ジョージ5世(1926除籍)   マールバラ レナウン ロドニー(1927就役)
センチュリオン(1926標的艦) ベンボウ レパルス
エイジャックス(1926除籍) エンペラー・オブ・インディア フッド
クイーン・エリザベス
ウォースパイト
バーラム
ヴァリアント
マレーヤ
リヴェンジ
レゾリューション
ラミリーズ
ロイヤル・サブリン
ロイヤル・オーク
日本 なし すべて廃棄 すべて廃棄 扶桑 金剛 なし
山城 比叡
伊勢 霧島
日向 榛名
長門
陸奥
フランス なし ヴォルテール クールベ プロヴァンス なし なし
ディドロ ジャン・バール ブルターニュ
コンドルセ フランス ロレーヌ
パリ  
イタリア なし レジナ・エレナ ダンテ・アリギエーリ 未完成放棄 なし なし
ヴィットリオ・エマヌエーレ コンテ・ディ・カブール
ナポリ ジュリオ・チェザーレ
ローマ レオナルド・ダ・ヴィンチ
カイオ・ドゥイリオ
アンドレア・ドリア
  • 日本
    • 金剛型は1924~31年の第一次改装で重装甲化・減速化し、1931年以後は巡洋戦艦から戦艦・練習戦艦に類別変更している。
  • フランス
    • クールベとバールの計2隻は、条約明け以後も練習艦としての保有が認められた。
    • フランスは条約締結直後の1922年8月に座礁事故を起こし、喪失した。
  • イタリア
    • R.エレナ級4隻は条約明けを待たず退役。エレナとエマヌエレは1923年、ナポリは1926年、ローマは1927年除籍。
    • ダンテとカブール級1隻の計2隻は、条約明け以後も練習艦としての保有が認められたが、ダンテは退役した。
    • ダ・ヴィンチは1916年に爆沈し、1919年に浮揚したものの、復旧工事が実施されず、1923年に除籍解体された。


航空母艦の一覧[編集]

国名 1921→31年の保有数 条約締結以前に既存 廃棄対象未完成巡洋戦艦より改造 廃棄対象未完成戦艦より改造 ロンドン条約締結までに新造
アメリカ 1→3 ラングレー(1922年既成給炭艦改造) レキシントン(1927年レキシントン級改造) なし なし
サラトガ(1927年レキシントン級改造)
イギリス 4→6 フューリアス(1917年既成巡洋艦改造) なし なし ハーミーズ(1924年新造)
アーガス(1918年未成客船改造) カレイジャス(1928年既成巡洋艦改造)
ヴィンディクティヴ(1918年未成巡洋艦改造) グローリアス(1930年未成巡洋艦改造)
イーグル(1920年未成戦艦改造)
日本 1→3 鳳翔(1921年新造) 赤城(1927年天城型改造) 加賀(1928年加賀型改造) なし
フランス 0→1 なし なし ベアルン(1927年ノルマンディ級改造) なし
イタリア 0→0 なし なし なし なし
  • ヴィンディクティヴは1924年に軽巡洋艦へ復帰している。
  • イーグルはチリ海軍向けにイギリスで建造した戦艦アルミランテ・コクレンを購入し改造したもの。
  • 天城は航空母艦改造中に関東大震災で被災し放棄。代艦として加賀を転用。


未完成主力艦の去就の一覧[編集]

国名 陸奥対抗主力艦として就役 航空母艦として就役 進水に至ったものの廃棄処分 進水に至らず廃棄処分
アメリカ コロラドコロラド級、1923年就役) レキシントンレキシントン級、1927年就役) ワシントン(コロラド級、1924年標的処分) サウスダコタ(サウスダコタ級、1923年売却)
ウェストバージニア(コロラド級、1923年就役) サラトガ(レキシントン級、1927年就役) コンステレーション(レキシントン級、1923年売却) インディアナ(サウスダコタ級、1923年売却)
レンジャー(レキシントン級、1923年売却) モンタナ(サウスダコタ級、1923年売却)
コンスティチューション(レキシントン級、1923年解体) ノースカロライナ(サウスダコタ級、1923年売却)
ユナイテッド・ステーツ(レキシントン級、1923年売却) アイオワ(サウスダコタ級、1923年売却)
マサチューセッツ(サウスダコタ級、1923年売却)
イギリス なし なし なし なし
日本 なし 赤城(天城型、1927年就役) 天城天城型、1923年解体) 愛宕(天城型、1925年解体)
加賀加賀型、1928年就役) 土佐(加賀型、1925年標的処分) 高雄(天城型、1925年解体)
フランス なし ベアルンノルマンディ級、1927年就役) ノルマンディ(ノルマンディ級、1924年解体) なし
フランドル(ノルマンディ級、1924年解体)
ガスコーニュ(ノルマンディ級、1924年解体)
ラングドック(ノルマンディ級、1929年解体)
イタリア なし なし なし なし


関連項目[編集]